スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ライオンの夢と堀切和雅君著の新刊

最近いろいろ夢を見て、よく覚えている。
日本代表の本田君とお友達だったりもするし、年甲斐もなく◯◯ちゃんが出て来て色っぽい関係にみたいのもあって嬉しいのだが、それはさすがに恥ずかしくてちょっと書けませんで、こないだのは、どういう訳か家でライオンを飼っていて畳の上をノソノソ歩いているというもの。
どうやら、家内がワンワン、ニャンニャンがどうも苦手なお父さん=小生に何の断りもなく子猫のポペコを抱えて来た(これは実話)と同じように勝手にライオンを家につれて来たのだ。
一応ペットという設定なのだが、やっぱりデカくて恐ろしく、こいつ、いつか俺のこと喰うな。嫌だな。と思っているのであった。

もともと、何頭ものライオンが千葉の生家の近くの広場や道にたたずんでいて、遠巻きに気づかれないよう通り過ぎたり、追いかけらてヒマラヤみたいな雪山に迷い込んだりする夢は時々見ていたのだが、猫を飼うようになって獣に対する恐怖心が幾分和らいだらしく、このごろはこの取手の家の中でライオンを飼う夢になったに違いない。

で、もともと臆病な事に加えて、ワン、ニャン、ケモノが非常に嫌いになったきっかけとして、犬にも猫にも喰いつかれた経験がある。
犬には美大生時代に、カノジョに長電話をした電話ボックスから出たところを、警察犬崩れのセパードにがぶり。
当時の長電話の常で、ポケットに公衆電話にいれるためのたくさんの小銭を用意していたのだが、偶然そこをかんでくれたおかげでケガはしなかったが、恐ろしかった。
あの、殺気。でかくて生臭い口。俊敏な前後左右への動き。
近所の土建屋のオヤジが引き綱から離して夜の散歩をしておったのだ。
余計アタマにくる事に、ポチだかコロだかのかわゆい名前で呼んでおった。

猫は、30年ちかく前だろうか、六本木に当時は岩波書店勤めで劇団主催者でもあった友人と二人で、でかけた時の事。
当時の景気で港区にあったビール会社直営のビアホール(ハートランドだっけ?)のPR紙に二人の若き表現者という触れ込みで、ちょっと載せてくれるということだった。
そのビアホールからの帰り道に車にはねられたばかりの猫が。
近寄ってみると、まだ生きている。
ムツゴロウファンで動物好きの友人は、その猫を動物病院に連れて行き(一緒にそこまでは行った覚えがある)高給にものをいわせて、しばらく入院させたあと真新しいケージに入れてジャガーだったかの外車に乗せて我がアトリエに持って来た。
仕方がないので、カツオのアラを買って来てケージの格子越しに喰わしておったのだが、私の指にも一緒に喰いつきおった。
指に穴があいて血がちょろり。
セパードと違って殺気はないものの、なにげにプスリと穴を開けるスモーキーな運動能力にぞくっと来た。
あれは、カツオと間違えたと見せて、やっぱり、わざとだな。人間の本能で分かった。
最近、猫を飼ってみて分かったのだが、猫は、噛んだり、引っ掻いたりの力加減を実に繊細にコントロールできるから、やっぱり間違えるなんて事はないと思う。


前置きが長くなりましたが、そのときの猫を助けた友人であるところの堀切和雅君が今度本を出版したので、紹介します。
horikiri.jpg
>>>>Amazonなぜ友は死に、俺は生きたのか


実は感想を2~3日がんばって書いてみたのだが、どうも小学校時代よりの親しい友人の本については本当に書きづらく、いくら書いてもしょぼくなってしまったのでカットします。
友達として思い入れはあるし、売れてほしいし、テーマは重くて微妙だし、こと表現に関しては自分にも一家言あるし、文章が込み入ってくるばかり。

一つだけ書いておくと、この本は、彼が直接会って話を聞いた人を実名で登場させて論を進めているのだが、実際に会って共感を持って話をした人(恩師、恩人まで登場する)について書くのは辛いだろうな、こんなに面白くまとめあげるのは大変だったろうなと、堀切君の本についての感想を書いていてつくづく思った。
大変な力作ご苦労様と言いたい。

特に、トーカツ78卒の方は是非ご一読を。


関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

Tag:読書(文学)  Trackback:0 comment:6 

Comment

イワノビッチ URL|
#- 2010.10.19 Tue18:08
 最近、まったくパソコン依存症で、パソコンの画面が夢に出てくる。今朝はオークションで千代鶴に入札する夢をみて、目が覚めてもまだ寝ぼけて、早くパソコンをみなければと思ったぐらいだ。
 夢には意外な人がでますね、潜在のそのまた他のような。階段教室で私のとなりに座ってきたユンソナが机の下で手をにぎってきた。あと、リクルートスーツ姿の坂下千里子に結婚してくれといったら、いいよ!と言ってくれた。
 ユンソナも坂下千里子もそれから好きになりました。
ぎんよう URL|イワノビッチどの
#F.S2sd/w Edit  2010.10.19 Tue18:23
わたしなど、森高千里さんに「結婚してください。」と言われたが、「自分には、妻がいます。」と泣く泣く断った経験まであります。
全部覚えていたら凄いだろうな~
コマゴユキ URL|うはははは
#- 2010.10.19 Tue23:11
お久しぶりです!!
(テッチャンはこないだ逢ったみたいだけど)

夢、めちゃめちゃいっぱいヤバい夢観ますが、人には話せない......(汗
夢の中で、美味しいものも食べられ味わえますし、モノの匂いも嗅げますし、あらゆる感覚もありますんで....やばいっすよ。
究極、夢の中で♡も出来ます。(わ~お♥

ちなみに、私は猫は完全アウト。あんな極悪な奴らはいない。(怒
犬は、あんないい奴らはいないよね!くらい好き!!
犬はさー、こっちの事、解ってくれる訳よ。
犬に、「解ってくれる?」ぐらいの気持ちで、自分の匂い嗅いでもらったら....犬はきっとコチラの状況を解ってくれるって!!
是非、やってみて!!!

ぎんよう URL|Re: うはははは
#F.S2sd/w Edit  2010.10.20 Wed07:58
お、コマゴ夫人!旦那の作品でよく酒呑んどりますぞ。
あのグループ展は長瀬君も永井さんも旦那も、みんなひとかどで面白かったな~
夢ヤバいよね。匂いもあるし味もあるのは凄いね。
勿論わたしは総天然色です。絵描きだからな。
ラブ&エッチなのもありますが、大抵最後のところで邪魔が入ったり、細部は省略しますがいろいろな事で上手く行かないんだな。

お宅の鶏、猫に喰われるんだってね。
猫の飼い主を代表してすんません。
しかし、猫というのは何も出来ないくせに人間の生活に入り込む能力だけは凄いんだな。
顔が可愛いし、キレイ好きだし、気まぐれだし、喰いついたり引っ掻いたりの力加減のコントロールは完璧。
決して飼い主に本当には嫌われないようにする。

犬はどうしたっておいらの事が嫌いみたいで、近くを通ると必ず思いっきり吠えるやつが多い。
なんか、なめられてからかわれているみたいな気がする。
動物の絵や彫刻随分作ったし本当は好きなんだと思うのですが、いろいろな運命で上手く行かなくなってしまいました(笑)
まあ、今度近くのでかい犬に気持ちを語りかけて分かってもらってみます。
イワノビッチ URL|
#- 2010.10.20 Wed14:00
 堀切氏の著作については、同年齢からくる共感でクイクイよませてくれたが、学徒出陣、特攻隊というのは、わたしにとって、どっちかゆうと苦手な話題ではある。
 その後、ウィキペデアの薄い情報で戦陣訓などを調べたんだけど、島崎藤村が関わっていたとは知らなかった。それから検索は、日系人部隊442連隊にすすみ。これにはまいった。ウィキペデアを読んだだけで泣けた。
ぎんよう URL|イワノビッチさま
#F.S2sd/w Edit  2010.10.20 Wed17:37
ちょっと書きづらいテーマについてコメントありがとうございます。

堀切くんの文章はこなれていて読みやすいですよね。
自分とすると、何か問題から一歩身を引いてシニカルというか悪ふざけしながらものを言うというのが作品では主なのですが、この本を読んでやっぱりそういうふざけた人間はやっぱりちょと恥ずかしいのかも知れないと思った。
アホな立場にいると自由で情報量の多さをはるかに楽しく処理できる感じがするので、今更やめられませんが、恥を知っとくべきだとは思った。
まともじゃないですか、この本は!
ところで、我々は戦後14年目の生まれですが、ウチの子供が12歳だから、ほんとに敗戦後すぐの生まれなんですね。
今に成ってそう思いますが、当時は戦争は遥か昔の事と思って育った。というか、つい最近までそう思っていました。
なんなんでしょうね、考えさせないようにする何かがあったのか、自分がアホだったのか。。。。
今になって、のらりくらり多少考え始めているのですが何だかちっとも分からないというか、基本的な知識も不足しているという感じです。
それを自分のアタマで考えるというのはもの凄く大変で、辛い事なのだろうなと思った。

442連帯のウィキよく出来てましたね。わたしも泣けました。
戦陣訓藤村関わっているのですか?軍人勅諭でなくて?
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。