aufheben展終了

aufheben展終了致しました。
暑い中、小文間というjr常磐線取手駅からバスでまた出かけなくてはいけない所にまでおいで頂き、買って下さった皆様ありがとうございました。
以前は、ご購入の皆様全員に一枚、一枚礼状をしたためたものですが、以前にもまして、一点、一点の制作に時間がかかるようにになり、また、多少発表の機会が増えて参りましたうえに体力は衰える一方、まるで時間の余裕がなくなって書けません。
今回は鈴木智氏との二人展でしたが、私個人の作品について申し上げると、日常雑器に暗くて脂っこい個人的世界観を盛るのは、使い手も楽な気分ではないだろうし、無駄な努力の気もしますが、彫刻や絵画をやっていた自分から見ると現代彫刻風の作品的陶芸は多く作られていますが,雑器での自己表現はまるで手つかずの新鮮な分野に見えます。。
大変ですが、印象派が誕生したときもかくありけむ、の大志で頑張ろうと思いますのでまたよろしくお願いします。

DSC_2111_20120810201730.jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:美術・彫刻・絵画  comment:2 

Comment

江戸川台のきょん URL|”母校のOBつながり”なんて・・・
#pYnNxVVQ Edit  2012.09.01 Sat20:29
 やあ、会期も終わり間際に寄らせてもらったけど、
おしゃれな空間に、平日にもかかわらず、何組もお客さん。
しかも、”母校つながり”だなんてねえ。M山先生のご活躍振りの
話題とかも。

 皆さま、何だっけ? 絵柄がイスラム風? などなどのご意見、
ご感想を、色々伺うことが出来て面白かった。
 私自身、空が”狭い”だ”広い”だと、好き勝手に申し上げて
いるからなあ。

 それと、市原から車での行き帰りの風景。 何回目かだけど、
悠久たる利根川沿いの田園風景は素晴らしいねえ、脈々と水を湛える
川に「瑞穂たる国」というか。

 水田のある風景は共通しても、全体の雰囲気は違うんだよね、
「上総地方」とは。 その後の「ご旅行」についても、聞かせて
下さいな。
ぎんよう URL|Re: ”母校のOBつながり”なんて・・・
#- 2012.09.02 Sun07:57
今回の集客は、一般的に言えば良いとは言えないが、8月であること、交通の便が悪いことを考えれば相当に良かったと思う。
美術における線とか色とかは割とひらかれたもので、真似しやすいし、「イスラム」とか「空が狭い」世界に自分が実際に行ったり、言語を覚えたりするよりは遙かに能率的にいける。勿論個人的感性の問題だが。
そうだね。同じ関東平野でも、利根川のほとり、台地的な上総とは随分違うね。同じ川でも江戸川の流山は随分と違う。東北は、家内の芸のおかげでどこでもご馳走してもらったり、泊めてもらったりで楽しかった。観光はまるで出来なかったが,被災についての話しも随分聞けた。
しかし、石巻の瓦礫は凄かった。やはり、現場に立って、そして帰って来て当時の映像を見たりすると、衝撃は倍加する感じはあるね。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる