武藤洋二著 天職の運命〜スターリンの夜を生きた芸術家たち〜

DSC_2841.jpg

武藤洋二著 天職の運命〜スターリンの夜を生きた芸術家たち〜 みすず書房
図書館で手に取ったのはTwitterで知ってファンになった20世紀前半のロシアソ連の前衛画家フィローノフが表紙になっていたからだが,その章だけのつもりがあまりの面白さに引き込まれ全編一気によんでしまった。
歴史書につきものの大量の註が1つもなく小説のように読める。
革命前に日本に来て大阪外語大学の先生になった天才言語学者ネフスキイは西夏文字の原典のあるソ連に帰るがスパイの罪で銃殺された。
共産党員で演劇人の杉本良吉は寅さん映画にも出た岡田嘉子と共に左翼弾圧の日本から憧れのソ連に亡命するがこれも銃殺された。
フィローノフはナチス封鎖下飢餓のレニングラードでソ連当局の援助を拒否して餓死した。
スターリン政府の民衆弾圧は銃殺の数字を64有る地方政府に1000〜5000人、1つの刑務所は10000人のノルマとして与えるというものだ。
達成しないと責任者は殺されるから無実の者を拷問して嘘の罪と協力者を自白させる。
そして、その責任者もノルマ達成後漸次銃殺されるという地獄ぶりであった。
『本書は徹底した実録が1つの交響曲あるいは一篇の物語を形づくっている。』と作者あとがきにあったがまさにその通り、鈴木大推薦の一冊。

http://amzn.asia/1RQ0ids

filonov West and East

フィローノフ作 西と東 1912〜13年
表紙の作品の全体像です。

2ff873805c8676c347cf2049fd2b217c.jpg

フィローノフ作 1914年 聖家族
関連記事
スポンサーサイト

Tag:読書(文学)  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる