スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

桃色授業参観日

小生は、自由業で平日でもある程度時間が自由になるので、時々、幼稚園、小学校の母親向けのイベントにも男一人で参加する。幼稚園へ車での送り迎え(バス通園は高いのだ)も粘土だらけの作業着で散々やった。

幼稚園の次女のクラスメートの父親など大体30代中頃ぐらいまでで、自分から見ると子供っぽいぐらいで、(それに対して母親はしっかりしていて随分大人だ)どうも、女だらけの参観日など、たまたま休みであっても恥ずかしくて来れないという話も時々聞く(それでも稼ぎは自分より上だったりするのだから侮れないのだが。。。)が、そこは50がらみのオヤジであるワタクシ、気が弱いとは言っても年の功と安心感で結構母親達とも冗談を言い合ったり出来る、人気者とは言えないかもしれないが、すくなくとも自意識でガチガチになるということはない、人嫌いの自分としては例外的に楽しいのである。
なんと言っても、これからまだまだ子供を産みそうなホルモンがムンムンしているところはワクワクするのである。
実際は、少子化の時代、それほど生まないのではあるが。。。。

幼稚園は、保育士の養成に10年近く関わったので、若い女性保育士の気持も理解できるつもりでおり、自分の娘みたいな年の先生とお話しするのは実にたのしかったが、親しくなった先生には元短大幼児教育科美術非常勤講師の過去をさりげなく話してあるのは言うまでもないイヤらしいオヤジであるところのワタクシである
ちなみに、エプロンをつけてたくさんの幼子の世話をする若い女性の姿は非常に男心をそそるもので、教え子達は、気の荒いやつ、意地の悪いやつもいっぱいいたが、例外なくもてるようだった。

そう言えば、死んだ父も、ことあるごとに私の通う木造校舎の小学校に赤いシャツを着て現れ、ある時など、クラス全員の児童・母親の前で「ここにいる女の人を全員裸にしたら面白いだろうな。アハハ」と言い放ち、お母さんがたの嬌声と小2の私の赤面と絶望を誘ったものだ。
穴があったら入りたいとは、このことであったが、お母さん達が怒らないのが不思議でたまらなかった。
その後、友達に「お前のお父さん、お母さんの裸の彫刻を作っているんだろう」とはやし立てられて閉口したが、今思うとあれが伏線だったんだな。
その頃は、エロ雑誌の切り抜きを見て売り物の小品の裸婦は作っていたがお袋はモデルにしてはいなかった。
言い出したのは、川向こうの教育熱心なこざっぱりした家の身体のでかい倅と記憶しているが、以前同窓会で会ったが、有名国立大学の教授になっておった。
数年後、小学校高学年になって本当にお袋の裸の写真を撮って精密に木に写す彫刻を作り始め「やっぱり」と目の前が真っ暗になったが、「あいつは、先見の明がある鋭いやつだな」と未来の教授氏のことを妙に感心したのを覚えている。
エレクトしたちんちんの付いた壷で自分の娘がいじめられないよう注意しようっと。

また、父は道で偶然あった幼稚園のグラマーな先生の一人暮らしの部屋まで、卒園後の自分(小1)とノコノコついて行き上がり込んで、帰宅後母親の激しい怒りをかったりしたこともあった。


ちょっと前のことであるが、私は近所の公園に植物を取りに出掛け、それを教室に持ち帰って、親が手伝って画用紙に貼り付けて押し花の絵を作るという小学校1年の娘の授業参観にいった。
大勢の子供と母親の中にいる一人の男ワタクシとしては「ボス猿」の本能が目覚めて、自分の娘はそっちのけで、群れの安全と平和が気になるらしく、母親の来ていない子供の面倒を見たり、場が和やかになるよう、つまらない冗談を言ったりする。
特に男の子の母親は自分の息子に夢中で、子供の作品を母親がほぼ作ってあげてしまったりするのだ(このときは、母親が来た男の子の絵だけに、植物で出来た具象物、お家や顔がカワユク出現していた。一人っ子のおいらもあんな風に母親に可愛がられて育ってきたんだな。)が、ウチの娘は、どこの子供でもある程度そうだと思うのだが、男親というのはそういうモノであるということを本能的に分かっているのだろう、放っておかれても別に平気である。
そういうときの冗談は、遺伝というのは恐ろしいモノで、艶っぽいのが口から出そうになるのだが、そこは女の子だし子供のころのトラウマが生きていて、今のところイヤらしいのは一度も言ったことがない。
それが出せればもっと盛り上がりそうなときも時々あるんだけれどなー

おしまい



関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 子育て
ジャンル : 結婚・家庭生活

Tag:つれづれに  Trackback:0 comment:8 

Comment

muko URL|なし
#pSJ6Fihk Edit  2009.06.16 Tue22:04
おとうさん、、、、
銀 URL|Re: おとうさん、、、、
#F.S2sd/w Edit  2009.06.17 Wed07:44
親の因果が子にむくい。。。。。
azam URL|
#- 2009.06.19 Fri14:12
銀ちゃんって色々と複雑なのね
そんな銀ちゃんが微笑ましいわ
それから銀ちゃんパパはとても品が良かったから 許されてたのね きっと
銀 URL|azam師匠
#F.S2sd/w Edit  2009.06.19 Fri15:35
私は複雑というと良い響きですが、単なる屈折したスケベです。ハイ。

オヤジは、上品といえば上品だったと思いますが、それよりも、大家族の末っ子で大勢の女達によってたかって可愛がられて育っているから、可愛いというか、女の人に甘えるのが天才的に上手かった気がします。
そう言うのって遺伝しないんですよね。残念。。。。
azam URL|
#- 2009.06.19 Fri16:38
遺伝してるわよ
心配しないでね
銀 URL|azam師匠
#F.S2sd/w Edit  2009.06.19 Fri19:46
ホントっすか!

それでは自分も、父が不良化をはじめた50になったことですし、20ぐらい年下の可愛い彼女作ります。




azam URL|
#- 2009.06.19 Fri20:21
あほやね
銀 URL|Re: タイトルなし
#F.S2sd/w Edit  2009.06.19 Fri21:37
あはは。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。