鈴木祐子フルート演奏会のお知らせ


SALON CONCERT IN TOGASHIRA
第89回 茨城の名手達 その1


=古典フルート名曲選=

フルート:鈴木祐子   http://homepage.mac.com/atsushi_sensei1/yuko/
チェンバロ:御子柴聖子


曲目

F.M.ベラチーニ:ソナタヘ長調
M.マレー:スペインのフォリア(32の変奏曲)から
J.S.バッハ:フルートソナタホ長調BWV1035

ティータイム

G.P.テレマン:無伴奏フルートのための12のファンタジーから第7番ニ長調
J.S.バッハ:フランス組曲第5番BWV1035(チェンバロ独奏)
J.S.バッハ:フルートソナタロ短調BWV1030


平成20年7月6日(日)午後2時~4時
マタニティーハウス戸頭(取手市戸頭2-41-19)HP:http://www.togashira.com/concert/index.htm
会費 一般:2000円 妊婦:無料 学生:1000円(小学生以下はご遠慮下さい)

申込先:戸頭医院 TEL:0297-78-3181 FAX:0297-73-3180
戸頭医院HPhttp://www.togashira.com/

map0718.jpg

交通機関 : 関東鉄道常総線 戸頭駅より徒歩7分(駐車場に限りがございますので電車でおいて下さい。)
〒302-0034 茨城県取手市戸頭2-41-19
TEL 0297-78-3181
FAX 0297-78-3180

妻の演奏会です。
過去3度のリサイタルよりも、はるかに内容的、技術的に周到な準備を行っています。
練習を聴いての個人的な印象では、最初のリサイタルのソウルフルで体当たり的とも言えた強い表情の演奏が、技術的洗練をくわえ説得力と深みを増して帰ってきたという感じです。
チェンバロの御子柴さんは、録音でしか聞いていないのですが、まさに天衣無縫、実に歌にあふれる演奏をされる方で、妻祐子も才能ある人と一緒に演奏する嬉しさを、たびたび語っています。

よろしくお願い申し上げます。




関連記事
スポンサーサイト
テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

Tag:鈴木祐子  Trackback:0 comment:9 

Comment

花花 URL|
#- 2008.06.21 Sat21:18
裕子さんお久しぶりです。高島屋でお会いしたときとは又違った印象でステキ!

演奏会いける方がうらやましいです。それに妊婦さんは無料!赤ちゃんも喜ぶわ~~。
元窯 URL|
#- 2008.06.21 Sat22:46
いやーーー俺も行きたいなーーー

録音してくれよ、頼みます。
銀 URL|花*花様
#F.S2sd/w Edit  2008.06.21 Sat22:54

筆無精の銀妻は現在実家で、お返事すこしおくれるかとおもいますが、ありがとうございます。
家内に替わって、御礼申し上げます。
銀拝
銀 URL|元窯師匠
#F.S2sd/w Edit  2008.06.21 Sat23:06
ありがとうございます。
録音頑張ってデジタルでやります。

多少,家事お手伝いが大変になってきました。
でも、模範的ナマナマ亭主はイライラしません。(汗)

銀拝
祐子 URL|花*花様、元窯様
#F.S2sd/w Edit  2008.06.24 Tue17:54
暖かいお言葉、ありがとうございます。
元気が出ます。
主催者の先生の御希望で、全曲バロックになってしまい、好きなのですが、凄いプレッシャーですが、立派なチェンバロと素晴らしいピアニストとの競演でとても刺激的です。
ジャズプレーヤーのように即興で、装飾音が練習の度に変わりとても楽しいです。
本番、気合い入れてがんばります。

カデンツァ URL|
#- 2008.07.02 Wed13:08
奥様の演奏会、間近ですね。いろいろなご準備やご苦労、自分が終わったばかりでもあって、我が事のようにお察し致します。
あつしさんの奥様は、きっと素晴らしい方だろうと想像しています。
聴きに行きたかったのですが、仕事が入ってしまいました。残念です。

学生の頃、友達の縁で奥様の大学のクラリネットのレッスンの伴奏を一時期よくやっていました。
大分前にもう別の学校に移られた先生ですが、通称ポコちゃん、といったらご存知でしょうか。
ポコちゃんは当時は恐ろしくて、また温かくて、ピアノの先生よりもずっとたくさんの音楽を教わりました。毎年夏のクラリネットの合宿にも連れて行かれて、大勢のクラリネットとともに他の管楽器の学生や卒業生やプロも含め、伴奏と室内楽三昧の合宿。(今も東京クラリネットフィルハーモニーとして活動続けているようですが)
毎晩のコンサートに向けての合わせがきつくて、楽しくて、夢のようだったです。
そんなご縁でオーボエやファゴットなど木管の伴奏によく通っていましたので、合わせの合間にフルートだと赤木りえさんなどがひょこっと遊びに来られることもありました。当時は当然学生でしたが。
お年も知らないのに勝手な空想ですが、奥様もその頃どこかお近くにいらしたのかな、と思ったりします。


真摯にリサイタルに取り組まれていらっしゃること、すばらしいですね。
どうぞいい演奏会になりますように、心からお祈り申し上げます。


銀 URL|
#F.S2sd/w Edit  2008.07.02 Wed19:17
カデンツァさま
ありがとうございます。
家内は、私たちより、3学年下で、一浪、1留と言うことでした。
で、聞いてみたところ、ポコちゃん知ってましたよ!今風に平らに(カレシみたいに)まっすぐなアクセントで呼ぶらしいですね。(笑)
赤木さんは山形さんと同じ学年だと思うといっていました。
家内は、tカツ同窓生で建築家になった、*ザワさんの紹介(30すぎてから)ですが、その頃建築科にいました。私も時々上野には遊びに行っていました。どこかで、すれ違ったかもですね。
あの頃は、ホント私もモヤモヤ何だか分からない熱に浮かされるようで、お馬鹿でしたが楽しい時代でした。
でも、やっぱり上野が一番楽しそうでしたよね(笑)
家内は、物凄い筆無精な上に今日は疲れてや寝ていますので、とりあえずワタクシが変わりにお返事申し上げました。

鈴木拝
カデンツァ URL|
#- 2008.07.03 Thu13:01
そうなんですか。私は5年間上野にフラフラしていましたので、ご夫婦ともにどこかでお会いしてるかもしれないです。
赤木さんは、同じ学年だと思っていましたが、山形さんがどの年なのかは知りません。小山実稚恵さん、大野和士さんなどいらっしゃいました。芸術祭で、大野さん指揮の「展覧会の絵」を聴きにいった時は、演奏の皆さん、飲んだ後の赤い顔で楽しそうでした。シャープな棒がかっこよかったです。

本番前に、ご本人から返信で煩わせるなんてもってのほかでございます。
ご成功お祈りする気持ちだけお伝えいただけたので、十分です。
またいつかの機会には、ぜひ伺いたいと思います。
銀 URL|カデンツァさま
#F.S2sd/w Edit  2008.07.03 Thu20:34
重ねてありがとうございます。
良く伝えておきますね。

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる