スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

徒然草ー第百五十段ーロクロ

能(ノウ)をつかんとする人、「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られ じ。うちうちよく習ひ得(エ)て、さし出でたらんこそ、いと心にくからめ」と 常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸(イチゲイ)も習ひ得(ウ)ることなし。

未(イマ)だ堅固(ケンゴ)かたほなるより、上手(ジヤウズ)の中に交りて、毀( ソシ)り笑はるゝにも恥(ハ)ぢず、つれなく過ぎて嗜(タシナ)む人、天性(テン ゼイ)、その骨(コツ)なけれども、道(ミチ)になづまず、濫(ミダ)りにせずし て、年を送れば、堪能(カンノウ)の嗜まざるよりは、終(ツヒ)に上手の位(ク ラヰ)に至り、徳たけ、人に許されて、双(ナラビ)なき名を得(ウ)る事なり。



現代語訳
技能を身につけようとする人が「上手くないうちは、なまじ人に知られまい。内緒で習ってみにつけてから、人前に出るのが、心にくい」
とよく言うが、そんなことを言う人は、一つも芸を身につけることは出来ない。
まだ、まったく下手くそなうちから、上手な人にまじって、けなされ笑われても、恥ずかしがらず、さりげなくスルーして努力するひとは、才能がなくとも、さぼらず、いい加減にせず、年を重ねれば、才能があっても努力すないひとより、ついに上手の境地に達し、芸の格も上がり他人に名人と認められ、名声を博するのだ。


やった、これは銀様のためにあるような、言葉だ~
最初に陶器市に参加したときは、陶彫や置物中心だったのですが、その時に、師匠に「器もやってみれば」という言葉を頂き、本格的に初めて4ヶ月ほどで出品してしまいました。
それが、陶彫は一つも売れなかったのにかなり買ってくださる方がいて、はまったのです。
まあ、その4ヶ月で、寿命が5年くらい縮まった気がしましたが。。。

自慢じゃないですが、小生は、ロクロの練習をしたことがないです。
没にするのは多いですが、全部、製品にするためにロクロをやります。

京都の専門学校では、最初の一年は陶土で磁土は触らせて貰えないらしいのですが、小生は最初から磁土でありました。
一点一点時間はかかりましたが、8寸ぐらいの鉢は無理矢理挽いてました。

そのかわり、模様はブリブリ、気合い入りまくりでしたよ。
力のある模様は、器を少々の形のキズなど関係ないこの世のものでないモノにしてくれるのさ。

と、良い気分でいたら続くこの段の結び、

天下(テンカ)のものの上手といへども、始めは、不堪(フカン)の聞(キコ)え もあり、無下(ムゲ)の瑕瑾(カキン)もありき。されども、その人、道の掟正( オキテタダ)しく、これを重くして、放埒(ハウラツ)せざれば、世の博士(ハカ セ)にて、万人(バンニン)の師となる事、諸道変(シヨダウカハ)るべからず。


現代語訳
その道の天下の名人といえど、初めは、未熟の評判があり、ひどい欠点があるものだ。
でも、その人が、その道の掟を正しく守り、放埒なことをしなければ、世の中の師匠たるべき人となることは、どの道でも同じである。

私は、まあ技術的には色々な方に進んで教えていただくし、参考書も読みまくって、結構謙虚ですが、内容は「放埒」というほどでもないかもしれないけれど、「道の掟」は正しくしてないよな~
完璧に自己流だからな~

というわけで、最初の陶器市に出品したものを。
これは、天草の特上の磁土を恐いもの知らずで苦労して挽きました。
土揉みが割れて来ちゃって全然出来ず、袋から出したまま分厚く挽き、半分以上削り落としてなんとか器の形にしました。
下手ですけれど、愛着あります。

染め付け磁器小壷別角度
磁器染め付けぐい#21534;み
磁器染め付け鉢




ついでに、銀の生まれて2個目に作った器をアップしますのでご笑覧。
これは、窯を買う前で、さすがに売るためではなく、楽しみで作りました。
当時、勤めていた女子短大のかわいい娘達に陶芸を教えるために、自費で町の陶芸教室に通っていたころです。
性能の良い手ロクロを勢いよく回して、ヒモ作りの原型をのばしています。
粘土は普通の信楽です。

IMG_2044.jpg

既に、銀になってますな。
なに、今よりましだって?







(訳は銀が適当にしたので、信用しないでください。)


関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  Trackback:0 comment:10 

Comment

C橋 URL|さすがプロですね
#- 2008.12.01 Mon23:05
実は、うちの奥さんも陶器を製作していた時期があり、ろくろを回していたりしました。
私は芸術関係は全く不案内なのですが、写真の陶器はどれも美しいですね。
さすがプロだと思います。
江戸川台のきょん URL|ジャングルの豹
#pYnNxVVQ Edit  2008.12.02 Tue06:02
 面白く読ませてもらったよ、銀兄。
古文が苦手な私が、”あれっ? なんか知ってるな”ということは、
この徒然、教科書に出てたっけ?

 貴兄のためにある、というこのくだり、それはいいんだけど、こうして
ズームアップの写真を良く拝見させていただくと、”銀流”がよくわかるねえ。
少し列挙してみよう。

 毛が生えてるよねえ。繊毛、小腸内柔突起、朔太郎なら「繊毛が生え、かすかにふるへ」。

 2番目に目についたのは、「眼」だ。例の”猫”の器、猫にはもちろん眼があったわけだけど、
それ以外の作品にも「眼」が多い。別の言い方をすれば、閉じた空間、丸、楕円のようなもの。

 そして、それは3番目にもつながるんだけど、そういった、「眼」というか、小円が
すき間を「埋めている」。 生物の教科書あるかい。かならず細胞の絵があるだろう。
楕円の細胞壁だか、細胞膜に囲まれた空間。そこに、遺伝情報の発現に関与する”リボソーム”、
呼吸(エネルギー産生)にかかわる”ミトコンドリア”なんてね。そしてそれらの隙間を
埋めるように、”液胞”があり、細胞内の不要物の分解などに携わる。

 以前、「機能材料の実験」と「陶芸家の製作過程」の対比を試みたことがあったけど、
今回は、かつて植物生理に関係する研究に携わった科学者の目から、作品を拝見させてもらったよ。

 細胞は一つ一つが一応自己完結していて、自身を複製していくこともできるといえるんだけど、
君の器はどう? 一つの器は、完結していて、それは外の世界に対して”閉じて”いるのかな、
それとも”開いている”のだろうか?

 つまらんこと書いたね。気を悪くしないでくれよ。 そして最後のやつ?

 あ、木の葉が出てきたね。間から”眼”が覗いてる。アンリ・ルソーの「ジャングルの豹」だね。
しかも、この世の煩悩を一手に引き受けたような顔で。 「まし」かはしらないが、なかなかいいじゃない!
銀 URL|きょんんさま
#F.S2sd/w Edit  2008.12.02 Tue08:36
 >細胞は一つ一つが一応自己完結していて、自身を複製していくこともできるといえるんだけど、
>君の器はどう? 一つの器は、完結していて、それは外の世界に対して”閉じて”いるのかな、
それとも”開いている”のだろうか?

そうだね、開いているかどうかは、見る人が決めることだろうけれど、作者とすると、、最初は、全然バラバラでも、やっているうちに、なんか、生き物みたいに一つの塊になる感じがあって、そうなると、独りで生きていってねという感じで、出来上がり。ここに挙げたみたいな、自分として納得できる仕事では。
大げさに言うと子供みたいなモノで、自分ではコントロールが効かない部分もある。
そう言う意味では、案外閉じていると言っていいかもしれない。
しかし、そういうのは、あくまで、行き当たりばったり。
それ以上のことを考えると、なんか、模様付けの調子が悪くなります。頭が固くなるのかなー。
この間の記事の後、10個ぐらいなんか変でした。(笑)


銀 URL|c橋様
#F.S2sd/w Edit  2008.12.02 Tue08:49
ありがとうございます。
今は、多少は上手くなったと思いますが、この頃は、技術的には、陶芸教室の生徒のオヤジでも、もっと上手いやつもいると言うぐらいでしたが、やっぱり、○○先生みたいにやりたいというのではなくて、自分でやりたいことがハッキリしているというのが、まあ、長いこと美術を続けてきての初心者であると言うことかと思います。
個人的には、彫刻から絵画、絵画から彫刻、と言う風に今までも動いてきましたが、移った直後と言うのは、なんか物凄く集中できて楽しいですね。良いものも出やすいですね。

洒落陶 URL|
#- 2008.12.02 Tue11:43
いやー、なんだかいいですね。よく癇癪を起こさず天草を引きましたね。
天草の扱い難さは身にしみてます。信楽の白土はひも作りができるのですか。
私は天草しか経験した事がないので、陶器の方はほとんどわかりません。
抹茶碗とかに応用できるのかな。よろしかったら教えてください。
銀 URL|洒落陶様
#F.S2sd/w Edit  2008.12.02 Tue13:21
恐れ入ります。
天草はあのときは、そう言うモノかと思って頑張っちゃいましたが、多少分かってきて、この頃は、瀬戸か京都で精進してます(笑)
イヤもう、天草の名人洒落陶さんなら、もうどんな陶土でも屁みたいなモノでしょう。
信楽の土でしたら、多分どれでも、ヒモ作りOKでしょう。
自分も、はじめたてな上に磁器中心で、土モノはたまになので生意気なこと言えないのですが、浅岡窯業の「並濃し」が無理がきいてイラボ釉がキレイに出るので気に入っています。
ヒモ作りの茶碗ですと多少味がないかもしれませんので、昔風の古陶土といって、大きな長石粒が入っているのも売っています。http://www.asaoka-ceram.co.jp/
あと精土さんもいろいろ出しているみたいですね。http://www.ex.biwa.ne.jp/~seido/seido_top.html
原土でしたらばかね利さんとか色々あるようですが、買ったことがありません。
大きな陶彫などは、瀬戸の大島耐火産業の瀬戸本業土というのを愛用しています。

洒落陶 URL|
#- 2008.12.03 Wed13:03
ありがとうございます。こちらでは地元が一番という考えがあるのか

材料にしても保守的かも知れません。有田でも若い人達で陶器をやる方が

増えました。いろんな事情があるようです。
福嶋 URL|
#- 2009.01.21 Wed01:09
「ぎんよう」 様

 はじめまして。福嶋と申します。横浜に住んでいるフルート愛好家です。

 パソコンをいじっていたら、偶然「ぎんよう」様のサイトを発見いたしました。
 「ぎんよう」様、プロの彫刻家でいらっしゃるのですね。すばらしい作品の数々写真で拝見させていただきました。

 ブログ読ませていただきましたが、奥様がプロのフルーティストでいらっしゃいますね。羨ましいですねー、芸術一家で(笑)

 グラフェナウアーのリサイタル、ご夫婦で聴きに行かれたことがあるのですね。元バイエルン放送響のソロ奏者で、私がフルートを始めて間もない頃、日本の工藤重典や酒井秀明といった人たちとジュネーブやミュンヘンのコンクールでしのぎを削って争っていました。でも、すべてグラフェナウアーが彼らより上位を奪ったんですね。(もちろんコンクールの順位だけでその人の芸術的価値が決まるわけではありませんが。(笑))

 私は、フルート歴はもう20年を越えます。古楽の大ファンで、モダン・フルートのほか、フラウト・トラヴェルソやリコーダーなどの古楽器も演奏します。

 ところで、私の知り合いのピアノ講師で、神奈川県横須賀市の湘南国際村というところに、自宅の一室を音楽サロンにしている人がいます。(年代物のスタインウェイが2台あります。)
 実は、このサロン(「Salon Collina」といいます。)で、来月2月1日(日)(PM2:00~)に、井上昭史氏のフルート・リサイタルがあるのです。
 「ぎんよう」様、お住まいどちらなのかわからないのですが、もし遠隔地でなかったら、葉山の散策がてら、聴きにいらしていただけたらと思い、情報提供させていただきます。(メールいただければ詳細をご連絡いたします。)
 実は、この音楽サロン、時にはギャラリーとしても活用されているのです。

 井上昭史氏は、主に「トレヴァー・ワイ」の教則本の訳者として知られています(多分奥様ならご存知だと思います)が、演奏家としても、大変な名手です。
 個人の邸宅での少人数のリサイタルなので、終演後にはお茶会も行ないます。
 
 今回東京から来られる愛好家の方で、ルイ・ロットの4000番台(1888年)、18総金オールド・ヘインズ(1929年)それにI・H ロッテンブルグ(フラウト・トラヴェルソ)(1740年)の3本を持って来られる方がいらっしゃいます。
 「ルイ・ロット」と「ロッテンブルグ」は、この方がフラウト・トラヴェルソを習っている有田正広氏から譲ってもらったのだそうです。
 めったにお目にかかれない年代物の名器を拝むことができますよ。(笑)
 
また寒くなってきましたね。風邪など引かないようお気をつけて。
 また、立ち寄させていただきます。
 では、また。

「Salon Collina」のHP:http://www.diana.dti.ne.jp/tmcjapan/Salon%20Collina.htm
井上昭史のHP:http://www.k4.dion.ne.jp/~fp.salon/
銀 URL|
#F.S2sd/w Edit  2009.01.21 Wed21:43
福島さんこんにちは

コメントありがとうございます。
楽しそうな企画ですね。
家は、茨城県の取手で、お伺いしようと思えば出来ないこともないのですが、お伺いしたいのはやまやまですが、どうも二人とも貧乏ひま無しで。。。
小生は、展覧会後の注文を急いで作り、家内はバタバタあちこちで、あんまりお金にならない仕事をしています。

私は、基本的に道具が好きで、家内のムラマツやザフルートを読んで、笛についての伝説を読むのが楽しいのですが、家内はほとんど興味が無いようでして、ヘインツの総銀ですがたまに田村フルートに調整に出してそれであとは自分の吹き方のほうを調整するという感じです。
それでも、家内に会って、演奏に特化された音楽家の楽器に対する感覚の細かさに較べれば、美術家のそれはかなり荒っぽいことは痛感しました。
木を彫っていた時代は、かなり刃物や砥石にお金をつぎ込んだのですが、やはり美術で今日、自分なりの世界を組み立てるには、技術的鍛錬と正反対のこともしなくてはいけないこともあるようです。
福嶋 URL|お返事ありがとうございます。取手市からではちょっと大変ですね。(笑)
#- 2009.01.22 Thu21:31
「ぎんよう」 様

 お返事ありがとうございます。
 取手市からではちょっと大変ですね。申し訳ありませんでした。(笑)

 井上氏のリサイタルは、2年前からやっていて、今回が3回目です。
 初心者のアマチュア・フルーティストから音大卒業者まで色々な人が聴きに来られるので、フルート関係の方にご案内させていただいているのですが、 お住まいがどの辺かブログからではわからない方が多いんですね。(笑)

 湘南国際村は、三浦半島の相模湾縁からいきなり150メートルくらい上った高台にあり、天気がいいと相模湾全部と富士・箱根・伊豆の山々がパノラマで見えるのです。(たまーに、南アルプスの方までうっすら見えることもあります。)

 冬でもぽかぽかと暖かく、今頃の季節いらっしゃるのに最適です。

  「Salon Collina」とは関係なしでも、お暇なときに一度ドライブにでもいらしてみてください。

 私、茨城県方面は一度つくばのノバ・ホールにコンサートを聴きに行ったことがあります。
 筑波山、結構きれいでした。上ると霞ヶ浦もみえるんですって?

 機会があったらまた訪れたいと思っています。

 また、(ブログ)立ち寄らさせていただきます。

 では、また。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。