色彩表現の結果

IMG_1709.jpg

IMG_1780.jpg
平茶碗
IMG_1671.jpg
小皿
IMG_1826.jpg
平茶碗

先日、アップした下絵付けの本焼成を終えました。
この間の状態に、石灰透明釉を掛けて、1275度(SK9完倒)で還元焼成(不完全燃焼)。
予想以上に色がでて、嬉しい。
透明な釉のガラス層の底に色が発色しています。
自分の作品にしては随分と見やすい。

下絵付けにするか上絵付けにするかで迷っていましたが、断然、下絵付け(釉下彩)に決定。

IMG_1813.jpg
IMG_1806.jpg
ぐい呑み
上のが下絵付け(釉下彩)の最初。今までの染め付けにただ色をのせただけの感じ。
下のは二つめ。
少し、様子がつかめてきた。単純な仕事ですが、色を感じ始めてはいる。ただ、まだ2色しか使えていない。

以下同じ窯の青磁と染め付け。
青磁はいつもの自作の木灰だてに変えて鉱物質の釉を某所で購入して使用。
意外に良いが、磁土が瀬戸のもので蛙目粘土(チタン分がある)が入っているためと思うのだが、微妙に灰色がかっている。
しかし、安定しているし魅力的、これからはこの方向の釉でも制作してみよう。

染め付けは、いつもの昔風の鉄分やマンガンが多く含まれていると思われるものでなくて、
色の安定した高性能のゴスを使っている。
自分的には細かい線が描いたと同じに出てくるので、こっちでも良いと思うのだが、家内に「厚さんの絵は、ただでさえ強いのに(ぎらついているのに?)こんなに色がハッキリ出てはウッと来てしまう」と言われた。
いつものゴスは、多少筆が引っかかる感じがして描きづらい上に、ムラが出やすいが、釉への滲み方に良い表情があって気に入ってはいる。

(染め付け平茶碗、角皿、カップ・ソーサーなどはお納めしてからアップいたします。)

IMG_1846.jpg
青磁小皿
IMG_1726.jpg
染め付け小皿
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  Trackback:0 comment:9 

Comment

江戸川台のきょん URL|祝! 成功
#pYnNxVVQ Edit  2009.04.25 Sat00:19
きれいに色が出て良かったですね。 文章に喜びがにじんでるようです。
銀 URL|Re: 祝! 成功
#- 2009.04.25 Sat08:22
> きれいに色が出て良かったですね。 文章に喜びがにじんでるようです。

ありがとうございます。
下絵付けには上絵付けと違って古九谷みたいな古典が無いのが嬉しい(笑)

銀 URL|そっとコメントくださった方へ
#F.S2sd/w Edit  2009.04.25 Sat08:33
おめでとさんです。
貴君もいろいろ考えたんだね。
私も一昨年ぐらいに考えましたが、仲間に審査されるのもなんだし、連盟と歩会に入れていただいて、後は焼き物です。
先にさらなるツケが回ってくるのが恐ろしいので必死ではありますが。。。

国展はさすがに考えませんでしたよ(笑)

彫刻は、時々猛スピードで作っていますよ。それほど悪くないと思いますというか、普通の自分の出来ぐらいにはなっているとは自分では思っています。
ちゅう URL|
#- 2009.04.25 Sat09:02
初めてMacにカラーがもたらされたMacIIを思い出しました。
Macのソフトの設計は「人間工学」に基づき厳格な規定を守ることが勧奨されており、アイコンなどの色の付け方にも掟がありました。それは色の種類を使い過ぎないこと、アクセントとして控えめに色を使うこと、などでした。同時期のMS-DOSやWINDOWSと比べてそれはハイセンスでした。

銀 URL|ちゅうさま
#F.S2sd/w Edit  2009.04.25 Sat13:10

なるほど。

センスの良さはあまり自信がないというか、センスとは違うところで仕事している気が自分ではしているのですが、あまり色数を使うと野暮ったくなりますね。
自分は、今回久しぶりに本格的に色を使ってみて思ったのですが、多分彫刻家とすると色が気になる人間で、モノクロームだと不安になってて込み入ったことを始めてしまう気がしました。
。色を使うと割合落ち着いて、割合シンプルでも落ち着いていられます。色数を少なくしてその組み合わせで色々やる方がトリップできる感じもありますね。
ただ、落ち着きすぎるとまたつまらない表情の作品になってくると言うこともあるので何とも言えず、染めつけはまた色がないところで暴れるようなおもしろさみたいなものがあるので相変わらずやっています。

C橋 URL|
#- 2009.04.25 Sat17:01
素人の感想ですが、色合いがとてもいいですね・・・
すばらしい作品になってよかったですね。
おめでとうございます。
銀 URL|c橋様
#F.S2sd/w Edit  2009.04.25 Sat17:16
ありがとうございます。
この釉の下に顔料を入れる技法は、釉が熔け素地と良い感じになる温度が1200度以上と言うことがあって、色が持たず、最近になって使えるようになったようです。
そう言う新しい技法は、きょんさんへのコメントでもふれましたが、古典が無いのである程度気楽でリラックスできそうですがつづけてみるとどうだか。

 |承認待ちコメント
# 2009.04.25 Sat19:58
このコメントは管理者の承認待ちです
銀 URL|coolな元窯師匠
#F.S2sd/w Edit  2009.04.25 Sat21:10
ありがとうございます!

少しこの線で頑張ってみようかと思います。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる