ギニアの音楽。

現実逃避には遠い縁もゆかりもない国の昔の音楽が最適です。
CDや音源を買うのが楽しいわけですが、失敗しないためにネット上でいろいろ調べるうちに、その国の歴史などが、自然に分かってきます。
今は、西アフリカの音楽に凝っているのですが、まるで、どこにあるか分からなかった沢山のアフリカの国の区別が分かってきましたし、良い音楽のある国にはやっぱり親近感が湧きます。
やっぱり、良い文化を発信する事は大切ですね。



これはBEMBEYA JAZZ NATIONALといってギニアの1971年録音のポップスです。バンド名にNATIONALとついているのは国立という意味ですが、それにしては何とも緩いある意味かなり雑なノンビリした音楽です。
ギニアはアフリカでは多少早めの1958年に独立した国と言うことで、独立当時は旧宗主国のフランスに随分な圧力を掛けられたと言うことです。社会主義的政権下、国とアイデンティティー確立のために、大衆音楽を保護したらしい。
wiki>>>>
アフリカでも結構世界を意識したスターの音楽もあって、中には、あざとさや無理が目だつものもたくさんありますが、これは、目指すところのある、しっかりしたスピリットの音楽であると同時に、どこにも、人を圧倒しようとか気にいられようとか言う、邪念が感じられない、きれいな音楽にです。
これは、アマゾンのmp3ダウンロードショップで600円で売っていますのでアフリカ音楽入門にオススメです。
こちらでダウンロードできます。>>>>>
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 音楽
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:音楽  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる