この頃の私=染め付け=

染め付けをしています。
素焼きの磁器素地の上に呉須という絵の具で絵を描き、その上に透明の釉をかけて、1300度近い高温で還元焼成して仕上げます。
今は、絵の具に入っている鉄分、マンガンなどの色で茶っぽいですが、焼くといわゆる青花という藍色に発色します。
銀は、下絵を使わず、行き当たりばったりに描きます。
一個一個かなり違います。
物凄く時間がかかるので苦しい。



IMG_4972.jpg
IMG_4984.jpg
IMG_4978.jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  Trackback:0 comment:10 

Comment

azam URL|
#- 2008.04.10 Thu22:35
うーーーーーーーーーーーーーーーー


楽しみ
銀 URL|azam師匠
#F.S2sd/w Edit  2008.04.10 Thu23:22
ありがとうございます。
どうやら、とも土で造った焼台で取っ手を支えなくてはいけないのもありそうですが、頑張ります。
やはり、磁器は手間が一つ二つ多いですね。
カデンツァ URL|
#- 2008.04.11 Fri00:55
すごい!!行き当たりばったりの絵なんですか??ものすごい集中力と精密さとバランス感覚と忍耐力と、いろんな細やかさが必要なんでしょうね。
カップの形が凹凸あるから書きにくいでしょうね。とってもすてきです。
銀 URL|カデンツァ様
#F.S2sd/w Edit  2008.04.11 Fri18:11
ありがとうございます。

>ものすごい集中力と精密さとバランス感覚と忍耐力と、いろんな細やかさが必要なんでしょうね。
カップの形が凹凸あるから書きにくいでしょうね。

ウーン、集中力、バランス感覚も大事ですが、一番は忍耐力と体力ですね。(笑)
一日、1セット半しか出来ないのですが、低いイスに足を投げ出して座っているのですが、下半身が非常に疲れて、だるいです~
アンマリ慎重でもダメだし、油断していてもダメだし、自分がその仕事で何が出来るか見極めながら少しでも生き生きと。。。
難しいです。

技術的には、素焼きというのは非常に水を吸いやすいので、ちょっと油断すると、線の色がムラになります。
しょっちゅう、ゴスをかき混ぜて(沈殿しやすい)、筆にまめにすわせるのが必要なのですが、つい夢中になって。。。

このシリーズは、今度近所にオープンするカフェのために造っているのですが、やっぱりアンマリ、ドロドロしては気の毒なので、自分にしてはあれでもあっさりとやっています。
そのなかで、やっぱり自分の仕事はしたいのですが、もうちょっとしつこくやった方が良いような気もしてとっても不安で、励ましてくださって元気が出ました。
空間恐怖と戦うのが不安?
十分くどい?(笑)



ままこ URL|
#- 2008.04.12 Sat15:13
復活しました。
☆藍色☆になるの楽しみですね!
でもこの色も素敵だなぁ~
銀 URL|ままこ様
#F.S2sd/w Edit  2008.04.12 Sat16:14
おめでとうございます。
やっぱe-420e-420でしょ!(笑)
ままこさん、ちょっとベージュっぽいノお好きね。
それで、マットな。
ウーン、陶芸家泣かせというか、自分のような半分彫刻家には結構厳しいですけど、もう少ししたら挑戦してみます。
プカプカ URL|
#- 2008.04.13 Sun20:55
おひさで~す!

がんばっているね~!!楽しみ~!
私のエスプレッソ・カップも・・uu

銀 URL|プカプカ様
#F.S2sd/w Edit  2008.04.14 Mon07:57
プカプカさんお久しぶりでございます。
ありがとうございます。
エスプレッソカップも生地はつくってありこれから染め付けです。
青白磁の模様を刻んだ素焼きもあるのですが、これから少し釉薬を試験して。。。。
時間がかかり過ぎて本当に申し訳ありません。
大きさや形の歪みなど、不安要素はたくさんありますが、がんばります。

ひ**り** URL|
#- 2008.04.18 Fri00:30
なんかすごくエレガント?に見えるんですが。
(こっちでした、間違えました。)
銀 URL|ひ**り**様
#F.S2sd/w Edit  2008.04.18 Fri14:52
アハハ、ほめられてるんだか、けなされているんだか。。。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる