スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ひなまつり

ちらし寿司

3Dではありません。
本日、3月3日ひな祭りのご馳走に家内が制作したちらし寿司。
東北人二人に育てられた自分にはちょっと味が薄いけど、旨かった。
家内は、来年度、幼稚園のPTA会長になるそうな。


ケーキ

ひな祭りのケーキの飾り付けをする銀です。
娘に、「ツボチン(小生の作品である「愛の壷」のこと)みたいにしないでね」と言われました。
真剣になると、口が開いてしまう私です。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ : こんなわたしたち
ジャンル : 結婚・家庭生活

Tag:つれづれに  Trackback:0 comment:28 

Comment

てっちゃん URL|
#- 2008.03.03 Mon21:45
彫刻家でもあり、陶芸家でもある、あつしが、いったいどんなケーキの飾り付けをするのか?
と思ったら、???
こういうときは、普通のお父さんの顔になってますな。
azam URL|
#- 2008.03.03 Mon21:55
キャー素敵  銀さまの凛々しいーお姿拝見できて恐悦至極に存じます。  変かな?

私も負けずに揚げ物に挑戦します、ええーーーーーい
お菓子も挑戦だぜーーー^^¥^\\\
銀 URL|てっちゃん様
#- 2008.03.03 Mon22:43
イヤー我ながら下手くそな、デコレーションですな。
ものつくりとは思えまへんな。
そうですね、今日はほんのすこし家庭の幸福というものを味わった気がします。
どうも、家が仕事場なので、どうもいつもカリカリしてしまって父親失格です、、、

銀 URL|azam様
#- 2008.03.03 Mon22:54
はははっ、写真がぼけると若く写りますな。
azam様はお菓子まで手がけるのですか!
凄いッす。
このケーキは、台も生クリームも、イチゴのカットも全部女房がやって、飾り付けだけ、子供と自分が参加しました。
昔はかなり、料理したのですが、この頃は、ロクロがきつくてほとんど出来なくなってしまいました。
偉くなって、弟子にロクロやらせて料理するのが、ささやかな(大それたですよね)夢です。
HAKKA URL|
#- 2008.03.03 Mon23:46
うちもちらし寿司でした。
同じようにいり卵もトッピングしました。
でも今年は娘がいなかったので、物足りなさが・・・

ケーキの飾りつけは最後に残ったクリームをなめる時が一番うれしいって思ったりして。
銀 URL|HAKKA様
#- 2008.03.04 Tue00:34
いらっしゃいませ。
娘さんは、大きくなられて、他にお住まいなんですね。
我が家は子育てこれからです。
体力が落ちるばかりなのにどうなる事やら。

うちの娘達も、生クリームをケーキベラで集めてやると、ヘラをしゃぶってご満悦でした。
ちなみに、私は仕事で、粘土や釉薬の泥状のを残らず集めるときにケーキベラを使いますが、やっぱり昔ながらのゴム製のが一番使い心地がよいです。
江戸川台のきょん URL|間違いさがし
#- 2008.03.04 Tue05:21
 美術家に向かって言ってはいけませんが、写真は瞬間を「切り取る」と同時に
(人が気づかぬものを)「映し込みます」よね。では、映し込まれたことを、
どう見たか、間違いも多いと思います。

 カレーピラフでは? あつしさんは何を? 苺は載せ終って再びクリームを回収
してる図? 仕事場は暖房入れてない? あ、もちろん、どべ触った後、手は洗って
ますよね? 下のお嬢さんはウチと一緒で左利き? 買い物は昨日? ケーキのお皿、
HPの「染め付け」には見当たらなかったけど、お気に召さないやつ? お茶は紙パック?
お寿司のお皿はまだ、流しの中? 食器棚の隣は例のCDラック? 隣の部屋のテレビは28型?

 と~っても失礼なことをたくさん書いたかも。美術家ほどでないかも知れませんが、
観察することは仕事でのもので試してみました。週末7日同窓会です。 是非!
ぴあの URL|
#- 2008.03.04 Tue17:16
真剣なお顔と変に存在感のあるケーキがいいですねえ。
あと、「愛の壷」思わずクリックしてみてしまいましたが、いいですねえ。こういうのお上手よねえ。
ケーキはいっぺんに食べちゃったんですか?
私はちなみに手作りのケーキでお祝いしてもらったことなんてこのかたありません!羨ましいです。
銀 URL|きょん様ご苦労様です。
#- 2008.03.04 Tue21:33
>カレーピラフでは?
×です。ちらし寿司だってば。錦糸卵を面倒くさがったため、カレーピラフになってしまいました。(笑)背景の色もピラフっぽいですよね。 
>あつしさんは何を? 
ピラフには全く参加していません。
>苺は載せ終って再びクリームを回収 してる図?
鋭い!○です。
>仕事場は暖房入れてない?
絶好調ですな。でも△です。石油高騰のためと、ファンヒーターが全て壊れたため、昔の反射式のを使っていますが非常に寒いです。
>あ、もちろん、どべ触った後、手は洗って ますよね?
一応。 なんでドベなんて言う業界用語知ってるの?
>下のお嬢さんはウチと一緒で左利き? 
×、でも、なんで?
>買い物は昨日? 

>ケーキのお皿、 HPの「染め付け」には見当たらなかったけど、お気に召さないやつ? 
×これは、結婚祝いにもらったブランドものの皿。 でも、HPを子細に見ているようなんで◎。
送られてきたとき、箱から出したとたん生臭いにおいがプーンとしました。旦那が釣り好きだと言うこととあわせて考えると、釣果を刺身にして食った皿に箱が残っていたので、お祝いに使い回したと思われました。お互い貧乏なんだから使い回しは結構だが、きれいに洗うぐらいの神経は使え!
>お茶は紙パック?
×、どうして?
>お寿司のお皿はまだ、流しの中?
×一応、義父の残したオケがあります。?
>食器棚の隣は例のCDラック? 

>隣の部屋のテレビは28型?
×
これは、ボールに写っていません。
流しの向かって右です。ボールに女房も写っているよーん。

観察するお仕事って?
同窓会、微妙な線なんですね。申し訳ない。五分五分です。
美術家は一見、暇そうですが、実は貧乏ひま無しというやつで。。。。
コーヒーカップの納期が。。。。
銀 URL|ぴあの様
#- 2008.03.04 Tue21:43
真剣な顔してやっている割には、ケーキ、グチャグチャですよね~(汗)
自分も母親に作ってもらったことありません。
我々の頃の母親ってケーキは作りませんでしたよね。

そうですか、「愛の壷」見ていただけましたか!
あれは、評判の悪い子でしてね。自分ではマーラー調だと思っているのですが。。。。。(笑)
まあ、手塩にかけた非常に可愛い子ではあります。一応、天然の木灰で色々やっているんですけれど。。。
歯切れが悪くなってきたので、ここらで失礼します。
ありがとうございました。
江戸川台のきょん URL|研究の見通しは暗いな!
#- 2008.03.05 Wed03:44
 とっても詳しく、丁寧なご解答をどうもありがとう!

 銀兄が、と~ってもごケンソンで、ご自分を「美術家」なんて、
おっしゃっるように、私もいっぱしの「科学者」、「サイエンティスト」。
なんちって! 

 現代の科学はDNAのシーケンス(配列)読むにしても、電子顕微鏡や
X線で、何かの形を観察するにしても、性能の良い検出器で、情報を
がバッとたくさん集めておいて、高速の計算機で整理(処理)する。

 たいていの機器に原価1~2万円くらいと思われる、「Dell」などと
描かれた黒いPCがお供していて、従前数日、あるいは数ヶ月かかっていた
情報処理を、数分で済ませてしまう。限られたその道のプロしか
得られなかったデータが、パートタイム勤務のテクニシャン(実験補助員)
の、数回のマウスのクリックで容易に得られてしまう。

 、、、となると、性能の良い機械を持っている研究所が、研究を
制する、ということになるが、測定機器メーカーに「この装置は素晴らしい
ですね。お見積もりを頂けますか?」、「”特別”出精値引きで6,000万円で
ございます。」

 それを経営幹部に、「このような画期的な商品の開発を加速できます」
なんて、法螺を吹いて導入を図るのだが、敵もさるもの、ヒッカクもの、
いつも手に入るとは限らない。では、野依博士なり、デュポンなり、
日立製作所に対しては、勝ち目はないのか?

 通常はない。(苦、苦、苦)なぜなら彼らは、多くの場合、豊富な資金と
莫大な従来の知見の蓄積、そして数々の人脈(リンク、提携先)を持つから
である。

 しかし、それでは話は終わりである。要は、目の前にある出来事、現象から、
いかに多くの情報を人より早く読むかなのだ。他人が1つ見つける時に
5つ見つける。他人が2時間で理解することを10分で理解し、打つべき手を
考えて実行に移す。過去を知り、現在の事象をみて、未来の構想を練る。
これを職業的に毎日行うのが、私の仕事、研究なのである。そして、
この仕事は24時間、常に続けているのです。(寝ない、という意味に非ず、念の為)

 さあ、だいぶカッコつけ過ぎて書いてしまったが、ちょっと兄の面白い
写真で遊びながら、職業的に処理してしまったわけです。これではだいぶ研究の
見通しは暗いな。

 そして、お菜箸とおしゃもじの載った洗いかごの右には低い仕切りをはさんで
例の3ドア冷蔵庫、そして穴あき集成材の区切り。右へ2部屋、本を置いた部屋と
デスクトップPCの部屋。奥さまは、銀兄とあまりに違って、涼しげな装いで、
気づかず、お嬢様は左手でお飲み物を持っておられたのでそうかと。

 同窓会、今後も気の向いたときに集まるつもり。どうか都合のつくときに是非の
ご参加をお待ちしております。
銀 URL|きょん博士ご苦労様です。
#- 2008.03.05 Wed19:07
今日から貴兄を博士と呼ばせていただきます。
要するに、研究というものをなさっているのですね。ロマンあふれる仕事におもえますが、現実は如何に?
自分にとっての美術は意外にテクニカルなものです。
はじめに言葉ありきさ!
なんちゃってね。

うちの間取はほぼ正解です。
穴あきのついたての右にテレビですな。
ねえ、でも、この間湯沢君にうちの間取り聞いてない?
ボールに写っている、家内は当然デジカメ持ってます。

江戸川台のきょん URL|対偶改善
#- 2008.03.06 Thu06:28
仕事だよ! ある謎が、解けてやったあ!と喜ぶと、すぐもっと難しい次の謎が現れて、
う~む! 何で? 永遠に続くクイズ番組みたいなもの。クイズ番組って今でもあるのか
どうかしらないけど、見る暇はないよ。

 解答をもらうでしょ? そうか! あれはテレビではなくて、隣の部屋が、PCの部屋で、
仕切りの向こうの一番奥の部屋が反対側に本棚をしつらえた部屋かってね!

 もちろん、湯沢氏と、銀兄の家の間取りの話しなんぞ一言もしてないよ。

 美術は意外とテクニカルだけど、はじめに言葉ありきってよくわからないけど、
もちろん、テクニックは必要なんだろうけど、エモーションがいるのでは?

 でもそのエモーションをなんら「表現」するのに、まず「言葉」という「記号」
が「ある」の? 「言葉」は「エモーション」をつなぐための「記号」という道具
なのかと思っていたよ。

 研究でとても大事なのはロジック。「こう考えて、こうやったら、こうならなかった。
じゃあ、どうすれば”こう”なる」みたいな。私は実はこれが苦手。「うそつき村に
行かないためには?」なんてやつ。真、偽、対偶なんて。待遇悪いせいか? ←オチ。
江戸川台のきょん URL|抜けました
#DEn/WaYs Edit  2008.03.06 Thu06:37
上のカキコみの冒頭、以下が落っこちました。 乞う追加、

 ロマンあふれるというのが、どういう意味かはしらないけど、ワクワクする、
銀 URL|きょん博士。
#- 2008.03.06 Thu10:41
はじめに言葉ありきというのは知っているかと思うのですが、ヨハネ福音書の言葉です。
言葉とエモーションというのはどちらが先と言うことではないのですね。言葉=エモーションなんですね。
新しき酒は新しき革袋に。。と言う言葉も福音書にありますが、新しき革袋(言葉)を見つけると、自然に袋の中に酒(エモーション)が湧いて来るというような感じですね。
ただ、問題なのは情緒的なものの範疇に収まらないものもたくさん出てきてしまうんですね。
そうなると、他人には嫌われてしまうのだ。
しかも嘘つきになるの!でも良いんだ!俺は天才だ!(大嘘×100)

あれですな、テレビの正面に本棚ですな、つまり本棚の横にパソコンですね。

貴兄も仕事がワクワクというのは最高ですね。嬉しいっす。
好きだよ~v-238

好きなv-238きょん博士の企画の同窓会出られそうもなくてゴメン。
ブログで多分察しがついていると思いますが、相当自分は追い込まれていまして、時間的にも精神的にも余裕が全然なくて。。。人と会うと動揺して。。

江戸川台のきょん URL|手回しろくろか~
#DEn/WaYs Edit  2008.03.06 Thu13:43
おいしいねえ、味わえるねえ、君の言葉。
情緒的なものの範疇に収まらなく、他人に嫌われるのが、時には構わず、
時には「エロ彫刻」みたいにイヤでもあり、揺れるのがアーティスト?
私なんか、いつも周りを寒くし、嫌われまくって今さら、どうもないので、
アーティストは無理。

 その言葉と、そうだな、ゴルゴンゾーラにギリっと冷やしたピュリニー・
モンラッシェかなんかやりたいねえ。白の次は、そうだな、もう、ただの
パンでいいよ。何かのセカンドラベル、クロ・ド・マルキかなんかを
10℃くらいに冷やして。

 まだ語る? あ、「どべ」なら、引退した父がね、地域の陶芸教室に
通ってるんだ。ワインか? ヤコブズ・クリークあたりのカベルネ-シラーズ
なんかどうだい? 飲みやすいと思うよ。
 以前、父の誕生日に手回しのろくろを贈ったよ。どべ、かきとる「へら」もね。
手賀沼の近くに炉があって焼きに行くみたい。

 今回都合がつかないみたいなんで、web上で飲んじまったよ。
結構いい気分だね! 実空間ではあんなワイン飲めないからな。

 じゃあ、また都合のいいとき、実空間でも飲もうぜ!
銀 URL|きょん様ご苦労様です。
#- 2008.03.06 Thu14:10
>他人に嫌われるのが、時には構わず、
時には「エロ彫刻」みたいにイヤでもあり、揺れるのがアーティスト?

いやね、別に嫌われても良いんですけどね、要するに、稼ぎの問題なんですね。
嫌われると、当然売れないから。。。。

>以前、父の誕生日に手回しのろくろを贈ったよ。どべ、かきとる「へら」もね。
手賀沼の近くに炉があって焼きに行くみたい。

今度窯プレゼントとするのをお奨めします。
あれは面白いぞ。


江戸川台のきょん URL|ふつうの家にか~?
#DEn/WaYs Edit  2008.03.06 Thu14:32
 20アンペアなんてか~。そりゃ「面白い」かもしれないけど、それこそ売り物作る
わけじゃないしなあ。 ろくろすら、手回しだし。
 
 うそねえ。まあ、人生にうそは必要なんて芸術家に向かって言うべき言葉じゃないしなあ。
僕らも製品の「純度」は、とても高いものが必要な事はあるよ。ただ、純度を上げる手段は
色々あるよね。コストをかけて純度の高いものを高く売る、あるいは、純度悪くても安く売る。

 でも「うそ」はないよな、僕らの仕事には。サイエンスには「うそ」はないんだ。
銀 URL|きょん様
#- 2008.03.06 Thu17:29
「うそ」ですが、ちょっと言い方が正確でなかったね。
あれですな、芸術の場合というか正確に言うと自分の場合ですが、なんか調子出てくると、考えてもいなかったことやっちゃうんですな。
なにか、自分というものが、意識している自分でコントロールできる社会的な部分から、ずれてしまう感じかな。
手綱は引いてはいるのですが、馬の走る方向にいっちゃう。そっちのほうがある意味美しいんですね。
でも、作品を言葉として考えると、言葉に責任持てないというか。。。。
持っているんですが、ある意味持っていない。ホラ話にもちょっと似ている。
脳みその変な部分使うんですよ。
それって、快感ではあるのですが、どうも後ろめたいんですね。なんか、タブーとしてあるんだな。でもそれって、社会から求められてもいるんですね。変な形で。隠微に。
でも、自分は一応家庭持っているし、子供は可愛いし。。。。。いろいろ矛盾だらけです。
ただ、今自分は生活のために、タブーから距離のある製品を必死で開発中です。タブーは隠し味として完全に飼い慣らしてしまう。つまんねーかもしれませんが、結構今はまってます。それはそれで面白いんだな。
またしばらくして、いきなり、エロかグロに戻ると思いますが。
どうも、とりとめないのですが、キチンという能力に欠けるもので、、、、
銀 URL|きょん様追伸
#- 2008.03.06 Thu19:40
エロとかグロとか書いてしまいましたが、才能あるやつは、何かいてもタブーに触れるのね。
セザンヌみたいに、山とかリンゴとか描いてもね。
昔はそういう化け物みたいなやつがいました。



江戸川台のきょん URL|果樹園通り
#DEn/WaYs Edit  2008.03.07 Fri09:13
ハハハ! 突っ走って、カイカンで、タブーね!

奈良ヨシトモ氏や草間彌生氏もそうなのかな?
そういや、シンガポールのオーチャード・ロード、あの「毒キノコ」で
埋め尽くされてたよ。
金 URL|銀ちゃんおひさ!
#- 2008.03.08 Sat10:04
銀ちゃんおひさ!
銀ちゃんお久しぶり
元気そうだね。
まあ相変わらず詰まらんことでジトジト悩んでいるんだろうけれどね。
君ン所は奥さん達人だからな。
ところで、ボクちゃん家内に金の笛かってやったぞ。へへへ、ヘインツの14だ。
こないだ、引き出物の仕事が3つ入ってね。
まあ、人前に立って金を持っているとある程度落ち着けるみたいね。とりあえず音でカイし主流だからな。
あんたンとこの奥さんは、銀でも大丈夫そうだけどね。しかし、金の次は絶対プラチナに来るのがうちのやつ。
ああ恐い。

ところで、この記事のコメントのあんたのレスなっちゃおらんぞ。
僕チンは同業者だからある程度分かるし、あんたの動揺する様もあんたのねらい通り可愛く見えてほほえましい。でも、人の良い江戸川台のきょんさんが気の毒。
で、俺様もお人好しだから、お二人に交通整理をして差し上げましょう。

まず、「はじめに言葉ありき」及び、「新しい革袋」のところから、「考えていなかったところにいっちゃう」及び「うそ」
要するに、作品を言葉と考えてみると、言葉が走っていっちゃって(前にあんたが書いていったように、いろんな地雷を軽々飛び越えながらだな)しまうから、几帳面なあんたから見れば、口から出任せに思えるんだな。
だから「うそ」。
そんでもって、そのとき、あんたの脳みその普通使わない部分が活躍するんだな。
僕チンが親切に付け加えてやると、それはどこか精神分裂症みたいなところがある訳ね。
それが、「タブー」。
あんたの作品はそっちの人のにちょっと似ているからな。
でもね、人に嫌われるのは俺から見れば当然なんだね。 作品の良さは健常者であろうが障害者の作品であろうが誰にも通じるものだというのは、ある意味本当だが、そんなに世の中甘いものじゃないんだよ。
一般の生活している人の、自分の世界を守るための潔癖さはもの凄いんだよ。一般じゃなくて俺たち含めて人間全部だ。拒否しなくてはいけないものは、完全に拒否する。その精密さは作品を理解していると言ってもいい程なんだ。嫌いと判断するだけで、ちゃんと分かっているんだよ。

そこに、あんたの仕事は挑戦してるんだろ。正義の味方なんだろ。
それをなんで「タブー」なんて言うんだ。かえって差別的だぞ。
おれなら、泰然としているね。良い子ちゃんぶりたいのね。あんたは。ホントにいろいろ気になる人なのね。 神経症みたいだから、あんたも病院行きな。(笑)
ごめん、チョッチ言い過ぎた。
あんたが、健常な世界と、病的な世界を自由に行き来出来る道を造ろうと、幾らか努力しているのは認めてるよ。俺から見りゃ甘いけどね。


で、タブーというのが、あんたがやっているエロとかグロとかであることとは同一でないことも言いたいんだろ。エロとかグロとかきょうび、パソコン開けばどこにでもある。そんなことはタブーでもなんでもないと言いたいんだろ。要するに頭の普段使わないところが活性化しているかどうかが問題なんだろ。
それを、ヘンに謙遜して「昔はセザンヌがどうのこうの」と言い出すから、同業者でも分からんぞ。

ああ疲れた。
おれまで、頭ゴチャゴチャしてきた。ミイラ取りがミイラになるというやつ。
今度「若虎ラーメン」おごれ。

あ、忘れた、楢と草間だが人の悪口言うのが恥ずかしい君に変わって言ってあげます。
楢は、情緒(この記事の言葉で言えばえもエモーション)が先に来ているから、嫌い。
俺はちょっと好きだけどね。きれいじゃん。
草間は、あんたの亡くなったお母さんに似ているから余計悪口言えないだろうけど、やっぱり嫌いだろうな。
もう少し、いろいろなものが入ってないとダメでしょ。あんたは、良い人間にみえるけど結構計算高いからな(ある意味では褒めてるんだよ)ああいう本当に純な人が恐いんだな。

江戸川台のきょん様、失礼しました。
ワタクシは、銀の兄貴なようなもので、同じように笛吹の家内がいます。
私が書いても結局ゴチャゴチャしてしまいました。ご勘弁を。



銀 URL|金様、きょん様
#- 2008.03.08 Sat13:56
誰かと思いましたよ。
金ですか。凄いですね。
相変わらず、口が悪いですね。
でも嬉しかったです。
大体当たっているような気はします。でもね、あんまり整理して考えると、またろくなことないんでね。それに縛られると脳みそが働かなくなるってことないですか?
そんなに使命感もってやってるわけではないしね。
奈良さんですけど、(字間違えないでくださいよ)結構好きですよ。彫刻が案外旨いんだな。
草間さんは、正直言って分からないですね。時々意外に商業的に見えちゃうときもあるし。


まあ、今度いっぱいやりましょう。
これからは、あんまりブリッこするのはやめましょう(笑)

あとですね、きょん様は人が良いんではなくて、頭が良い人なんですよ。
きょん様、これに懲りずにまたコメント下さいね。

江戸川台のきょん URL|余程物凄いもの
#DEn/WaYs Edit  2008.03.08 Sat17:53
"金"さま、こんにちは! 江戸川台のきょんと申します。

 交通整理をありがとうございます。、と申しましても、浅学な私、"金"さまの”整理”を伺っても今なおチンプンカンプンな
ことも多いのですが、いくつか思い当たることを書いてみたいと思います。

 この銀なる男、高校のときにクラスメイトだったことがあるのですが、当時から繊細、かつ鋭利、まあカミソリみたいな
感受性を持った男でした。カミソリは切れ味スルドイ半面、パキンと欠けそうなハラハラする部分もある。

 大抵の人の場合、そのような感受性は大人になる過程で失う、或いは捨てざるを得ないことが多いのですが、彼の場合、
そのまま成長してしまったようで、またその感受性で感じた気持ちをセキララにトロしているのかなあ、と思ったのが
この日記なのです。

 大体音楽なり、美術なりで食う、さらには”養う”なんて生半可なことではなく、私のように「研究」で
食っている人間は百万の単位でいるに違いないのにたいし、芸術で食べている人間は万程度しかいないのではないか。
ただし、別に数の多寡は問題ではない。何をやっていようが、それにノメリ込んでいて、トキメイていれば良いと思います。

 さて、”言葉が走る”ような趣旨のことをお書きですが、小説家などにおいても、言葉だか、”筆”が走るようなことは
聞いたことがあります。私は理科系の人間で文章など書けないのですが、主人公が作者の意図を超えて、
勝手にその人格で、動いたりしてしまうという話は聞いたことがあります。

 ゲーテにせよ、漱石にせよ、ある種の障碍だか、疾患を持っていた言う話は耳にしたことがありますが、
別にそれが、彼らの作品の完成に必須のものであったのか私には分かりかねます。

 また、一般の人の保守性のようなことをお書きですが、この”保守性”は別に”一般の人”に限ったことではありません。
私は”新規生理活性物質の探索”や”高性能樹脂材料の研究開発”というような仕事に、20年以上携わる人間ですが、
革新と斬新を追い求めるような我々研究者においても、皆、新しい手法や材料の導入に対しては驚くほど、臆病で、
保守的です。

 要するに、何かを新しいものに変えて、失敗するのが怖い、逆に我々が渾身の力を込めて、新しいもの、画期的な
性能を持つ製品を開発しても、すぐに受け入れられることはまれで、取り敢えず、今までのものを使っておけば間違いない。
ですから、そこで、もしすぐに受け入れられたとしたら、それは余程物凄いもの、画期的なもの。

 でも厳しいかな、それを目指すのが芸術であり、研究なのではないでしょうか?

 余談ですが、妻に”銀”氏と私の”対談”の感想を聞いたところ、「この”銀”さんの文章は非常に分かりやすい。
しかし、あなたの書いてるところは、ブッ飛んでいて分からない。」と言われました。人に嫌われているのは私のほうかも
しれません。単に、私のほうは嫌われても収入の変化には、それほど結びつかないだけのようです。

 銀兄、シンガポールのオーチャードロードは、銀座中央通り、または表参道のようなところです。
その街路樹をあの赤地に白い水玉模様が並々と被っている様子は壮観でした。兄も銀座のホコ天、兄の「愛」が
並んでいる姿がまぶたの裏に浮かびませんか?
江戸川台のきょん URL|「千年の芸術」
#DEn/WaYs Edit  2008.03.09 Sun07:58
"金"さま

 先に芸術と研究開発の相違だか、一般の人の保守性に対する向き合いだか、書きましたが、そういや我々、研究開発にとって、
「とても」大切なことは、その「タイミング」です。

 遺伝子の発現機構、特に免疫に関する研究でノーベル医学・生理学賞を受賞した、利根川進博士は、その領域を「10年間完全に
リードした」などというコメントがついたような気がします。

 ノーベル賞のような、基礎研究分野の場合、その研究は世界1番(最初)で(当然、研究に”世界2番”はなく、それは我々でも
同じです。)「何年かリード」すればよく、それが、現実に金銭的にどうのこうのは、取り敢えずありません。もちろん、利根川博士の
研究はいまや、医療、診断、製薬、或いは更なる研究に、それこそ金銭に換算しきれない莫大な貢献をしているはずですが。

 ところが、我々のような応用研究、企業の研究というものは、原理、材料製品などを開発し、良い物で世の中に貢献し、その
売り上げの中から経費を回収して次の開発の原資としなければならない。松下幸之助氏は、利益を上げない会社は悪である、
というようなことを、言ったそうですが。正直、私自身の研究開発の収支は、真っ赤っかです。

 話が金儲けのように逸れましたが、タイミング、そういやタイミングの話でした。どんなに優れた技術や思想の元に製品を作ったと
しても、それが、受け入れられるには、そのときの時代のその他の要素との調和も大切なことで、優れた製品一つでは、全く受け入れられず、結局その製品の開発プロジェクトとしては、大失敗ということはあります。

 これは技術開発の話そのものでは、ありませんが、日本の当時の言葉で言えば”商用ネット”、NECのPC-VANや富士通系の
Nifty Serveがinternetに接続したのは、80年代の終わり、または90年代の早い時期でしょう。通信速度は1200bbsこれは、
メガのしたのキロの下の単位の1200、要するに現在の1/1,000、ウエブブラウザなんてなく、画面を文字が流れていくだけです。それでも電子メールは海外とのやり取りには、画期的に便利です。

 エアメールで往復1ヶ月のやり取りが数10分に縮まる可能性があり、当時海外の企業と共同研究していた我々にとっては、
とてつもなく便利な手段となり得たのですが、仕事の通信をインターネット経由で行うという申し出は却下されてしまいました。
そんな怪しげなもの、”危ない”、という訳です。翻って現在の、皆、常時携帯電話ピコピコ、あれもnetを経由する場合あると
思います。みんな、あんなに利用してるんでしょう? 何? あんな電車の中で、休むまもなくピコピコ。ミクシーでしょうか?

 さて、やっと話を結びますが、(別に正しく結んでるわけではないでしょう)、この日記の主は、収支を気にされることが、多いように
見受けられますので、上述した「基礎研究」、「企業型応用研究」に当てはめますと、「企業研究型」なのかもしれませぬ。
どちらにも優劣はありませんし、ノーベル賞だって、「企業研究型」の田中耕一氏のように取れる。

 たとえ「基礎研究」であったとして、今すぐ実を結ばなかったとしても、音楽は「瞬間の芸術」、美術は「千年の芸術」、5年、50年、
あるいは、500年後に光輝くやもしれません。

 銀兄、貴兄のお知り合いの"金"さま、頼もしいお知り合いをお持ちでうらやましいことです。機会がありましたら、ご紹介いただいて、
皆で一献かたむけませんか?
金 URL|江戸川台のきょんさん
#- 2008.03.09 Sun11:10
江戸川台のきょん様初めまして。
金と申します。
いや、銀は良いお友達を持ってますね。私など、アホ高校卒業したから、こんな高度なお話しできる人などおりませんは。。
土建屋の社長になったやつは、引き出物の注文くれて、助かりますが。。。。
まあ、銀はしゃっきりしないところがありますけどよろしくお願いします。
悪いこと出来るやつではないんで。才能はよく分かりませんが、芸の幅はひろいので、理解力みたいなのはかなりあるね。
あいつは昔から友達は一流なんですな。まあそれも、彼の魅力ではあると思います。
この間同窓会に行って、「みんなスゲー、俺も偉くなる」とかいって、彫刻のコンクールに陶器の壷出しておちてましたわ。あの歳になって、コンクールに落ちて平気な顔してるのは珍しいね。ああ見えて結構強いんですよ。こりずに、また出してるみたいね。


>要するに、何かを新しいものに変えて、失敗するのが怖い、逆に我々が渾身の力を込めて、新しいもの、画期的な
性能を持つ製品を開発しても、すぐに受け入れられることはまれで、取り敢えず、今までのものを使っておけば間違いない。
ですから、そこで、もしすぐに受け入れられたとしたら、それは余程物凄いもの、画期的なもの。
でも厳しいかな、それを目指すのが芸術であり、研究なのではないでしょうか?

同感です。銀も私もぐだぐだ理屈をこねますが、「それは余程物凄いもの、画期的なもの。」を目指して頑張るしかないですね。きょんさんも同じ思いでいるんですね。
銀をしかってましたが、私も頑張らなくてはいけないと思いましたです。

>この日記の主は、収支を気にされることが、多いように
見受けられますので、上述した「基礎研究」、「企業型応用研究」に当てはめますと、「企業研究型」なのかもしれませぬ。

いや、銀はね、やばいなと思うととんでもないおいしい仕事にありついたり、これ言うと嫌がるんですけど、オヤジさんが偉かったから、ちょっとはいいことあるようね。まあ、オヤジさんのことではとんでもない目にも遭ってるみたいだから可哀相なんだけどね。
ゴッホは弟、セザンヌはオヤジに一生食わせてもらって、「基礎研究」やったけど、きょうびそんなこと出来るのはお金持ちの奥さんくらいだな。
まあ、銀もここが正念場みたいだね。
でも、あいつは意外に小売りが旨いね。あれは、感心する。
あいつが、自分の作品の前に立つと、売り上げが10倍ぐらいになるんだね。お客さんの前に立つと寅さんになれるらしいんだ。ま、本人がいないとほとんど売れないというのも、問題だけど。

>何をやっていようが、それにノメリ込んでいて、トキメイていれば良いと思いま
>たとえ「基礎研究」であったとして、今すぐ実を結ばなかったとしても、音楽は「瞬間の芸術」、美術は「千年の芸術」、5年、50年、
あるいは、500年後に光輝くやもしれません。

ホント同感です。
この混迷した長い対談の結論が出ましたな。
恥を忍んで、登場したカイがありました(笑)
わたしも、実は結構気が弱いもので、ホッとしましたです。

>機会がありましたら、ご紹介いただいて、
皆で一献かたむけませんか?

銀は弁が立つくせにひとみしりだけど、私は違うので、3人でいっぱいやりましょう。
皆さんの同窓会に潜入しちゃおうかな。(冗談ですからご安心を。)
”新規生理活性物質の探索”や”高性能樹脂材料の研究開発”のお話しも聞きたいです。アホだから分からないと思いますが。

銀 URL|金様、きょん様
#- 2008.03.09 Sun11:13
金さん、もう、コンペ落ちた話までばらさないでくださいよ~
結構凹んでるし、営業妨害だって。
ま、そんなことで傷が付く天才銀様ではないと言うことにしておきましょう。

きょんさん
良い結論ありがとう!お互い頑張ろうね。
それにしても、研究者というのはとんでもない頭を持ってるモンですね。
あまりに良い頭というのは健康を害することが多いから気をつけてね。
とりあえず、お酒はほどほどにね。

金 URL|ぎんちゃん、きょんさん
#- 2008.03.09 Sun11:27
>コンペ落ちた話までばらさないでくださいよ~
悪かった。
でも、あんたは大丈夫だよ。ホントは強いし、奥さんも立派だからね。
奥さんによろしくね。家内も会いたいっていってます
才能も俺よりはましだ。(本音)

きょんさんへ
>主人公が作者の意図を超えて、
勝手にその人格で、動いたりしてしまうという話は聞いたことがあります。
今回ちょっとわかりました。つい、言わないでも良いことをいってしまいます。(笑)

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。