年賀状

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

正月はこの年賀状の制作と印刷に明け暮れておりました。
PC>プリンターで印刷したのですが、画用紙に鉛筆で描いたのを、スキャンしてPCに取り込み、写真ソフト画像を修正しては、原画の鉛筆画を直してスキャンの繰り返しで、原画の制作にまるまる2日かかりました。
「世界平和」と「核廃絶」は正月から無粋かなと思ったですが、折から滞在中の婆ちゃん(義母)が、『書いた方が良いですよ」と。
しきたりを大切に守り、正直者である婆ちゃんが言うんだから間違いないと、消さずに出しました。
婆ちゃんは日中戦争が始まった頃の生まれですが、やはり、昨今の安部政権のの動きには危機感があるようです。
背中を押してもらいました。

スキャン 59
関連記事
スポンサーサイト

Tag:つれづれに  comment:2 

Comment

 URL|
#- 2015.01.12 Mon21:40
素晴らしい年賀状を頂戴致しまして、ありがとうございました。核廃絶も世界平和も重要です。歴史の本を読んでいると、満州事変直前の時代様相に似ているようで、何とも不気味です。
ぎんよう URL|まるで来なくなってしまったブログへのコメントありがとうございます。
#F.S2sd/w Edit  2015.01.13 Tue08:46
入魂の年賀状、喜んで下さって嬉しいです。
ちょっと前に、大平洋戦争開戦前後に日本に滞在したイギリス人の手記を読み、軍部が牛耳る官憲の言論、出版、行動に対する弾圧のすさまじさを痛感しました。
集団的自衛権の議論の前提に、人間を殺す能力を教育された組織的集団のリーダーが悪だくみをすれば、相当なことが簡単に起こってしまうことを、しかと考えておく必要があるのでは思いました。軍事的集団の持つ潜在的な危険についてです。
政治の力の大切さももっと自覚すべきですよね。

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる