幻の名フルーティスト、ハンス、ペーター、シュミッツさんの映像

Hans Peter Schmitz(1916~1995)さんは、「演奏の原理」「クラシック・ロマン派のフルート奏法」などの著書でフルート演奏家には親しみのある名前かと思います。
1943年フルトヴェングラー指揮下のベルリンフィルにソロ・フルーティストとして入団、1950年までその任にありました。
その後、一線の演奏活動からは遠ざかりデトモルト国立音楽大学等で後進の指導に当たりました。
日本にも、講習会、芸大の客員教授などのため、来日しています。
芸大の客員教授はわずか3ヶ月であったようですが、たまたま家内の鈴木祐子が指導を受けて、現在に至る影響を受けたと言うことです。
誰も見たことがないというシュミッツ先生が演奏する姿と思われる場面を、フルトヴェングラーが指揮するブラームスのこの映像は捉えています。
(終盤、4分過ぎから)




音源は、バロック音楽のアルバムがCD化されましたが、現在は入手困難とのことです。
バッハなどは今聴いても、端正で内容のぎっしり詰まった聴き応えのあるものです。
バッハ演奏の映像はムラマツフルートで入手できるようです。


関連記事
スポンサーサイト
テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

Tag:音楽  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる