スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

高島屋グループ展終了しました。その2 手術延期の巻

先日の挨拶の余談の続きというか結果報告。(5/24日記)
猛烈な歯痛に襲われて歯医者に行ってレントゲン撮ったけど異常が見つからず,耳鼻科に行けと言われた話でしたがその続きです。
6/9に手術の説明の予約だったのですが、予定をはやめて5/22日に、JAとりで総合医療センター耳鼻科に行くと、つい最近まで研修医だった新任主治医の先生はかなり深刻な顔と、初顔合わせの先回とはまるで違うナーバスな口調で「今からCTとりましょう。大丈夫CTが原因で癌になった人聞いたことない」(ほんまかいな}と今年3度目の頭部CTスキャン(一回当たり1ミリシーベルト)になりました。
もしかして、癌かも?ぐらいの気持ちで1時間後の結果説明に臨んだのですが,意外や意外、副鼻腔炎が少し回復していると言うこと。CTの画像を見ると以前はほぼ見えなかった上顎洞の空間が多少広がっています。
と言う訳で、大逆転の、6月の手術は延期と言うことになりました。。
先生は「時間稼ぎしましょう。手術してもほぼ再発して、再手術が必要になるから」と意味不明の発言。
「つまり、一生にする手術をする回数を減らすと言うことですか?」と聞くと、「そうです!そういうことです!」となんだか嬉しそう。
手術の研修のための時間稼ぎ?ともチラッと思ったのですが、とりあえず、余計なことは考えないことに。
まあ、嬉しい反面、ちょっとガッカリ。おりしも、天才内視鏡医の本を編集している巨大ブレインの友達が、医者の技量を確かめるためのポイントを親切にアドバイスしてくれていたのですが、アドバイスどおり手術経験数を聞いて、たとえ0だったとしても、最初の一人がいなくては地域医療は育たないだろう、,みんなが名医ばかりにかかっていたら医療技術が一極集中してしまう、あの気の良さそうなお兄ちゃん先生を育てたい、ぐらいのことまで考えて覚悟を決めていたのに、またしばらくして、始めから覚悟をきめなおさなくてはいけない。
それに、FBで長らく、手術するぞと公言していたのに未だやらないのもちょっと恥ずかしいし。。
人間、考えつめると,行動しないと気が済まなくなる面がある。ネット上に高らかに経験談を書きたかった。。。
 多分、百貨店展示会でのストレスが,思わず歯を食いしばっていたか何かで出たと言うことなのでしょう。
歯が痛いほどの上顎洞の異常は骨が溶けるほどでないと出ないのだそうです。
そもそもそのは歯は、彫刻家時代最後の個展の際、神経を残して治療済みだった歯が猛烈にいたくなり、れんとげんで異常がないというのを無理言って神経を抜いてもらった歯でした。
神経が無くても展覧会の折に猛烈に痛む形而上的歯を僕は「展覧会の歯」となづけたい。
処方された抗生物質と消炎剤を呑むうちにほとんど痛みは治まりました。
と言う訳で、つまらない結論のおとしまえと言っちゃなんですが、長女がスマホで化粧してくれたキモ画像をアップします。

2015-05-24-20-01-39-463.jpg
2015-05-24-20-25-00-015.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Tag:陶磁器  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。