aufheben(アウフヘーベン)atsushi suzuki & satoru suzuki 展覧会のお知らせです。

展覧会のお知らせです。

爺ちゃんが兄弟同士の親戚にして、焼き物のお師匠さんとの2人展です。

Aufheben
Atsushi Suzuki & Satoru Suzuki
似てるようで、似てない、似てないようで、似ている二人の陶磁器展
会期:8月3日(金)〜8月26日(日)
営業日:金・土・日・祝日のみです。
会場:omonma tent 
住所:茨城県取手市小文間4154-4
アクセスの詳細はこちら>>
電話:0297-63-3533
E-mail:trap@kb.main.jp
営業日:金・土・日・祝日
営業時間:11:00-18:00 まで

大体、会場にいますが、いないときは近くですのでご連絡頂ければ参上します。
5日は午後4時半頃からいます。
25,26日は欠席。

スキャン 10

鈴木智作品はこちらでご覧下さい。>>


私の新作はこちらで>>


DSC_1956.jpg
染付大壺 高さ40CM
DSC_1955.jpg
同別角度


DSC_1992.jpg
DSC_1989.jpg
DSC_2027.jpg
DSC_2002.jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:展覧会・展示会情報  comment:6 

Comment

ぴょろ URL|
#- 2012.08.02 Thu10:19
いろいろ見ると、こないだ買ったのよりよく見えて困っちゃう。
銀 URL|奇貨おくべし
#F.S2sd/w Edit  2012.08.02 Thu11:09
アハハ、そう言うもんです。
ドンドン買うしかないですな。ワッハッハ。
しかし、あれは、絶対に良いですよ。作者が正直に言っているんだから間違いない。
カデンツァ URL|
#- 2012.08.07 Tue15:01
今回新しい感じの作品もあるみたいですね。

昨年いただいた作品に、一昨日の発表会でもらった花たちがたくさん入っております。

ご盛会をお祈り致します。
ぎんよう URL|全体的に見ればやっぱり供給過剰
#- 2012.08.08 Wed04:46
ありがとうございます。
しょっちゅう、心苦しいです。お使い頂いて嬉しいです。
今回は、壺は今までどおりですが、セーターみたいな器は、割合、リラックスして作っているので、見る人も入りやすいかもしれません。
ぴょろ URL|やっぱり
#- 2012.08.16 Thu21:11
ほーらね。
行くと買っちゃうと思ったんだ…
お言葉ですが、この見込みの色は
較べたやつより素敵だと思います。
今、見ながら改めて「私は作家より目利きである、えっへん」との思いを強くしております。
今日はまことに、ご指導ありがとうございました。
ぎんよう URL|目利きのピョロ先生
#F.S2sd/w Edit  2012.08.16 Thu22:11
わっはっは!
毎度ありがとうございます。
あれは、熊本の天草の山から出た陶石を砕いて練った磁土にベンガラを擂ったのを練り込んだ素地で、木灰の釉と組み合わせると複雑な色合いになるのね。その組み合わせでやっている青磁を他で見たことはないです。
また、しばらくしたら、師弟コンビでやってきて下さいな。
婆(義母)ちゃんがしきりに面白い二人だ、楽しかったと喜んでおりました。
出来上がりをお楽しみに。思ったより充実した内容の出来で教師として鼻高いです。えっへん!
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる