陶と漆の2人展ー鈴木智さんの作品ー

20081111174858s.jpg
DM
IMG_0918.jpg
銀彩カップ 鈴木厚所蔵


銀が陶磁器を始めるきっかけを下さり、折に触れアドバイス、励ましを下さる元窯鈴木智さんの展覧会です。
下の写真は、この間の宮城県村田町蔵の陶器市の際、衝動買いしてしまった銀彩カップです。
まず、軽くて使いやすい、
智師匠は、小生と同じような縄文的模様の衝動を持っている方と密かに思っているんですが、この作品においては、それを小生みたいにネチネチと展開せず、上絵の具のドリッピング一発に込めきってしまっているところが、男というか爽やかです。


会期:2008年11月19日(水)~25(火)
会場:日本橋高島屋7階 ギャラリー暮らしの工芸
今回は鎌倉の漆作家 矢沢光広さんとの二人展です。
会期中は在店しています。(11/19-21 鈴木ハツミ、11/22-25 鈴木智)

関連記事
スポンサーサイト

Tag:陶磁器  Trackback:0 comment:2 

Comment

元窯 URL|
#- 2008.11.16 Sun22:30
ありがとさんでござんす

かなり縄文的模様の衝動を持っている私ですがそれをストレートに出すのが難しいのです
やはり彫刻の人とは違う感じです
私はあくまでも工芸の人と思ってます
このカップはふーーーーーと力が抜けた感じの時上絵しました
あまり良く出来ている物が嫌いなんです

上手い人の物に共感しにくいんです

ありがとうございました
銀 URL|元窯様
#F.S2sd/w Edit  2008.11.17 Mon11:37
最初のころに風邪をひいていなければ、お邪魔します。
奥様へのCDをお作りして持っていきますよ~
楽しみです。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる