スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

素晴らしい牛

PIC_0454_convert_20080409152153_convert_20080409152814.jpg
PIC_0455_convert_20080409152238_convert_20080409153026.jpg

ネットでひょんな所から発見しました。
子供が小さなサボテンを購入してきて、でっかいサボテンが話題になり、巨大サボテンを探していたところ、北海道の美容院に店のシンボルとしてあるらしいところに行き着いたのですが、もうひとつこの牛が飾ってあるとのことでした。
この牛の彫刻、どなたがこしらえたか全然分からないのですが、好きだな。
きっと、若い彫刻家がアルバイトで造ったのだと思いますが、ホントに生き生きしている。
仕事は荒っぽいし、下手なところかっこわるいところも目につきますが、東京都美術館で開かれている日展等の公募展にはまず出てこない強い生命力を持った作品だと思います。
美術館やギャラリーでなくても良い作品はいっぱいあります。
自分の目で、それを発見できる人が増えればどれほど楽しく豊かな文化が育つことだろう。
札幌にお住まいの方、美人になりがてら見に行かれては、いかが。


お店のブログはこちら
http://www.andersensapporo.jp/blog/

牛があるのは、
アンデルセングループni-at 店

したは、長女が買ってきたサボテンです。
名前はトゲリンです。
トゲリン


関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:美術・彫刻・絵画  Trackback:0 comment:4 

Comment

ちゅう URL
#- 2008.04.09 Wed23:51
う~ん。皮膚感が豚のような・・・。

てっちゃん URL|牛肉じゃないのね
#- 2008.04.09 Wed23:56
最初タイトルだけ見て、牛肉の話かと思ってしまいました。 何せ、神戸、米沢と牛肉の名産地を渡り歩いていたもので。

それはともかく、この牛さん、ホント若々しい、生き生きしていると感じますね。その分、食べたら肉が硬そうと言う感じ。
銀 URL|皮膚感が豚。
#F.S2sd/w Edit  2008.04.10 Thu18:18
ちゅうさん
皮膚感豚で気色悪いところありますね。
自分は平気ですが、そこが引っかかる人も多いと思います。
もっと上品に気品ある牛も出来るし、その方が良いのですが、その趣味の良さみたいな物があっては表現できないものに、自分も理由はよく分からないのですが、行ってしまうことがあってまあ親近感でもあります。
おらも、変な皮膚感になること多いから。
変な物を引き受ける代わりに、何か生々しいパワーももらう、それが交換される取引の現場のような作品が出来たら。。
すいません、変なこと言ってしまいました。

しかし、こういった作品を可愛がってくれている人がいると言うことは嬉しいことです。
銀 URL|てっちゃん様
#F.S2sd/w Edit  2008.04.10 Thu18:59
>この牛さん、ホント若々しい、生き生きしていると感じますね。その分、食べたら肉が硬そうと言う感じ。

そうなんです。
気色悪い変なところも含めて、生きているんですね。
しかし、この牛はあんまり旨そうではないですね。
神戸も行っていたのですか。
米沢牛はなんと言っても、粕漬けでしょう!
あれはたまらん。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。