笛吹

笛を吹く少年 マネ


よく見る絵で何となく見慣れてしまって、感動するとかいうふうにならない絵かと思いますが、小生は大好きです。
顔がお面みたいで自分には多少不気味に感じるのですが、そこがマネ最盛期の味かと思います。「オランピア」の顔も、「草上の昼食」も。(個人的には、ピカソの「アビニヨンの娘たち」の顔に意外に共通点があるなと思います。)
古典的でリアルな手法での上手い絵画の枠組みを厳しく守りながら、浮世絵に近い非ヨーロッパ的な手法をはめ込むことでこうなるのかなと考えたりするのですが、少し後になると、モネ、続いてゴッホやセザンヌ、ゴーギャンがより徹底した印象派を完成しマネは前衛とは言えなくなって参ります。
しかし、この古い時代の枠組みを尊重しながら新しいことも徹底的にやることのできた、幅の広さ・柔軟さを自分は凄いなーと思います。セザンヌは新しすぎてスキャンダルにもならず、無視されただけだったと思いますが、スキャンダルにマネがなれたのは、まだ当時の人々が理解することの出来る枠組みの中で仕事をしたからなのでしょう。文豪ゾラはマネは理解しましたが、幼なじみのセザンヌは全く理解できなかったようでした。
残念なことに、より印象派が徹底していく時代になりはっきりと印象派になったマネの絵には、少し生気がなくなってくるように自分は思います。


関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:美術・彫刻・絵画  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる