スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

象印マッチ

まっち


百円ショップでかいました。
いいでしょう。裏に、registered in 1910とThis label is one of the most famous brands in the Orient.と書いてありました。1910年に出来たという意味?東洋で一番有名なブランドの一つらしいですね。

昭和30年代の子供の頃を思い出しました。

くみ取り式便所。
私は、バキュームカーが大好きで、近所の仲間達と良く追いかけていました。称してウンコ屋さん
あの、太い蛇腹のゴムホースが生き物みたいにのたうち回るのが不思議というか感動というか。
そして、ホースの先に野球の軟球を吸ってフタをするの。
ある日、いつものようにバキュームカーを追いかけていたのですが、どういう具合か、中身ががタンクから噴出し、4~5歳の私の全身にザンブリかかってしまいました。
もうパニック。くさいやら、恐いやら。
すぐに父親がホースで冷水を激しく吹き付けて洗浄、その後母親が風呂で洗ってくれたのですが、どういう訳かにたにた笑っていたのを、思い出します。
世界の終わりというのはああいうのを言うのではないかと今でも思います。(笑)
これが、ショックでしばらくバキュームカーに全く近寄れなくなりました。


関連記事
スポンサーサイト
テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

Tag:つれづれに  Trackback:0 comment:9 

Comment

ちゅう URL
#- 2008.03.10 Mon19:47
実家前を通る道は昔農道で、H駅の裏側なんですが「私道」のため上下水道が通ったのは90年代に入ってからだったと思います。つまりかなり最近まで汲取車がやってきていたのです。恥ずかしくて永らく友人を実家に呼べない状況でした。未だに「私道」問題(線引き)は道の反対側の家々と反目しており、舗装もまともでない状況。駅のこちら側が出入りできるようになれば、立ち退きなどでフンギリがつくのですが、今の土地で建て直すか、引っ越すか決めかねております。

銀 URL|ちゅう様
#- 2008.03.10 Mon21:22
>実家前を通る道は昔農道で、H駅の裏側なんですが「私道」のため上下水道が通ったのは90年代に入ってからだったと思います。

すると、毎月くみ取りの時あの妙なる香りをかがざるを得なかったと言うことですか。
30年代生まれの人間は、懐かしくてうらやましい感じもしますが、当事者は嫌なものなのでしょうね。
上下水道というのも、大変なものです。
取手もこの頃本下水道の工事をやっていて、自宅敷地内の工事は自己負担になりました。
あと、権利金みたいなのを納めて、毎月下水道料金も納めて。。。。
道が南側の人は、庭を管が横断するから、北側の人の何倍かかかる。

>駅のこちら側が出入りできるようになれば、立ち退きなどでフンギリがつくのですが、今の土地で建て直すか、引っ越すか決めかねております。

引っ越すのも、大変ですよね。
持っていても、持っていなくても悩ましいのが土地と言うところでしょうか。
てっちゃん URL|
#- 2008.03.10 Mon23:54
全身ウンコまみれはなかなか強烈な体験ですな。
とはいえ私も子供のころ、夏休みに遊びに行った両親の田舎で、肥溜めに片足突っ込んでしまった事があります。
今は、よっぽどの田舎でも、肥溜めなんて見かけ無いけどね。
銀 URL|てっちゃん様
#- 2008.03.11 Tue12:48
>夏休みに遊びに行った両親の田舎で、肥溜めに片足突っ込んでしまった事があります。
あはは、御同輩!
実は、自分も山形で同じ経験が。。
あのときは、臭さもさることながら、従兄弟達の「だから都会の子は!」みたいな視線が痛かった記憶があります。
N山も田舎ですけどね。
てっちゃん URL|
#- 2008.03.11 Tue23:59
あつしも山形に縁があるんだ。
自分は、一昨年まで、転勤で山形の米沢で4年強暮らしてました。
それに女房の両親が、もともと米沢の隣の市の出身という事もあり、我が家にとっては思いで深き地です。
真冬の大雪さえなければとってもいいとこなんだけどね。

そうそう、米沢時代に、公私ともども大変世話になった部下がいて、そいつの名前も”あつし”だったし、肥溜めに足突っ込んだ時に一緒にいた田舎のいとこの名前も”あつし”、私は、”あつし”君にも縁があるようです。
銀 URL|てっちゃん様
#- 2008.03.12 Wed10:43
うわ、ニアミス!
実は、5年前、高畑町出身の地元名士であるうちの亡父(彫刻家)の回顧展を上杉博物館でやりました。
それで、かなりの回数米沢に行きましたよ。
ほとんど、伝国の杜の周辺でしたがすれ違ったかも。
やはり、てっちゃんとアツシは深い縁です!
肥だめは無論高畑町です。
余談ですが、上杉博物館の学芸員のお姉さんが、美人で優しかったよ~ん。
てっちゃん URL|
#- 2008.03.12 Wed21:48
なんと本当にニアミス 続きは、ミクシイのメールで送りますわ。
銀 URL|てっちゃん様
#- 2008.03.13 Thu19:38
メール拝読。
いや凄い偶然!
前に、堀切の演劇の台詞で、「ブドウパンの生地をいくらかき混ぜても、ブドウのたくさんあるブドウパンと少ししか入っていないブドウが出来てしまう。」(平均にものが散らばることは学問的にも確率が低いらしい)
Tかつ生がブドウなら米沢はブドウのたくさんあるブドウパンと言うことですね。v-221
なんか変かな?(笑)
銀 URL|てっちゃん様
#- 2008.03.15 Sat20:25
再びメール拝読
おしょうしな~
伝国の杜のすぐ近くのニンニクがいっぱいは行っているラーメン屋に何回か連れて行かれました。
昼時満員でした。
旨かった気がします。
奥様によろしく。
とても他人の気がしません。(笑)

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。