スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

高島屋展示会終わりました。

展示会終わりました。
お客様、改めて御礼申し上げます。

もちろん、自分の我が儘な作風とこの景気、ハイソでコンサバな会場での結果は悲喜こもごもでしたが、相棒の矢沢光広さん、松本芳美さんと凄く気が合って毎日楽しかったですし、途中、飲みのダシのような気もしますが、高校時代の仲間が一席設けてくれたのは、ちょっと偉くなったような気がして嬉しかったです。

15027829_1012688523_138large.jpg
15027829_1012688566_160large.jpg

それと、近くのスペースで有田の大串惣次郎窯・大串真司さんが染付の実演をしていて、これは、勉強になりました。
なにを隠そう、完全独習で染付を覚えた自分は、生徒さんや家族を除き、他人が染付をしているのを見るのは初めての経験です。
ダミという素焼き素地の上に薄く溶いた呉須を流すように描く特殊技法を始め、いろいろ快く教えてくれる気の良い真司おにいさんには、私の使っている丸山雄進堂の赤小軸イタチ面相をプレゼントしてしまいました。
大串さんのhpはこちら。
>>>>





関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  Trackback:0 comment:10 

Comment

イワノビッチ URL|ごくろうさんでした
#- 2011.03.02 Wed23:11
ごくろうさんでした。
智さんとこでもマグカップ購入。私は晩酌やらないのでマグカップにコーヒーをいれ、チャンネル権のない居間を早めに退散します。仕事場でマグカップのコーヒーちびちびやります。
智さん、我がアトリエにきて、銀窯マグカップでコーヒー。私は元窯のでコーヒー。
値段を聞き、この絵描いてたら手間でないだろうと言ってました。
シド工 URL|
#- 2011.03.03 Thu06:13
お茶碗毎日使っています!少し緊張しますから、お上品に食事するようになりました。(笑)
ぎんよー URL|Re: ごくろうさんでした
#F.S2sd/w Edit  2011.03.03 Thu15:52
ういっす!ありがとうございました。
ご愛用頂いているようで。。
手間はですね、一日5客くらい染付出来て、成形、施釉、焼成、材料費等、入れると、日当一万強というところだと思います。
マグは、6客越乃寒梅でした。
しかし自分では、景品のスヌーピーマグを愛用中です。

ぎんよー URL|しどこーどの
#F.S2sd/w Edit  2011.03.03 Thu15:59
ご愛用、感謝です!
その後、体調は回復しましたか。
ご飯をもりもり食べて、元気になってください。
わたしは、本日、笠間の5月の個展をやってくれる画廊に行って参りました。
彫刻家時代はほとんど無い体験で緊張しました。貴君は彫刻家としてでもそう言う場面がありそうで偉いです。
それにしても、笠間は山の中で花粉が凄かったです。
カデンツァ URL|
#- 2011.03.04 Fri12:57
お疲れ様でした。いただいた作品、大事に使わせていただきます。

>他人が染付をしているのを見るのは初めての経験です。

焼き物だと、他のアーティストが作品を仕上げる過程って意外に見ないものなのでしょうね。
(演奏家の練習風景は普通見られないのと同じかもしれません。)
完全独習というのも想像できないですが、、(すごい!)
他の人のやり方を見て、イメージを刺激されることもあるでしょうね。
ぎんよー URL|カデンツァさま
#F.S2sd/w Edit  2011.03.04 Fri17:16
この度はいろいろ本当にありがとうございました。
まあ、人に全く習わないというのも褒められたことではないのですが、現在は非常に情報は入りやすい時代なので、独習できる範囲は広がっているとは思いますが、技術的にもの凄く洗練されることの要求されるフィールド(模様一つ無い青磁や普通に一つだけ花を描くような染付とか)には近づかないです。
もちろん、そこが、嫌だという人もいるし、ユニークだと言ってくれる人もいます。
産地の方は仲間や先輩の技術を盗んで覚えるので、あるレベルまでの技術的な習得は早いと思います。
> 他の人のやり方を見て、イメージを刺激されることもあるでしょうね。
そうですね、今回、広い面積をムラ無く塗るダミを見て、ちょっとやってみたくなったのですが、それで、また変わると思います。
展開は、やっぱり技術的な発見でするものですね。
特に、自分のような、作りながらしかイメージが湧かないタイプは新しい技術は非常に重要です。

ところで、花粉症は大丈夫ですか。
私は、もお、グズグズで、風邪と一緒です。う~。
昨日、個展の画廊に打ち合わせで笠間に行ったのですが、あそこは山の中で花粉が多い気がしたのですが、一挙に悪化しました。
健康にお気をつけて練習頑張ってください!
カデンツァ URL|
#- 2011.03.05 Sat13:01
なるほど。私は作曲家の方の話をよく聞くのですが、
先人の智恵をたくさん勉強して洗練されても、
必ずしも自らのオリジナリティーが形になるべく沸いてくるわけではないので、とてもつらいのだそうです。
畏敬の念を抱く先人が多い分だけ、現代人はつらいのだとよくおっしゃっています。

この冬は、首筋や足元の寒さに鼻炎の症状が過剰反応するようになり、
慌てて薬をもらって来て、今は落ち着いています。
私のは花粉症ではない(たぶん。)と思い込んでいるのですが。
今年は、飛散量がすごいらしいですね。お大事にしてください。
いつもお気遣いありがとうございます。目の前ですが、、がんばります。
ぎんよー URL|カデンツァさま
#F.S2sd/w Edit  2011.03.05 Sat18:59
>先人の智恵をたくさん勉強して洗練されても、 必ずしも自らのオリジナリティーが形になるべく沸いてくるわけではないので、とてもつらいのだそうです。
暖かいコメントありがとうございます!
古典の凄い部分というのは、割合、焼き物では普通に古典を写す仕事をする習慣があるのですが、やっぱり、技術的、内容的に相当高いところに行ったとしても、やっぱり時代が経って、高い評価を得ている現代で同じようにやってもどこか違ってしまう、追いつけない、という感じが、私にはあるんですね。
彫刻や絵をやっていた頃から、自分的には、古典を心の片隅に意識しつつも、ちょっとずれた、もう全然古典と関係ない卑俗なところで適当に始めたことの方が案外いくらかは古典に近づける感じはしていました。。
その時に、期せずして出る匂いのような何かは、オリジナリティーなのかどうかは別として、何か自分の心の支えではあります。
>畏敬の念を抱く先人が多い分だけ、現代人はつらいのだ
ホントに!
前もお話ししましたが、オリジナルの形で、土の中からまで、どんどん出てくる美術の偉大な先人の多さは絶望的に凄いです。
音楽にしろ、美術にしろ、情報が高度に行き交うと身近にいる先人が増えますね。
自分で作っているから、その、面白さや良さがヒシヒシと分かって、楽しくもあるのですが、辛いんですね。

お互い、目のこすりすぎ、鼻のかみすぎは、悪化させるので気をつけて、この季節をクールに乗り越えましょうv-17

洒落陶 URL|
#- 2011.03.10 Thu13:11
銀さまも花粉症でしたか。私もなんです。
私の場合、咳が出てしまいます。夏風邪にしては、変だと思っていたのですが、昨年発症
以来久しぶりに薬を貰って、飲んだら良く効いて納まりました。杉、ひのきが工房の間際まで迫っているので、葉っぱや枝が屋根に落ちて、雨どいがすぐ詰まります。町有林と国有林なんですが、手入れも、あんまりしてない感じなんです。
ぎんよー URL|洒落陶さま
#F.S2sd/w Edit  2011.03.10 Thu18:04
洒落陶さんお久しぶりです。
薬効きましたか。
私はもう長いのですが、10年ほど前に、薬を呑んだら異様に眠くなったので、医者に行っていないです。
最近の薬は、あんまり眠くないらしいですね。
今年は、花粉が多いと言われていますが、例年の何倍という感じはしないですが、やっぱり酷いようですね。
目が、非常に痒いし、鼻もムズムズです。
なんだか、釉の粉なども悪い気がします。
こう書きながらも、鼻がタラーリ、クシャミも。。。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。