高校卒業程度の古文読解力で大福光寺本方丈記を読んだ。

ユク河ノナカレハタエスシテシカモヽトノ水ニアラス
ヨトミニウカフウタカタハカツキエカツムスヒテヒサシク
トヽマリタルタメシナシ世中ニアル人ト栖ト又カクノ
コトシタマシキノミヤコノウチニ棟ヲナラヘイラカヲ
アラソヘルタカキ■ヤシキ人ノスマヒハ世々ヲヘテ
ツキセヌ物ナレト是ヲマコトカト尋レハ昔シアリシ
家ハマレナリ或ハコソヤケテコトシツクレリ或ハ大
家ホロヒテ小家トナルスム人モ是ニ同シトコロモカハラ
ス人モヲホカレトイニシヘ見シ人ハ二三十人カ中ニワツ
カニヒトリフタリナリ朝ニ死ニ夕ニ生ルヽナラヒ■■
水ノアハニソ似リケル不知ウマレ死ル人イツカタヨリ
キタリテイツカタヘカ去ル又不知カリノヤトリタカ
為ニカ心ヲナヤマシナニヽヨリテカ目ヲヨロコハシムル
ソノアルシトスミカト無常ヲアラソフサマイハヽアサカ
ホノ露ニコトナラス或ハ露ヲチテ花ノコレリノコル
トイヘトモアサ日ニカレヌ或ハ花シホミテ露ナヲキ
エスキエストイヘトモ夕ヲマツ事ナシ
ftp://ftp.matsusaka-u.ac.jp/pub/etexts/houjou.txtヨリ)

ユク河ノナガレハ、絶エズシテ、シカモモトノ水ニアラズ。
澱ニウカブウタカタハ、カツ消エカツ結ビテ、ヒサシク留マルタメシナシ。
世ノ中ニアル人ト栖ト、又カクノゴトシ。
タマシキノ都ノウチニ棟ヲナラベ甍ヲアラソヘル、貴キ賤シキ人ノ住マヒハ、世ヨヲ経テ尽キセヌ物ナレド、是ヲマコトカト尋レバ、昔アリシ家ハマレナリ。或ハ去年焼ケテ今年作レリ。或ハ大家ホロビテ小家トナル。
スム人モ是ニ同ジ。トコロモ変ラズ人モ多カレド、イニシヘ見シ人ハ、二三十人ガ中ニワヅカニ一人・二人ナリ。
朝ニ死ニ夕ニ生ルルナラヒ、タダ水ノ泡ニゾ似タリケル。不知、生マレ死ル人、イヅカタヨリ来リテ、イヅカタヘカ去ル。又、不知、仮ノヤドリ、誰ガ為ニカ心ヲナヤマシ、何ニヨリテカ目ヲ悦バシムル。
ソノ主ト栖ト無常ヲアラソフサマ、イハバ朝顔ノ露ニコトナラズ。或ハ露落チテ花残レリ、残ルトイヘドモ朝日ニ枯レヌ。或ハ花シボミテ露ナヲ消エズ、消エズトイヘドモ夕ヲ待ツ事ナシ。
(岩浪、新日本古典文学大系ヨリ)



一番上は、大福光寺本という最古の写本による、方丈記です。
句読点も濁点もなく、古体の字だけは現行のものに変えてはあるようです。
カタカナな表記でもあり、非常に読みづらいのですが、小生は最近この本に句読点、濁点をつけるなど多少読みやすくして、注釈を施した岩浪新日本古典文学大系の本で読みました。(2番目に引用した物)


カタカナだらけの釘をまき散らした感じの字面ですが、このトゲトゲした感じも、パンクというか、親鸞、日蓮が吼え、地震、火災、政変、飢饉がうち続いた中世の悲惨にふさわしい感じもして、慣れると良くなりました。(漢文読み下し風?)
以前、ざっと読んだとき(兼良本?平仮名)は、サラサラと諸行無常を歌う、隠棲の賢人の美文であって、なんか、自分には縁がないタイプの古典と決めつけていたのですが、今回、注釈も含めて、短い事もあって数度、自分(高校卒業程度の古文読解力です)なりに精読してみると、やはり、感銘を受けました。
どんな、感銘かはどう書いても違うような気がしてしまうのですが、なにか、日本だったり、中国だったり、仏だったり、人間だったり、いろんなものがゴタゴタと絡み合い、こすれあい、ギシギシと軋むようなところが、根底に有っての表現のような気がします。
平安から鎌倉にかけての物凄い絵画の傑作群に通じる、と言うが一番正確な気もします。
一見小さいけど、とんでもなくでかい、汚くて美しいとびきりの美術品達です。

以下上げておきます。
p02-1.jpg

insei-03_2.jpg

056.jpg

shinbutsu-07.jpg

insei-03_1.jpg

p02.jpg



(すみません、コメントいただいてから改訂してしまいました。)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:読書(文学)  Trackback:0 comment:2 

Comment

ちゅう URL
#- 2008.07.01 Tue19:30
現代表記になってますが青空文庫にもありますね。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000196/card975.html


銀 URL|ちゅう様
#F.S2sd/w Edit  2008.07.01 Tue20:19
ありますね。
自分が上げたバージョンより多少ですが、言葉が多いようです。
すこし、日本語としてこなれている感じでしょうか。 平仮名だからかな。。。
注釈を丁寧に読むと、踏まえている、漢文、古歌、仏典などがたくさんあって、却って難しくなります。
生兵法というやつですな。
これだけで、本当にキレイな文章ですよね。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる