いろいろ考えてしまった。。

この間もチラッと書いたが、この頃、景気悪化と取手市音楽家協会の発足ともに激増したボランティアみたいな仕事で家内が構ってくれない。
お義母さんも言ってたぜ、せっかく来ても練習ばかりで話も出来ないと。。。
ほとんどノーギャラでも家事をちゃんとやってるし、陽気だし、私の腰痛の指圧もしてくれるから文句は言えないが。。


そこで、この頃盛んにCDを購入している。(これもこの間書いた。)
最近買っているのはエリックドルフィー関係、昔の日本のロックなど。。
昨日届いたのははちみつぱい「センチメンタルどおり」


それにしても、CDを買うのは実に楽しい。
ネット上でやすいのを探し、プレビュー、感想などを探して中身を推定する。
また、youtubeにあれば聴いてみる。
聴いてみれば分かりそうなのだが、買う前の状態は冷静でない上にあんまり音楽に敏感とは言えないから、買ってみると意外につまらなかったりするのでその分も考慮に入れて品物を選ぶ。
自分の気持ちにフィットするかどうか、この先の自分の生き方まで考えたりして。。
その過程が実に楽しい。
以前にファイル交換ソフトを使っていたときもあったがやはり何だか面白くなくなってきて全て捨ててしまった。

本当に、CDがアマゾンに出ているようなやつは印税もはいるし、羨ましい。

焼き物を始めて作品を多少売ってみて驚くのだが、勿論、一見してすぐ立ち去るお客さんのほうが多数ではあるが、買うか買わないか、どれを買うかと言う気持で作品を見るお客さんの迫力は凄い。
かなり正確に制作時のこっちの充実度を見抜いてくる。
彫刻を作っていた時代にはまず見ることが出来なかったお客さんの態度だ。
やはり、お金が関わっての作家とお客さんの間は熱いのだ。

ひるがえって、そう言うイベントでないと言えばそれまでだが敢えて言うと現在開催中のTAPのオープンスタジオは、アトリエで作品を販売することは自由だ(それだけでも画期的なのだが!)が、無償が基本であるというか、考え方が現代美術的というか、動員が少ないのとおいらの器の値段と取っつきづらさもあって全く売れていない。

商売の脂っこさをアトリエで出す雰囲気ではない。
スタッフもほとんどボランティアみたいなものだし。。。

まあ、かつて命をかけて作った、3メートルもあってボンドで画用紙を固めて作った父実の裸体肖像や体中からエレクトした男根が映えている木彫像に目が点になっている来場者をみるのは結構嬉しくはあるし、お祭りの快感もあるのだが。。。

ところで、取手にはゲーダイがあってTAP(取手アートプロジェクト)があって多くの関係者の努力があって家賃が安いこともあってたくさんの作家がいる。
取手美術作家展トリビもある。

絵や彫刻にとどまらず、巨大だったり、すぐ壊れてしまったり、危険だったりすることもある作品を造る人も多いから、買えというほうが無理だろうし、当然そんなに売れないから、教師などの副業を持っている作家がほとんどである。
自分も長いこと、教師や、父の下彫りやスネかじりをした。

しかし不思議なのは、現代美術の個展にいっても入場料を取らないのだ。
お寺の賽銭箱みたいのを置いてもおかしくないと思うのだがそうはならないし、自分もやったことがないばかりか、来てくれた人に買ってくれたわけでもないのに礼状を送ったりしたこともあった。
なんという、卑屈さ。
貸し画廊に高い賃貸料を払っているのに。。。
見る方も多少とってくれた方が気を使わないでも済むこともあるしとおもうのだが、、、、、、、
多分、絶対に売れないものを並べたとしても画廊はお店であって商売の場であるという考え方が盲腸みたいに残っていて入場無料なのだ。
そうなると、マスコミにうける、美術館の企画展に呼ばれるがイノチになってしまって、せっせと美術年鑑の住所録を見て新聞社や美術館にDMを送ったものである。
でも、なんで美術館や団体展はお金を取るんだ。
偉い人の作品が並んでいるからだろうか。

まあ、売れるものにしか意味を見いだせない世の中はつまらんし、商品や偶像としてでなく作品を楽しんでくれるとするなら、それはそれで大きな進歩で人類の知恵と善意の発現のようなものとも思うのだが、最近いろいろ疲れたし、女房もほとんど儲からない仕事で留守がちなので考えてしまったのだ。

作品買ってくれー

最終日15日にアトリエを公開します。
お気軽にどうぞ。
押し売りは決して致しません(笑)
(11月24日少し加筆しました)
http://www.toride-ap.gr.jp/09travel/

MG_2999.jpg
MG_2998.jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:美術・彫刻・絵画  Trackback:0 comment:8 

Comment

カデンツァ URL|
#- 2009.11.15 Sun21:35
美術家の複雑な思いがダイレクトに伝わってきます。
毎日お疲れ様です。
美術の世界も、しくみが厳しいのですね。音楽もかなり似たようなところはありますが。

いい作品ができるようにお祈りいたします。
お体に気をつけてがんばってくださいね。

銀 URL|カデンツァさま
#F.S2sd/w Edit  2009.11.15 Sun23:10
ありがとうございます!

これを書いたあと、もう少し自分が著名だったり、エネルギッシュだったり、若かったり何らかの点でもう少し力があればこんな事にはならないのだろうナーとつくづく思いました。
今までは割合だましだまし、結構無理して力のある分かっている人風にイベントに参加しているつもりだったのですが、少し疲れてというか、そんなに立派でなくても作家であって良いと言いたい気もしまして、、、、


カデンツァさんも健康に気を付けて演奏頑張ってくださいね。
お互い芸術に携わっていることを誇りにしてゆっくり成長したいですね。
いもむし URL|
#- 2009.12.19 Sat03:17

エリックもはちみつぱいも、素敵なチョイス、

最近CDをほとんど聞いていません。。。。

ボランティア団体ではなく、
少しでも商売になるようなこと、
激しく思案中です。。

結局、
練習して、
少しでもメディア露出するしかないんですけどね。。。

なかなかよい方法が浮かばないです。。。


銀 URL|Re: タイトルなし
#F.S2sd/w Edit  2009.12.19 Sat12:42
エリックは良いですよね。
自分には、なぜかドラムスが特別にキレイに聞こえるんです。 音痴の素人なりに。。。
CDを買ってみて思うのですが、60年代初期、マル・ウォルドロン、ロン・カーター、ドルフィー達がとっても楽しそうに見えます。
コルトレーンも大好きですが、ものすごく美しいのですが、しょっちゅう聴くには抽象的なのでしょうか、ちょっと近づきづらい感じがしてしまいます。
はちみつぱいもいいですが、このところあがたもりおも気に入っています。

あれですね、ボランティアに向いているのは、ポピュラーだったり、有名だったり、あるいはとんでもなく神のように素晴らしいとか、とにかく何らかの点で分かりやすい内容の人と思います。
そこから、心のつながりが生まれるし、お金につながっていくこともあるのだと思いますし、正義もあると思います。
自分は、人に作品をあげて、いつも買ってくれている人は喜んでくれるのですが、そうでもない人は喜んでくれたことがあんまりないです。
お金払うと真剣に見るじゃないですか。
内容の複雑、(本当は深いと言ってしまいたいのですが)なものあまりに独特なものは、お金払ってもらわないと分かってもらえないのではないか。

>少しでもメディア露出するしかないんですけどね。。。
youtubeというのはどうですか。
いもむし URL|
#- 2009.12.19 Sat16:41
ようつべは激しくいろいろなひとからせっつかれております。。。

んが。

アタクシのPCからは不可能につき…

わりとよく音がとれるビデオカメラはあるのですが、
なんせPCが古すぎて…

AQUOS携帯でUPできるらしいので、
気合い入れてやってみます。

いもむし、バッハ、スパーク、ブラジルボサ、

このあたり、
代表曲としてUPしたいですね。


…普段お金が必要なものが、
年に一度無料になったり格安になったりすると、
ものすごくお得感があります。

そういう風に効果的に有料にしたいですね。。。

せめてうずまきアンサンブルだけでも!



銀 URL|Re: タイトルなし
#- 2009.12.20 Sun13:12
健闘を祈ります!
いもむし URL|
#- 2009.12.21 Mon14:14

…そういえば…

ワタシのピアノの師匠が(9月に逝去されました)、
敬謙なクリスチャンで、
いろいろな音大で教えながら、
自身の演奏会をこなしながら、

様々なボランティアを引き受けていたのを思い出しました。

東京から、なんと、新潟や秋田まで自腹で通って…

クリスチャンだったからなのか、
真意はワタシにはわかりませんが、

とにかくタフだったのを覚えています。。。。


ああいうボランティアは貴重なのだなぁ、と…


銀 URL|Re: タイトルなし
#F.S2sd/w Edit  2009.12.21 Mon16:26
バイオリンのみどりさんとか、ボランティアを立派にする偉大な人いますね。

下手したら食事のボランティアしてもらわないと生きていけなくなるかもしれないような身分から早く脱出したいものです(笑)

ところで、PCのほうにメールしておいたのですが、静止画でyoutubeというのはどうですか。
画像が悪いと素人臭くなるし、金かけているメジャーなやつにまけるのはシャクです。
音楽で勝負で、演奏風景でもない全く関係ない画像でもいい気がしますがいかがでしょう。
簡単だし。。。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる