スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

第28回とりで産業まつり終わった。

産業まつり終わった。

まあ、一言で言って激安物産の迫力に圧倒されて、ヨレヨレになった2日間であった。
売り上げは?
敢えて、言わない。

800円ほどでマグを売っていた笠間から来ている窯元のおっちゃんに「高いやすいはお客さんが決めること」と言われたが、お客さんには「キレイだし、これだけやっているんだから、高いとは思わない。だけど買わない。」と随分言われた(笑)

まあ、これからもあんまり安いのを作るより、美術家=焼き物屋として精一杯な仕事を続けて景気がよくなるのを待つしかないなと半ば開き直り気味に改めて思った。
大体、手間を掛けないで良いもの作るのは自分には難しいし。。。


しかし、買うつもりで見るお客さんの視線に力のあることあること。
だから、例え売れなくとも「物産」としての美術には意味があるのです!








関連記事
スポンサーサイト
テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:美術・彫刻・絵画  Trackback:0 comment:2 

Comment

洒落陶 URL|
#mgYVv8Vc Edit  2009.11.09 Mon13:52
手作りだから、手間を掛けているからという

のは作り手の都合で、選択権は買い手にある

訳ですから厳しいですね。物産展の一部とし

て出品した場合とか特に厳しいでしょう。

お祭りだからと言う余裕があれば良いです

けど、そうもいかない処がつらいですね。

同業として良くわかります。

銀 URL|洒落陶さま
#F.S2sd/w Edit  2009.11.09 Mon14:31
ありがとうございます。
なんだか、今回は応えました(笑)
多少、商売が分かってきたからかもしれません。

まあ元彫刻家としますと、この厳しくて恐ろしいところにいる方がいろいろ怪奇だったり幻想的だったりする面白いものは自分の中から出やすいかなーと言う面はあるのが少し救いです。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。