スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

田中酒造個展のお知らせ

個展のお知らせです。
取手駅東口からすぐです。

PTAや廃校問題で大変で、点数はちょっと少ないですが、内容的には却って集中して割合充実していると思います。
まだ、焼いていないんで何とも言えませんが。

鈴木厚陶磁器展

1 1 月1 8 日( 日) ~ 1 2 月2 日( 日)

午前10時〜午後5時 月曜、祝日休廊


〜紋様ラプソディー〜

染付 青磁 掻落 陶彫

〒302-0004
茨城県取手市取手2-13-35 田中酒造店
店舗2F「やねうら画廊」
tel : 0297-72-0011
fax : 0297-72-0078

DM 1


田中酒造dm裏最終版


DSC_2870.jpg
素焼きの磁器素地を彫刻刀で彫っているところです。
青磁にします。
大抵の陶芸家は生乾きか、乾燥して全く火をかけていない状態でけずりますが、柔らかいんで作業中に角が持っている手で減ってなまりますので、それを一度低温(900度)で焼いた状態で私は削りなおしたり、素焼きから模様をつけ始めたりします。
刀は圧倒的ハイス鋼(電気鉋の刃等に使う硬い鋼材)のが摩滅しなくて良い。
なんたって天草陶石は砥石になるんですもんね。
木を切るには最高の、切って硬くて研いで柔らかい炭素鋼の彫刻刀もよく摩滅するわけです。

545440_417098128344119_137323688_n.jpg
模様をつけおえたところ。
これに青白磁釉を掛けて1285℃ほどで還元焼成して出来上がり。
関連記事
スポンサーサイト

Tag:陶磁器  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。