スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

バッハのチェンバロ演奏あれこれ

ここのところ、まあ忙しいので本を読むのも展覧会に行くのも出来ず、youtubeで音楽を聴くのがほとんど唯一の楽しみである。
家内は外出が多く忙しすぎてあんまり構ってくれない。

ここのところ凝っていたのはバッハのチェンバロ演奏。

チェンバロ演奏というのは、どれを聴いてもチャンチャラ、チャンチャラして大して違いが分からなかったのであるが、同じ曲をいろいろな演奏で聞き比べてみると、音痴の私でも違いが多少分かって愉しい。

まず、エイズで早世した天才と言われることも多いスコット・ロス
なんだか、チェンバロ演奏でよく感じる事の多い抹香臭さというか、古い家具みたいな感じ(それはそれで良い感じであることもある)がなくて、とっても爽やかで、生き生きストレートな感じを受けた。
この音源と思われるCDは洋盤を注文済みで到着を待っている状態。



次ぎにグスタフ・レオンハルト
同じイタリア協奏曲。
こっちは、何だかグネグネグネ入り組んだ感じ。
スコットロスの方は、性格の良い演奏という感じがしたのだが、こっちは気むずかしくて暗い。でも、自分はいろいろの要素がいっぱい入っていると言う感じがして、面白いので、つい何回も聞いてしまう。
フルート演奏家の家内は「このクネクネする妙な間が嫌だ」と言っている。
美術でも変に見る人を幻惑して内容がありそうに見せるペテン的作品が山ほどあって、評論家やジャーナリスト達を上手に騙すので大嫌いだが、そうい臭みが同業者からするとするしてしまうのだろうか。
ちなみに家内は大交響曲の作曲家ブルックナーも仰々しくて嫌だと言っている。

次は、この頃よく名前を聞く、アンドレアス・シュタイアー
イタリア協奏曲は見つからなかったので、パルティータの1番。

こっちは、言わばレオンハルトを少しソフトにしたみたいな感じがした。
レオンハルトみたいに、ギラッと来る癖みたいな感じは強烈でないが、ロスみたいに感覚的に開放感がある感じでもない。
中庸だが随分と精密に設計されている感じがする。

最後に蛇足であるが、
私は小学生のころより、クラシック音楽のレコードが大好きで以来40年近く買い続けているのであるが、物凄い音痴で一回も楽器をやろうと思ったことがない。
最近、今度小学5年になる長女はピアノが好きになってきて、割合上手にと言うか家内にそっくりの感じで「エリーゼのために」を弾くようになってきたのだが、好きな音楽は"いきものがかり”の「ブルバード」でクラシックの名曲を聴くことに関心を示したことがないのに対して、幼稚園を卒園したばかりの次女は一応家内にピアノは習っているものの、どちらかというと絵や粘土に能力を発揮するのになぜか、ヴィバルディーの四季やチャイコフスキーのバイオリン協奏曲の一楽章のサビを聞いて、「○○ちゃんこの曲大好き!」と感想を申し述べるので、「オッ、オヤジに似てきたな!」と驚いている。
性格的には、片付けが出来ず、落ち着きのない長女の方がはるかに小生に似ているのであるが。。。


関連記事
スポンサーサイト
テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

Tag:音楽  Trackback:0 comment:10 

Comment

ちゅう URL
#- 2009.03.19 Thu11:02
チェンバロは学生の頃と会社に入ってしばらくしてから聴いていた時期がありました。たしか、きっかけは学生の時よく行った喫茶店でかかっていたのを聴いて興味が出たからだったと思います。作曲者も演奏者もよくわかりませんが気に入った曲があってしばらく探していました。何枚もLPを買えるわけではなかったので結局わからず、買ったもので何回も聴いていました。音色からすると、ピアノがクラシックギターだとすれば、チェンバロはフォークギター。両方練習していた自分からするとどちらも導入しやすかったですが、チェンバロの弾かれる環境が厳かな感じがした記憶がありました。
ギターでも上で書かれていることと同じような差が出ます。それは第1にはほとんどが独奏であり演奏者個人の内なるテンポで自由に表現できること。譜面通りに機械的にきっちり弾く人もあれば、別物のような伸ばしや間合いで弾く巨匠などがいます。第2には演奏場所の環境の違い。音響の違いはまるで編曲されたような違いになって表れます。
そういった意味でいえば、1=3と2に別れる気がするのです。
管弦楽団の一員として参加していれば、指揮者にもよりますが、そうそう譜面と異なる演奏は、個別の演奏家にはできない習慣がつきますし、逆に独奏することがメインに考えられた楽器を使う演奏者は独自の奏法になっていきます。

銀 URL|ちゅうさま
#F.S2sd/w Edit  2009.03.19 Thu17:39
いやどうも、3つともお付き合いいただいたようで。

>第2には演奏場所の環境の違い。音響の違いはまるで編曲されたような違いになって表れます。

そうですね、家内の生演奏によくつきあいましたが、その場所の響きに物凄く影響されますね。
響きがないときついようですね。フルートは自分で音を作るので余計そうみたいですね。
ただ、技術的、内容的に充実しているときは、力わざでカバーできるような感じもあるみたいですね。

しかし、演奏家というのはその場所のその時の聴衆の前で身体をはるわけで、CDみたいなお気軽な方法は嫌わないまでも、好きではないみたいで、私は恥ずかしげにと音源をコレクションしています。
私は音楽というより、音源を収集するのが好きみたいです。
家内はこの頃は時々、長いこと無理矢理聞かされて知らず知らず勉強になっていないこともなかっとも言いますが。
カデンツァ URL|
#- 2009.03.19 Thu22:44
チェンバロについてはよく知りませんが、楽器が一台ずつ違う個体ですから、音色が演奏に与える影響は大きいかと思います。それと、奏者の即興性にまかされる装飾のしかたが、演奏そのものにもなってくるようにも思います。チェンバロ奏者から伺った話では、チェンバロは音量の差が出ないので、それを音のイントネーションのように長めや短めに弾いたりすることがあると言うことでした。
私もロスのような演奏が好きですね。今バッハ平均律の講座を聴きに通っているのですが、その音源のコープマンのチェンバロの音色が好きで、なめらかでカリカリせず、いいなあと思っています。平均律もピアノとチェンバロでは演奏そのものが全く変わってきますが、ピアノで弾くのであっても、チェンバロのことも知っていたらもっとイメージが広がるだろうなあと思ったりします。
銀 URL|そっとコメント下さった親切な方へ
#F.S2sd/w Edit  2009.03.20 Fri09:00
いやー、ありがとうございます。

おっしゃること、よ~くわかります。
スコット・ロスみたいな世界の名人はいざ知らず、同業者にうけるようなやつは儲かりませんな。

しかし、自分が一応ものつくりで、配偶者が演奏家であるCDおたくというのは、毎日「音楽をチャンと分かっていない」と言うことを思い知らされる修行をしているみたいです。
銀 URL|カデンツァさま
#F.S2sd/w Edit  2009.03.20 Fri09:42
お忙しい時期に、お付き合いいただき、専門家のご意見ありがとうございます。
やっぱりスコット・ロスですか!
トン・コープマンのも聴いてみたいです!

演奏家は多分録音にあまり興味ないかと思いますが、もしご興味がおありでしたらば、今度の音楽パーティーの時にロスのCDを作ってお持ちしますがいかがでしょう。


ここのところ、少しチェンバロの音源を聴いてみたのですが、随分クネクネと凝った演奏が多いなと思ったのですが、やはり、音量の差を作れないことが大きいのですね。


素人としては、チェンバロのメカニック?のガコッというノイズも雰囲気があって好きだったりします。
焼き物でも、自分は普通にきれいに仕上げたい方で、そのために努力を重ねているのですが、貫入だったり、歪みだったり、失敗も場合によっては味とされます。
お客さんの気持ちも分かりますね。

それでは、4月を楽しみに致しております。




カデンツァ URL|
#- 2009.03.21 Sat21:49
チェンバロについて何も知らないのに、聞いたままのことを言ってしまいました。専門家などとんでもないです。

チェンバロにはペダルがないので、指だけで表現することに関しては、チェンバリストはほんとうにすごいと思います。たくさんの声部の音をつなげるのに、指だけで行うのは至難の業です。ピアノの場合は、指とペダルの連係プレーで、ペダルにとことん頼ってしまいます。

>今度の音楽パーティーの時にロスのCDを作ってお持ちしますがいかがでしょう。

それこそお忙しい美術家の方に、CDなど作っていただくのはとっても恐縮です。でも、チェンバロの演奏のCDはあまり持っていないので、お仕事のお邪魔にならなければ、うれしいです。

こちらこそ、4月にお会いできるのを楽しみにしています。


銀 URL|カデンツァさま
#F.S2sd/w Edit  2009.03.21 Sat22:45

良かったです!
今日注文していたロスのCDが届いたのではりきってつくります!
と言ってもパソコンを操作するだけですが。
一回聞いてみたのですが、youtubeに較べて大分繊細な音がしました。

ピアニストの方は足で色々操作されているみたいですが、映像に映らないので何をされているのだかなんだか神秘的です。

それでは、お体に気をつけて練習頑張ってください。


綾埼華美由 URL|
#- 2009.03.22 Sun16:31
スコット・ロスは繊細な演奏で知られる人ですが、やはり彼はバッハよりもスカルラッティのソナタでしょうね。
イタリア協奏曲であれば、個人的にはグールドのフリーキーなピアノが好きです。
レオンハルトはバロック・アンサンブルでの独特の要素をそのままソロに持ってくるので、やはり銀様の言われるようにグネグネしていてしまって面白みに欠けるきらいがあります。平均律は結構普通に弾いていますけどね(笑)。
個人的にはラクロワが一番好きですね。クープランのオルドルでの華麗な音の響かせ方なんぞ眩暈がするほどです。
銀 URL|綾埼華美由 さま
#F.S2sd/w Edit  2009.03.22 Sun17:27
お久しぶりです
スコットロスはyoutubeにいろいろなのがあって楽しんでいます。
グールドのイタリア協奏曲は大好きで、CBSデビュー前の音源までコレクションしていたのですが、家内が嫌がるものでこの頃はとんとご無沙汰です。
ラクロワはたしかランパルと一緒のレコードがある人ですよね。

銀 URL|綾埼華美由 さま
#F.S2sd/w Edit  2009.03.22 Sun19:27
この頃は、ピアノのバッハではアンジェラ・ヒューイットをよく聴いています。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。