展示会のお知らせです。 =寛ぎお茶時間=暮らしの器花田

1104saiji.jpg

(以下ギャラリーHPより)
寛ぎ お茶時間
仕事のはじまりは コクのあるコーヒー、
美味しい食事のあとの味わい深い日本茶、
仲間との話に花を咲かせる香り高い紅茶、
そんな至福の時をより充実したものにするうつわ、
花田が自信を持ってお薦めする作者が演出します。

■開催期間・場所
期間 : 2011年4月27日(水)~5月7日(土)
場所 : 「暮らしのうつわ 花田」 2Fギャラリースペース
(Tel: 03-3262-0669
九段下」駅 下車。2番出口を出て九段坂を上る。徒歩7分。)

■展示内容
器:ポット、急須、湯呑、マグカップ、フリーカップ、菓子皿、フルーツ皿、コーヒートレー

■出展作者
正木春蔵、イムサエム、花岡隆、中村久一 他
異色の注目新人鈴木厚(染付)、松本芳実(土もの)が初登場します
(以上DM=ギャラリーHPより)
アクセス等詳しいことはギャラリーのHPでご覧ください>>>


私は、新作の小品(ティーポット、マグ、湯呑み、角皿、カフェオレボールなど)30数点、鉢など少し大きなものは、ちょっと前の代表作を数点出品しています。(そんなにたくさんは店頭に展示されはいませんが。27日記)
今回の窯は、釉の厚さ、呉須の濃さ、焼成は還元の濃さなど、仕上げに関することをもう一回最初から考え直して、少し変えて非常に不安だったのですが、つきつめた内容にはなったとは思います。
釉はボーメで0.8ぐらい薄く(施釉時に全部で葉書一枚強ぐらいの厚さに掛かる)、呉須は濃くてごく細い線、焼成は還元を少し濃いめです。
高島屋でも一緒だった松本芳美さんも出品。
今回は、お店にお任せするので、何日かは行ってみると思いますが、当番的には会場にはおりません。



DSC_0765.jpg
五寸角皿、いつもよりシンプル。

DSC_0772.jpg
定番の湯呑み ひまわりとガクアジサイ。このパターンでは究極。

DSC_0745_20110425165545.jpg
輪花の小皿。今回初めてのパターン。多分出品。

IMG_4233.jpg
ティーポット。DMの作品。
IMG_4169.jpg
去年作った鉢。
裏もぴっちり模様あり。
IMG_4118.jpg

DSC_0759.jpg
マグカップ、今回の窯

番外編、
以下出品しないのですが、同じ釜で焼きました。
下の青磁は、三回目の窯で、計七〇時間ぐらいの焼成です。
色がさえて、陥入が減りよく模様が見えるようになりましたが、かなり釉が溶けて下の方に流れています。
DSC_0754_20110425165546.jpg







関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:展覧会・展示会情報  Trackback:1 comment:9 

Comment

シド工 URL|
#- 2011.04.26 Tue06:26
輪花の小皿!これいいですねぇ!!バチッときまっててカッコイイです。
ぎん URL|シド工さま
#- 2011.04.26 Tue07:46
どうもありがとうございます。
シンプルな絵柄で自分なりに納得できたのは今回が初めてぐらいで、ちょっと描いていて嬉しかった作品でした。
角皿もそうなんですが、平面的なところに、普通に描くと絵と同じになるので、二〇年前8年ぐらいやった絵描きだった自分としては、恐怖感があるんですね。
染付では模様的に要素を一つの絵の中で、例えば同心円的に繰り返してやっと何とかなるという感じでした。
陶芸家は一般的には数をたくさん描いて調子を出していく感じがあるんですが、こういう風にシンプルだとそれも出来やすいし、焼き物屋の心が少し分かった気がしました。
まあ、もう少しでかいと、これでは、またきつくなってくると思いますが。。。
すんません、自分のこと長長かいてしまいました。

洒落陶 URL|
#- 2011.04.26 Tue11:37
順調に製作されているようですね。
こちらは、今度の事件で呆然としてしまい、
春の公募展二つほどパスしてしまいました。
轆轤でも、百個ほど作ったら調子が出てくるのですが、最近は百個以上作ることは、すくなくなりました。
ぎん URL|洒落陶様
#F.S2sd/w Edit  2011.04.26 Tue15:47
どうもお久しぶりです。
忙しかった上に子供が入院したり、いろいろ大変でご無沙汰してしまいました。
今回の窯焚きは余震の中ですので、崩れないよう少ない荷を低く棚板を組んで下の方に固めました。
すると、窯の穴から出る還元の炎の出方がちょっと変で凄く不安でした。
どうも、ダンパーの数字ではかなり濃く掛けているつもりが、炎が勢いが無くて判断に迷いました。
開けてみると、まあ、ちょうど良く掛かっていたのですが、上下のゼーゲルを見ると上下の温度差がいつもよりある感じでひたすら?が残りました。
私の場合、百個はちょっと無理ですが、数を作れてなおかつ元変人彫刻家としての部分もないと生き残れない感じはしているのでまた頑張ろうと思います。
ところで、ゼーゲルの工場が原発近くで操業できなくなっているという噂を聞いたのですが、そちらではいかがですか。
洒落陶 URL|
#- 2011.04.26 Tue16:53
こちらで問い合わせたら、やはり日本でゼーゲルコーンを作っているところは、そこだけのようで、立ち入り禁止区域内にあるようです。私は、SK9番を使っています。在庫は、少しあるようです。ご入用だったら、買っておきますが。

洒落陶 URL|
#- 2011.04.26 Tue17:16
追伸。歩いて数分の処に資材屋さんがあるので早速SK9番を買ってきました。
前と一緒だろうと思い一箱(50本入り)を
もってきて、請求書を見たら、以前の3倍ほどの値が付いていました。なんだかねー。
ぎん URL|洒落陶さま
#F.S2sd/w Edit  2011.04.26 Tue18:03
ありがとうございます。
値段が三倍となるとびびりますが、一本しかたてないときも多いし、8本もあれば今年いっぱいは軽く大丈夫だと思います。
そのうちどこかで作り始めますよね。
今、一本もなくなったので、お言葉に甘えてお送り頂けるとありがたいです。私もSK9です。
しばらく、本焼成はしないので、ゆっくりで構いません。
洒落陶 URL|
#- 2011.04.26 Tue18:43
了解しました。
ぎん URL|洒落陶様
#F.S2sd/w Edit  2011.04.26 Tue19:55
われわれ、一人で焼き物を作っているものにとって、産地の方からのご協力とても心強いです。
甘えないよう気をつけますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

あなたの自宅が陶芸教室になる!

陶芸教室のレッスンプログラムをまるごとあなたの自宅にお届けします。 初心者のための本格陶芸講座(DVD付) - 2011.05.01 14:20

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる