ジャコを捕まえる



20数年前、大学を卒業して数年したころであったころだと思うが、ベーシスト・ジャコ・パスとリアスとギル・エヴァンスオーケストラのジョイントのコンサートが読売ランドの野外ステージであった。(ライブ、アンダー、ザ、スカイ)
それに、友人の建築家二人と出かけた。
その時の映像かと思われます。
コンサートは、ジャコのベースの音がやたら固い音でビンビン耳につき、当時はギル・エヴァンスのファンだったこともあってそれほど感心しなかったというか、よく分かりませんでした。

コンサート後、ガラス片の散らばる坂道の下り坂を奇声を発しながら裸足、半裸で疾走する天才ベーシスト(一服きこしめしていたのかもしれない)をどういうはずみか、友人と2人と、追いかけてしまい、追いかけ始めると犬と同じで食いつくまで、止まらなくなるのが人間で、かなり走って捕まえたものの、食べてしまうわけにもいかず、嫌がるジャコを無理矢理タクシーに押し込んで、都心のホテルまでお送りしてしまったのが、何とも言えない変な思い出です。

車中、「you are murder.(お前らは人殺しだ)」とか、悪態をついていましたが、全然恐ろしくも気味悪くもなく、ムスッとしていても妙に可愛らしく、割と普通の人という印象でした。
顔色は相当悪かったですが、あまり大きくもなく、目の離れた肩幅の広いショーケンと言うような人相でした。
お近づきにと、「you are artist.I am artist too.」と言ったらば、ジャコと、ユ*ワ君二人同時に「フン!」と同時に鼻で笑われてとっても恥ずかしかった。
意思の疎通は、自然と*ガ*君ということになりました。
*ガ*君は英語が上手い。
彼だってずっと日本にいたし、英語が堪能になる機会もそんなになかったはずなのに、同じ高校を卒業したのに、聞き取る能力、ボキャブラリーに私とは差が歴然で、人間というのは能力に差があるものなだなーと当たり前のことを痛感させられたのもこの時の痛い思い出です。
到着後、あらかじめ連絡してホテルで待ち受けていたスタッフからタクシー代をもらって帰途につきました。

その後程なくして、ジャコの死を知ったわけですが、普通に見えてもあの時既にかなりまいっていたに違いない、人間は普通にパッとすぐ死ぬんだな、とつくづく思いました。


そう言えば、そのときだったか、違うときだったか、コンサート前に悠然と読売ランド内を散歩するギル・エヴァンスを見つけ、かけより「I like your music very much.」と言ったらば、嬉しそうな顔で「サンキュウ」と言って大きな手で握手してくれたのは、心温まる良い思い出です。

参考
島尾敏雄「春の日のかげり」
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 音楽
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:音楽  Trackback:0 comment:6 

Comment

ちゅう URL
#- 2009.02.15 Sun20:21
タイトルから「しらすご飯」のことかと思いましたよ(ジャコ飯)。
いろいろめずらしいことに遭っているんですね。
*の1人は当然わかるのですが、もう1人は???です。


銀 URL|ちゅうさん
#F.S2sd/w Edit  2009.02.15 Sun21:56
>いろいろめずらしいことに遭っているんですね。

ウーン、平凡な人生ですがね。
しかし、あのジャコの件は、何とも後味の悪い事件でした。
いたいけない柔らかいものを、傷つけたような、自分たちの中にある動物性に驚いたような。。。
その後、3人の間にあの件の話題が出たことはありません。
>*の1人は当然わかるのですが、もう1人は???です。
同学年とは限りません。

江戸川台のきょん URL|雑魚は、当時から、抜きん出て・・・・・
#pYnNxVVQ Edit  2009.02.17 Tue04:06
 そうして歴史の生き証人足り得ていたのかな。 既に「Select」の冠がついた(最初からついていたのか?)、ライブ・アンダー、
その頃('85、6?)から行ってる人は行ってるんだね。 私などはずっと後、'93とか、デイビット・サンボーン辺りで、もうフュージョンが
ポップスに近くなっていたかもしれないね。

 さて、停滞していたジャズシーンを陽の当たるところに、引きずりあげたのは、'72のチック・コリアの「リターン・トゥ・フォエバー」だっけ?
高校時代からジャズに傾倒していた兄に向かって、エラそうに言うのは、”おこがましい”というものだ。 私はジャズも美術も高校時代は
全く分からず、(今も別に分かっちゃいないが)聴きだしたのは、だいぶ経ってからだし。

 ウエザーリポートの雑魚は、当時から、抜きん出て独特のソロフレーズ、速弾き、コピーなんかとてもとても無理。
あとは、渡辺香津美と演っていた、マーカス・ミラー小僧かな? あーあ、もう「クロスオーバー」が「フュージョン」と、その呼び名を変えた時代も
忘れちまった。

 時は下って90年頃、FENからステキなピアノが流れて、「何とかかんとか、ミッシェル・カミロォ」と言うので、知ったのが下のピアニスト。
以後彼の名を知る人に出会うまで15年を要したけど、その時、カミロはもう10枚以上リリースして、押しも押されぬ、トップジャズピアニストさ。

 ああ、そして遅くなったけど、ドラムの「オラシオ・エルナンデス」と共に共演してるベースが、雑魚の後継かは知らぬが、現代ベース界の
トップかな(あ、また兄にコーシャクしてる!) のアンソニー・ジャクソン。
 http://www.youtube.com/watch?v=kd349Df1Ows&feature=related
銀 URL|Re: 雑魚は、当時から、抜きん出て・・・・・
#- 2009.02.17 Tue16:24
この頃ジャズはあんまり聴きませんが、ときどきウェザーリポートは聞ききます。
好きなのは、a remark of youだったと思います。
当時はマイルスかぶれで良さがほとんど分かりませんでしたが、今は分かる気がします。
ビバップは好きで時々聞きます。
あと、師匠の影響でアーバンクロンビーはごくまれにyoutubeでみて、大したものだと感心します。
マーカスミラーは、マイルスと一緒に来たのを聞いたのですが鮮やかでした。
開場前、野外だったので外から聞いたのですが、マイルス抜きのリハ?を延々とやっていたのですが、偉い楽しそうだったのを覚えています。

そういえば、高校のころ、上から留年で下りてきて、ジャズギターがうまくて崇拝されていた、ヤ*チ君に電気マイルスをすすめたところ、嫌な顔をして「こういうのは嫌いだ、おれは歌謡曲が好きだ」と言っていた。
ちょっと、忘れられない思い出です。
君のコメントから、ずれてきてしまって済みません。

歌謡曲もそんなに面白くないけど、きょうびのジャズも高級すぎていかんというのが、現在の僕ちゃんです。
つまり、オヤジね。

羅鯉瑠苓櫓 URL|武勇伝ですね^^)
#mQop/nM. Edit  2011.06.15 Wed11:24
凄いなぁ~^^)
確か この時の ライブアンダーザスカイは
オイラも見に行ってました!
しっかしぃ~
よく 見つけて 追っかけましたねぇ(笑)
 URL|Re: 武勇伝ですね^^)
#F.S2sd/w Edit  2011.06.15 Wed14:19
あはは、人間というのは結構犬に似ていて、何かの拍子に追いかけ始めると、止まらないものなのですね。
自分の中の狩猟本能というものを始めて自覚した思い出でありました。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる