団地

IMG_2163.jpg


子供の団地集会場でのジャズダンス教室の送り迎えをしに取手市内の団地に行って驚いたのだが、住民の方には大変失礼なのであるが、自分の目というか頭が変なのかもしれないが、何棟もある立派な団地がどうも古代遺跡的文化財的、と言うか矛盾するが近代化遺産じみて見えるのだ。
我々昭和30年代生まれで、田舎の適当な木造平屋で育ったものにとって、団地は一種の憧れであったのだが、最早団地の生活がハイカラとは言えず、一人暮らしの老人も多くなっているという2009年8月の団地は、未だ丁寧に管理されていてきれいではあるのだが、どうも自分が長い間抱いてきた団地のイメージとひどく違うのだ。

一棟は一棟は、ヌーッと大きいには大きいのだが巨大とも言えない大きさで、古代の寺院建築を一回りぐらい大きくしたぐらいのイメージだが、大げさに言えば香港の九龍城塞をシンプルにして小さくしたような、あるいは同潤会アパートっぽいオーラなのである。
支離滅裂であるが、インドの仏教遺跡みたいなところもあって、スバル360が似合うのである。

コンクリートの中、狭い折り返しの多い階段をぐるぐる上がってペイントされた重い鉄の扉を開けて中にはいる感覚も良く知っているのだが、高校生のころ、近くの団地住まいの非常勤の女性数学教師に生徒達が徒党をくんで執拗に「定理を証明しろ」と迫り授業に来なくなってしまったので、同級生二人(そのうちの一人が我が家の内装を設計してくれたY氏)と団地のお宅まで謝りにだか慰問だか表敬だかそんな感じで行ったことがあった事をふと思い出してしまった。
その結果めでたく授業再開、小生の数学成績上昇、美術展の情報を教えに電話(電話はアーティストであった母親の神経を逆なでしたようであった。)をかけてくれたり自分は割と嬉しかったのだが、後にあの時の先生より多分年長になって、短大で非常勤で教えるようになった私は、嘱託の身の教室での孤独感を痛いほど味わい、先生の事を思い出し気持ちがよく分かる気がしたものである。
とにかく懐いてくる子が可愛くなってしまうのである。

そう言えば、これは、ペロッと忘れていて最近友人に言われて驚いたのだが、自分も化学の授業中、先生に「自分は彫刻家になるのに化学は必要ない」と駄々をこねて授業を延々とストップしたことがあったらしいが、今、彫刻家ではなくて焼き物屋になって釉の本に化学式がいっぱい出てきて苦しんでいるのはその時の因果と言うか罰だな。
話が脱線してしまった。


IMG_2156.jpg
娘が待っているコンクリート建物、コンクリートのタイル敷きの集会場入り口はかつて、多分10代のころにこんなところを泥酔して走りまわっていたなと言う既視感があったが、実に奇妙な気持になった。


IMG_2152.jpg
集会場のすぐ近くには、若い美術家向けのアトリエに空き店舗が転用されている。
かつては、団地の住民向けのショッピングモールとしてにぎわっていたのであろう。
子供のころ、千葉のぼろい一軒家すまいの自分が父親の自転車のうしろに乗っで近所の団地のショッピングセンターに行くのは何か華やいだ上品な感じがして好きだった。
毎回そこで、瓶詰めのヨウグルトを一瓶食わしてもらったのが実に美味かった。

寂れて家賃の下がったところに、その風情を愛でる意味もあってアーティストが好んで住むのは良くあることだが、ここは美術家の住処に顕著な汚さ、雑然としたところが全くない。
アトリエと言うには随分ときれいに整えてデザインされている上に、多分、厳しく周囲に迷惑をかけないよう教え込まれているのだろう、市役所、芸大が絡んでの企画である。
それにしても、たまたまかもしれないが、小生が行った2回には作業を盛んにしているようには見えなかった。
現代美術は作業より構想・思索が大事と言うこと?
いや、現代美術じゃ食えないからアルバイトで忙しいと言うことがあるのだろうな。

http://www.inoav.org/

IMG_2158.jpg
また、取手市内に誘致した芸大、役所、地元大企業肝いりの巨大現代美術団体TAPの事務所もある。
今年の秋も、市内のアーティスト達のアトリエを公開する、オープンスタジオ(隔年実施)という企画がある。私も一応参加する。
4年ほど前の回に参加したことがあるが、若い及び若くない美術好きの気の良いおねーさん達が気を使って一生懸命世話してくれるのは楽しいし、何だか立派な企画に参加したたなという感じは正直ちょっと嬉しかった。
自分のワガママな作風とそもそも美術がそんなに結構なものであってたまるかというマイナー根性、この不景気では、画期的なことは全く期待できないのだが。。。

http://www.toride-ap.gr.jp/

ちなみに、もう、10月末の開催に向けてパンフレット作り始めているようだが、そこに先日送った小生の自己紹介文は
「彫刻や絵画で長く血を吐く思いで追求してきたことが、数年前に作りはじめた食器(磁器)の意匠の中での方が、かえって実現しやすい。
使用により壊れてしまうかもしれないのであるが、それは悲しくも清々(すがすが)しいことと思いたい。」である。

10月にはどうぞ皆様取手のアトリエ巡りにおいで下さい。
精一杯歓迎します。

IMG_2141.jpg



関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Tag:つれづれに  Trackback:0 comment:8 

Comment

ちゅう URL
#- 2009.08.13 Thu11:09
昨年秋に美術展をした舞台の団地ですね?
私は2004年頃営業鞄持ち部門に異動になり、1~2年受け持ちの地域を汗を流しながら訪問していました。
都内にも古い団地はたくさんあって、しかも規模がでかい。エレベータなんかついていないので、階段昇り降りで足はガクガク、息も絶え絶えで、「今日はあの団地(複数あり)かあ。やれやれ・・・」とうんざりしていました。年寄り相手ばかりでした。
銀 URL|ちゅう様
#F.S2sd/w Edit  2009.08.13 Thu17:01
> 昨年秋に美術展をした舞台の団地ですね?
そうです、風邪を引きながら無理して来てくださりありがとうございました。

ホントに団地はでかいですね。
取手のも20棟以上もありそうです。
そしていっぱい有りますね。
私は、軽いダンチ萌えですが、ほとんど接点のない暮らしをしてきましたが、実際のそこを頻繁に訊ねたり、暮らしたりすると、いろいろ大変な面もあるのでしょうね。
あの細い階段をぐるぐる上がったり下りたりはきつそうです。
どうやら、5階までの集合住宅はエレベーターの設置義務がないとかで、70年代までだそうです。
しかし、あれほど栄えたものが寂れていくとは、何か非常に感慨深いものが有りました。
時は流れました。

洒落陶 URL|
#- 2009.08.13 Thu17:17
この年代の団地はエレベーターがないのですね。
四階、五階は年取ったら大変でしょう。
工房も木彫と混在してひと味違いますね。
選挙がさっさと終わってくれないと落ち着かないです。
銀 URL|洒落陶さま
#F.S2sd/w Edit  2009.08.13 Thu20:28
残暑お見舞い申し上げます。
お暑うございます。そちらの暑さはどれほどやら。。。
本日小生は素焼きですが、本日に限ってはこちらも暑いです。

> この年代の団地はエレベーターがないのですね。
> 四階、五階は年取ったら大変でしょう。
とにかく、お金をかけないでたくさんの部屋をという発想だったのでしょうか。
その限界がこの高さで、団地というと自分のイメージはこの5階建てです。

> 工房も木彫と混在してひと味違いますね。
材木がろくでもない端材がいっぱい有って捨てられないで困るんですね。
小生は、道具が好きで道具にお金をかけて、あまりよくない端材を安く買って来て組み合わせたりして作るのが好きだったものですが、老後の楽しみにと思ってとっているのですが、年取ってからはいい素材の大きな固まりをただ削るという単純な技法で作らないと無理ですよね。
> 選挙がさっさと終わってくれないと落ち着かないです。
ほんとですね。
良くなってくれるといいですね。
カデンツァ URL|
#- 2009.08.14 Fri23:05
私は、まさにこのような団地で小2まで過ごしたので、とても強い郷愁を感じます。
あの古いコンクリートの階段でチヨコレートをして遊んだり、大勢の子供同士で走り回ったことが、子どもなりに社会を感じる初めての経験になりました。

1昨年前、その団地をふと訪ねてタイムスリップした時の懐かしさ。使われなくなったダストシュートや、大きく育った木の幹や、かつて遊んだ公園が目の前にあらわれたショックは、言葉にあらわせません。

その団地群は今もまだていねいに住まわれていて、巨大なコンクリートの箱物にも、時代を経て人の命のつながりがあるのだな、と思います。
銀 URL|カデンツァさま
#F.S2sd/w Edit  2009.08.15 Sat09:54
お暑うございます。
そうですか、団地で幼い時期を過ごされたのですか!

本文でも書いたのですが、我々世代に於いては団地というのは住んだことがないものにとっても非常に強く心の中にあって、郷愁を感じさせるものと思います。
私は、身体の弱かった母の変わりに、ヒマをもてあましていて、買い物やカメラが好きで写真屋まで父が連れて行ってくれ た団地のショッピングセンターがいい思い出です。

10年ほど前にデザインに関わった時期があるのですが、団地がさかんに出来た時期ぐらいに、白物家電といわれる、冷蔵庫、洗濯機などが盛んに作られていますが、今見てもとっても良い感じのデザインでビックリした記憶があります。一部は日本の工業デザインの古典的な扱いを受けているようですね。メーカーとか忘れてしまったのでよく分かる話ではないのですが団地の家族向けという部分が大きかったみたいですね。あの、丸っこくて扉の厚い冷蔵庫。松下か東芝です!
あと、有名な軽自動車、スバル360!

> その団地群は今もまだていねいに住まわれていて、巨大なコンクリートの箱物にも、時代を経て人の命のつながりがあるのだな、と思います。

本当に!
この間、行ったときもおじいさんがゆっくり歩いているのに随分会いましたが、それにしては建物も敷地が実に丁寧にきれいに大事に管理されているのに非常に感心しました。
団地萌えの自分としては特にこの小さいエレベーターのない型(新しい入居者が見込めるところでは、高層化して建て替えるらしいですね)のがいつまでも残って欲しいと勝手に思っています。

カデンツァ URL|
#- 2009.08.15 Sat13:01
団地にお住まいではなかった方にも、団地には強いイメージがあるのですね。考えてもみませんでした。
田舎から出てきていた両親が結婚して東京に住むには、当時まず団地が手近だったのだろうと思われます。

幼少時に都内の団地を3回転々としました。最後の団地を2008年子どもの日に訪ねた時のタイムスリップ感を、翌日日記に書いています。

小2で関西に引越して、初めて長屋のような木の家に住み、地つづきの1階に住む感覚に出会いました。

今までずっと転々とし続けてきましたが、いろんな家やマンションにはそれぞれ郷愁がありますが、もうほとんどは建て替えられてなくなっています。
どの家にも感謝の気持ちです。

銀 URL|Re: タイトルなし
#- 2009.08.15 Sat20:42
再びのコメントありがとうございます!

> 団地にお住まいではなかった方にも、団地には強いイメージがあるのですね。考えてもみませんでした。
そうねんです。不思議ですね。
勿論、昔住んでいたような木造平屋を見ても懐かしい気持があるのですが、団地も同じぐらい何か懐かしい物があるのですね。
あの時代の何か一番活気のある雰囲気を象徴していると言うことかもしれないですね。
それから、団地はみんなで頑張って昔の面影そのままに管理しているけれど、木造のボロ屋は残っていてもひどいあばら屋になっていることがほとんどと言うこともあるかもしれません。

> 幼少時に都内の団地を3回転々としました。最後の団地を2008年子どもの日に訪ねた時のタイムスリップ感を、翌日日記に書いています。

先ほど、去年の日記を拝見しました。
私は、公園もほんの少し覚えているのですが、多分よそ者だからだと思うのですが、団地の歯医者、団地のおもちゃや、団地の写真屋、団地のショッピングセンターを良く覚えています。

>今までずっと転々とし続けてきましたが、いろんな家やマンションにはそれぞれ郷愁がありますが、もうほとんどは建て替えられてなくなっています。
どの家にも感謝の気持ちです。

私は、あまり転居しないで来ていますが、うまれ育った流山の家は勿論無くなっていますが、懐かしいです。
普通の住宅だったんですが、小さな玄関の土間、と言うんですか三和土というんですか、今なら絶対コンクリートかタイルのところが土で、雨が降ると浸水してきたりして言いました。
ドブがまだ無くて、裏の畑に適当に流してしまっていたり、勿論前の道路は舗装がなかったり。。。
水道は、井戸を手こぎのポンプだったり、こうやって書いてみると団地に憧れた理由がよく分かりますね。(笑)
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる