市議会文教委委員会 小学校の統廃合について

今日始めて、市議会の文教委員会というのを傍聴してきた。
もちろん、廃校問題。
文教委員の市議対教育委員会の役人の質疑応答は、どちらかというと市議の不勉強と緊張感不足で盛り上がらなくてつまらなかったですが、後半の、市民からの請願、陳情の代表者が出て意見を5分ほど述べて、その後、市議が質問するというのはなかなか面白かった。
陳情者=素人はもちろん、がちがち緊張して前から発言を練り上げてくるし、市議も、有権者には非常に気を遣って緊張感を持って質問する。
話の内容自体は説明会で出た内容を超える画期的なものではなかったが、その場が生き生きしてみんな集中する。議員、役人もちょっと応えたと思う。
署名者も多いとは言えないし、今回も請願者代表、陳情者代表合わせて8人ほど傍聴も10人ほどで現役父兄は私1人の高齢者ばかりだから結局それほどの力にはならないのだろうが、爺ちゃん婆ちゃんたち、かっこよくてちょっと悔しかった。
そして、9月ごろに、学校内や地域でも父兄、地元住民、議員、役人、先生参加で、各立場、各意見の代表に今回みたいにあらかじめ発言者にまとまったスピーチを用意してもらうなどすれば、かなり、意味と力のある議論が出来た気がする。実現はやはり難しかったとは思うが。
しかし、市民の陳情・請願にこんな意義があるとは、まるで知らなかった。

12日に議決だそうだ。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 小学校
ジャンル : 学校・教育

Tag:つれづれに  comment:4 

Comment

カデンツァ URL|
#- 2012.12.07 Fri22:45
願いが届くかどうかは難しいところもあるのかもしれませんが、やれるところまでやってみるというのは決して無駄ではないと思います。
市議さん達に住民の気持ちはきっと届いたのではないでしょうか。
今後の市政に少しでも反映されるといいですね。
ぎんよう URL|世代で分裂してしまう。。。
#F.S2sd/w Edit  2012.12.07 Fri23:22
そうですね、最後まで頑張るのは大事で、そこは爺ちゃん婆ちゃんたちかっこ良いなあと思ったんですね。
でも、アンケートや学校内での話し合いがi,全く出来なくて、ハッキリとは分からないんですが、現役父兄とは、おんどさがあり、どちらかというと、廃校合併賛成の人が多いかんしょくでした。
私自身は、ほぼ全ての説明会にでて反対の意見を言ってきたんですが大きな動きには、まるでならなかったです。
やっぱり、サッカーも出来ない、もうすぐで複式学級になる、女の子1人に男の子6(8だったかな)人のクラスが出来る恐怖の前に、先生、父兄、地域が話し合って、少人数の問題をプラスに変える工夫は大きな目で見ればメリットがあるとか、廃校になれば過疎が余計進むとか、競争重視の教育は古いとかの理屈はやっぱりむなしく響くのかなと思いました。
とにかくあんまりハッキリした声はほとんど聞こえませんでした。
子育て世代はますます余裕がなくなって来ていて、学校の運営について自分たちで考える事すら出来なくなっているのかもしれません。
地元の住民と父兄は分裂気味なんですね。
そんなこんなで、私自身は請願に署名はしましたが署名運動をするまでには積極的にはなれなかったんです。でも、なんだか、悔しいし、これで良かったのかなと言う思いはあります。せめて、学校内で議論する場作ることは本当に出来なかったのかとか。。自分1人だけでも父兄の名義で陳情(請願?)しても良かったかなとか。。。
C橋 URL|
#- 2012.12.08 Sat08:44
市議会で市民が意見を述べることができるなんて知りませんでした。
勉強不足の議員や緊張感の欠けたお役人にはいい牽制ですよね。
今回の陳情が反映されるかどうかは判りませんが意味のあることだと思いますね。
ぎんよう URL|陳情には意義がある
#F.S2sd/w Edit  2012.12.10 Mon08:23
c橋どの
ほんとですね。わたしも、共産党さんに勧められたのですが、行くまでは正直、あんまり意味がないのかと思っていましたし、140周年イベントと個展で忙しかったこともあったのですが、やったことないことをやるのが億劫でした。
今後活かせるかどうかは、自分の生活の余裕と相談ですが、今回はいろいろいい経験になりました。
市民が、同じ立場同志でしか、意見を言い合えないのは、日本人のいいところの裏返しでもあるのかもしれませんが、いい形で違う意見を述べ合う機会がないと、やっぱり、お上の言いなりになりやすいような気がします。そういう機会をつくるノウハウがもう少し研究されても良い気がしました。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる