スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ふるすロットルの上絵制作中その2

今回は少しおおぶりなもの。

上絵の絵付けを終えたところです。これから、低温(800度くらい)で焼成して絵の具を定着させます。何故上絵というかと言いますと、釉を掛けて本焼成して、釉の上に絵の具を定着させます。対して、染付などは本焼成前に釉掛け前に絵付けします。釉の下に絵の具が来るので下絵とも言います。



DSC_8836.jpg
DSC_8819.jpg
DSC_8839.jpg
DSC_8840.jpg
DSC_8842.jpg

径20cm未満の淺鉢を各方向から。このぐらい開くと、外側は絵が見えないので見込みに描くのが普通ですが、最近どういう訳か外側の方が割合上手く生きやすい感じがあるので外側。上部と下部の面の状態がまるで違うのが、飯碗や鉢などの外側で、描くと面白いです。
立体に描くというのは、キャンバスなどの平面とまるっきり違って、自分的には画家の感覚よりも立体を扱っている彫刻家の感覚に近いです。

DSC_8854.jpg
DSC_8853.jpg
DSC_8852.jpg
DSC_8851.jpg

湯吞を各方向から。ピチッと整理された絵や形が好きなのですが、上絵をやっている最近ではどういう訳か、あるところでエイッと表現主義的に荒くれて見せないとまとまりません。何とも落ち着かないですが、今はそうしないと却ってバランスが悪くなる感じがあってどうしようもないのです。上絵は色が豊富で自由がきくことと関係あるのだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Tag:陶磁器  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。