スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

長い一日

今日は長い一日。
まず、小学4年の授業参観。飾ってある子供たちの感動的な絵を鑑賞して、家に帰り昼食後、また学校へ行ってPTAの委員会の司会。。
委員会では、昨日の中枢会合で決めた秋の芸術鑑賞会の演目を承認。
私の紹介した一人芝居はまるで人気がなくて、ウチの長女が顧問の悪口雑言と体育会的練習の長さで体調を崩し、私が顧問と大げんかして退部した中学(県大会銀賞)のブラスを呼ぶことに。
あまりに大嫌いだと、動揺するし自分の私怨のような気がして反対できないと言うことが分かった。
「あ、そ、それで良いんじゃないですか~。」
まあ、ちょっと訓練されたブラスならその場は盛り上がりはするだろうし、準備作業のこと、経費等いろいろの条件を考えれば候補の中ではこれでよし言うのはPTAとしては妥当ではあると思いはしたのだが、
芸に関わるものとして、部活としての優秀さは芸術性とイコールでは無いぐらいのことは言っておいても良かったと後味悪い・・
引き続き、ついに、公表された我が校の廃校、合併(正式には市議会の議決が必要)計画についての説明会に出席。
やってきた市教育委員会のトップ連には、昨日の会合で遠慮した反省もあって、いろいろしつこく質問。
誰でも聞く常識的な疑問を言ったつもりであったが、合併するとどれくらいお金が節約になるかとの質問には失笑が。。
変かな。教育的に少人数過ぎることの問題だけで合併の必然性を語っていたが、お金のこと全然触れないのがどうも白々しい気がしたのだ。人件費は県なので、市としては大体年に3000万くらい浮くとのことであった。ちなみに、保育園(市立?)を一つ無くすと1億以上浮くらしい。
役員のお母さんの中には早く合併した方が子どものためになって良いという意見もあった。多分それの方が正しいのだが、オヤジとすると140年もこの田舎の地元の人に土地を提供されたりして大事に守られてきた小学校を潰す時にはそれなりの覚悟を見せて欲しいという気持ちはあった。教員、PTA役員もとんでもなく大変だし。
この、昭和30年代に立てられたレトロモダンの校舎はすきだ。


IMG_0798.jpg
生徒さんの絵小4
IMG_0796.jpg
もう一丁生徒さんの絵。
いつも驚かされるrくんの絵。
IMG_0800.jpg
校舎内に飾られている以前の卒業記念作品。面白い。しかし、昔はこんなにたくさん生徒が。。。
IMG_0802.jpg
その細部。20世紀初頭のモダンアートみたい。おもろい!
IMG_0807.jpg
昭和30年代に立てられた平屋の旧校舎。建築として良いのかはよく分からないが、丁寧に設計されているし、この昭和の味がたまらん。落成当時、評判になって、全国から見学者が訪れたそうだ。
IMG_0806.jpg
多分図書室の外観。このように房状に各部屋が飛び出している。その後にどこでも立てられ始めた鉄筋の四角い校舎の前には公立でもこういう創意のある校舎が建てられたこともあったのだ。
IMG_0809.jpg
中庭。
IMG_0810.jpg
旧校舎に飾られている以前の生徒の絵。これは、ウチの近所の神社。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

Tag:つれづれに  comment:3 

Comment

ぎんよう URL|どうもありがとうございました。
#F.S2sd/w Edit  2012.09.09 Sun19:46
お忙しいところありがとう!
設計者は長倉康彦って言う人なんですね。
まあ、おっしゃるように、宇宙人と交信するような超能力的力は感じませんが、迷路みたいで、懐かしい感じが、古いと言うこともあって、気持ち良いんですね。まあ、私とすると、耐震性を理由にするのは役所の常套手段であると言うこともあって、質問してしまいました。
しかし、今のところ、その話しを教育委員会は出しませんでした。旧校舎を残さないと廃校に応じないみたいな条件闘争はさけたいみたいですね。

今日地元説明会に行ってきたのですが、父兄向けよりも遙かに人が集まりました。
今日集まった、地元の意気軒昂な爺ちゃん婆ちゃんはやっぱり、明治6年から有る地元のから精神的な支えでもある小学校が消えるという寂しさ、廃校で過疎に拍車がかるだろう事、子供を遠くまでバス通学させることへの抵抗、財政的な理由への抵抗、時代の流れと教育委員会は言っていましたが過疎、少子化という多分に失政のつけが子供にかかるのがどうも解せない、少人数教育は却ってよい等の理由で廃校に反対です。
私も、概ね、爺ちゃん達と同意見です。
しかしながら、お母さん達の中には、はやっぱり、少ない所でノンビリ大きくなると、社会性に問題が出る、あるいはそのために中学進学後に問題が出たと考える人も多いんですね。
となると、やっぱり、このまま少人数で行くとなると、工夫して他の学校との交流会や地域の方との交流等しなくてはならない。
しかし、小規模校は職員の負担が大きいから、学校に任せないで、父兄も頑張らなくてはならない。しかし、この不景気で、親たちは共働きで、学校に子供を任せるしかないしかない。となると、地元でリタイヤした元気で暇な爺ちゃん達の力を借りたい。しかし、これを組織する人間がいない。おいらは、グローバリズムに一矢報いるためにも、ホントはやってみたいんですが、貧乏暇無しでちょっと無理で、説明会で文句いうぐらいしかできないというのが現状なんですね。
実際の父兄は,今日も、この間の父兄対象の説明会にもあまり来なかったんです。
 URL|
#- 2012.09.10 Mon22:07
いい建物だと思う。地域でそのまま使えばいいのでは。
数十年後に小学校にもどってもいいし、
幼稚園と老人館との併設でもいいし、
使い方はなんとでも。

9日の最後の1行は消しておいてくださいな。
アドレスだし。
ぎんよう URL|Re: タイトルなし
#F.S2sd/w Edit  2012.09.19 Wed21:27

> 9日の最後の1行は消しておいてくださいな。
> アドレスだし。

あ、ゴメン、でも、人のコメントは編集出来ないんだ。

以下、東さんよりのコメントですが、最後の一行残してコピペしておきます。

タイトルなし
遅くて意味なくすみません
1。google>取手小学校合併 で教育委員会の資料、共産党の、2ゃンネルの、と見ました。
2。小文間小学校画像 では不動産屋の写真が二枚だけ
3。設計者の名前はわすれて首都大学教員一覧みても思い出せず。
4。2から一般的な建築バリユーはすごく高いとはいえない。?
5。
a 。1の全体計画をひっくり返す。のか、
b。地域の親として子供をあそこで学ばせたい。のか、c。違うかたちでも建物を残して地域でつかいたい。のかで、いろいろ 方策が違うかなとおもいます。
6。耐震補強計画+工事見積はまだないのかも
市の予算なら、調査委託の予算がある筈 教育委員会だと判らない開示義務がないかも。
7。わたしの雑感ではcかな〜、でも最初はbで、そっからaに行って、。最終的のcとか

9月9日
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。