検証 戦争責任 読売新聞戦争責任検証委員会

2006年発行の本。
なかなか勉強になった。
特に、日中戦争、太平洋戦争の頃の軍部や政府の組織についてわかりやすく解説してあり、今まで、この頃に関する歴史書を読んでもさっぱりわからなかった、陸軍省、海軍省、参謀、軍令、などの役職、統帥権、天皇の位置などについての理解がかなり進んだ。
あの絶望的な戦争に進んで行かねばならなかった、大日本帝國中枢の組織の欠陥と軍人、政治家、皇族ら要人個人の責任について主に書かれていて目からウロコであった。
反面、読む前に想像したような、日中戦争当時の戦場での日本兵の残虐行為、略奪、性犯罪などの責任についての記述はほとんどなかった。
アメリカ軍による、原爆投下、東京大空襲、ソ連によるシベリア抑留など戦争犯罪と思われる連合国側の残虐性についての記述がほとんど無いことでバランスを取っているかのようであった。
東京裁判とは違う見方をしたいという意図があったようだが、東京裁判の歴史観を乗り越えるには、大変だろうけど、両方をもう一度正面から考え直さなくてはいけないのではないだろうか。
大新聞社という立場の限界と言うべきなのだろうか。
多少戦犯のメンツが変わっているだけという印象であった。
戦争を起こした日本側指導者の責任という意味での戦争責任という言葉なのである。


DSC_7724.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Tag:読書(文学)  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる