小文間小学校廃校反対 幻の陳情書

小文間小学校の廃校、合併に反対する市議会宛の陳情書を書いたのですが、締め切りで出せませんでしたので、アップします。もう少し早くやればよかったが、大抵の素人が考えをまとめるのに半年は短すぎる。




私は小文間小学校に子どもを通わせているものです。廃校に反対です。

・まず第一に合意形成の手段についてです。

住民の合意形成のための機会、時間が余りに少ないとと思います。
小文間での説明会は、父兄向きが1回、住民向けが一回の計2回のみであります。
その他に、私は都合で出席でなかったのですが、地区長さんたち主催で市長も出席のの説明会があったとのことです。
他にPTA役員向けの説明会が2回ございまして、私も執行部の一員ですので出席しました。

そのうち、一般現役父兄向けはただ一度ですが、一般父兄向け説明会が一回ではまるでたりないと言う意見とアンケートをすべきと言う意見が出ました。
PTA執行部向けでの説明会でもアンケートをとるべきという意見が出ていますが、まったくおこなわれておりません。

特に、在学中に廃校合併で転校しなくては行けないのは、現在の1〜3年まで(4年から上の児童は卒業後の合併になります)と入学予定の幼稚園の子どもたちでですが、その保護者は忙しい盛りな上に、まだ学校に慣れずに発言するに相当の勇気がいります。役員も大体高学年の子を持つ親か、上に姉妹がいて、小学校になれた父兄であることが多いです。

現役保護者は廃校合併にやや賛成という判断が市長や教育委員会にもあり、私もそんな風に思った事もあるのですが、実際は、一番の当事者に当たる下の世代の父兄は、先に言ったようにの意見が出づらい状況ですので、本当には分かりません。

ですから、丁寧な説明を何回も繰り返した上に、アンケートや本音を出し易い工夫をした父兄や地元住民同志の説明会=会議をしてからでも議決は遅くないと私は思います。

その説明会=会議ので工夫とは、例えば事前に小さいグループでの討論をした上で大きな会議をするとか、それぞれの意見がより分かりやすくなるようにその意見に沿ったアドバイスを事前にするなどいろいろあると思います。

我々は素人です、最初の説明会から半年足らずでは、なにも考えられないです。

先ずは、廃校の決定を少し先に延ばして、みんなが良く考えて、みんなが本音を出せる機会と時間を作って欲しいものです。



・第2に、私の意見を申し上げます。いろいろ言いたいことがありますが、今まで説明会等で言われていないことに絞って申し上げます。
教育委員会がおっしゃる適正規模は30人前後のクラスが各学年2クラス以上6年間合わせて12クラス以上で全校で児童数360名以上です。
しかし、小文間小学校で12クラスがあったのは140年の歴史のうち1970年代中盤から1990年代中盤までの約20年間のみです。
40人学級であった時代もあるので単純には比べられませんので適正規模とされる全校で360人いた時期を基準にしますとは小文間小で、一番児童数の多かった1981年(372名)の前後わずか数年です。
ですから、この現在教育委員会がおっしゃる適正規模であった期間はここ小文間では極わずかであったと言うことなのです。

ざっくりとした印象ですが、旧校舎が竣工した昭和30年代後半の各学年1クラス、200名ほどが小文間小の本来の生徒数ではないでしょうか。
現在84名ですが、小文間小学校ではもともと、少人数を地域の人々が大切に教育した140年なのです。
ですから、今の規模が適正とは言わないまでも、ここ小文間の基準ではやや危機的という状況で廃校するのはまだまだと言って良いかと思います。
勿論、小文間の基準が広い世の中で常識であるとは思いませんので、少人数の欠陥を補う工夫、人を増やす工夫は必要でしょう。
そのために、最近は学校との距離が開きがちな地域の皆さんや保護者が学校の運営に参加する事を制度化した文部科学省が提案しているコミュニティースクールの制度、も考えて良いかと思います。
文科省のHPにあり、文科省から指導員や職員等も派遣してくれるようです。>>>
田舎で、中一ギャップ(小規模小学校校から大規模中学校に進学したとき等の適応不全による不登校など)の解消をテーマにコミュニティースクール制度を採用しているところもあるとのことです。
コミュニティースクール制度は保護者、教育委員会、校長、地域住民などからなる学校運営協議会に一定の権限を持たせるものらしいですが、中学、小学校学校運営協議会を同一メンバーにするなどして、小中の連携を深め中一ギャップの対策が手厚くできるとのことです。
導入のための研究費(視察等25〜30万)も出るとのことです。
また、総務省肝いりの集落支援員という制度もあり過疎対策を支援するようです。>>>
こう言った制度を検討するなど学校を存続するために、役所、学校、地域住民、父兄などになにができるか
を、もう少し踏み込んだシュミレーションをしてそれがやっぱり不可能だという皆の納得が得られてからでも、廃校決定は遅くはないと考えるものであります。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 小学校
ジャンル : 学校・教育

Tag:つれづれに  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる