今年の初窯

皆さん、お久しぶりでございます。

ちょっと忙しかったこともあったのですが、去年の暮れにかけて、自分にしてはかなり更新したので、しばらく良いかなと思ってさぼっていたらば、どうも記事を書くのが億劫になってしまいました。

しばらく書かないと過去に書いた恥ずかしい記事がほんとに恥ずかしくなりますな。。。

以下、今年最初の作品です。

まず、お茶道具を数点。

一閑人蓋置き。
IMG_3240.jpg

茶碗今回は平茶碗でなく見込みの広いものを作りました。
IMG_3446.jpg

内側も描いた方が茶碗らしく見える。
IMG_3425.jpg
IMG_3294.jpg


少し歪まして沓茶碗風に。
IMG_3410.jpg

エスプレッソカップ
IMG_3460.jpg
コーヒーカップ
今回は性能の良いハッキリと発色しやすい今風のゴスを使ったのもある。
IMG_3464.jpg


小皿2点 かなり苦労した。人間の姿にまとめてなんとか形になった。
IMG_3361.jpg
IMG_3359.jpg

湯呑み
IMG_3308.jpg

以下酒盃
細い線を随分沢山引いた。
IMG_3320.jpg
IMG_3337.jpg
IMG_3328.jpg
IMG_3248.jpg
IMG_3269.jpg


関連記事
スポンサーサイト
テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  Trackback:0 comment:8 

Comment

HIRA URL|
#s8X6/Gt6 Edit  2010.01.24 Sun23:55
いい!!
昔と変わらず、いい作品作ってるね!!
C橋 URL|
#- 2010.01.25 Mon06:17
お久しぶりです。
遅ればせながら今年もよろしくお願いします。
いつも思いますが絵柄はプリントじゃないんですもね。
こんなに細かい絵柄はホント職人芸ですね。
銀 URL|Re: タイトルなし
#- 2010.01.25 Mon08:20
c橋様

おめでとうございます。
ことしもよろしく!

模様ですが、素焼きの素地に水でといたゴスという顔料で描きます。その後、透明の釉をかけて焼成します。
素焼きはあっと言う間に水を吸収するので線に濃淡のムラができやすいのですが、大量にといておくとか、頻繁に撹拌するとか、まめに筆をつけるとかいろいろ工夫が必要なのですが、やはり子供のころからやっているような人、同じ模様のものをたくさん造る人には、線そのものの安定度はかなり負けます。
そこで、パワーだと自分では思っているのですが、線そのものの欠点が気にならなくなるよう、あわよくば味になるような内容・構成になるようにしています。
単純に言うと複雑にやるんですね。

それでは、なかなか厳しい世相ですがお互い身体に気を付け頑張りましょう!

銀 URL|Re: タイトルなし
#F.S2sd/w Edit  2010.01.25 Mon08:32
HIRAどの

ありがとう!
良いかどうかは別として、ほんとに呆れるほど昔と変わらない作風です。
あれですね、頻繁に素材や分野を変えてきましたが、そうすると却って体質が変わらないみたいですね。
同じフィールドにいると成長するというか、大人になると言うところがあると思うのですが、
それがイヤで他にうつるんだな。
よく言えば、初期衝動を大事にする、悪く言えばピーターパンシンドロームだな(笑)

それでは個人営業同志、健康に気を付けて、お互い楽しく暮らしましょう!
洒落陶 URL|
#mgYVv8Vc Edit  2010.01.25 Mon10:50
蓋置き、いいですね。

経済、日本だけ置いてけぼり食らって

いるようで情けないです。ガチャガチャ

泥船の上で足の引っ張り合いしているようで

なんとも閉塞感がありますね。
げんよう URL|
#- 2010.01.25 Mon15:41
一閑人蓋置き。

さすが彫刻家ですね
非常に良いと心の奥底から叫んだ私です

銀 URL|Re: タイトルなし
#F.S2sd/w Edit  2010.01.25 Mon18:59
洒落陶さま

どうもありがとうございます。

> なんとも閉塞感がありますね。
ほんとうですね。
最近、さすがに危機感で本をお預けにして、毎日新聞をかなり丁寧に読んでいるのですが、新聞の筆者達の多くももいい加減嫌気がさしていてそれでも無理してなんだかんだ正論を言っているという感じがしてしまいます。
閉塞感全くウンザリです。
そのなかで、うちは毎日なのですが、検察庁の情報出しへの疑問、日米同盟への疑問を書いた鳥越俊太郎のコラムのは頷けるというかスッキリした記事のような気がしました。
しかし、それだからと言ってどうすればいいかは自分には見当がつかなかったのですが。
銀 URL|Re: タイトルなし
#F.S2sd/w Edit  2010.01.25 Mon19:09
げんよう師匠

ありがとうございます。

初めての分野で漠然と非常に不安ではあったのですが、制作そのものは割合素直に仕事が出来たような気はしています。

まわりの彫刻家を見ていますと、意外に東洋の古い服を着た歴史上の人物を作れる人が少ないのですが、やはりオヤジに強制的に作らされたことは役に立っています。
親には感謝しなくてはいかんです。ハイ。

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる