ラフマニノフが弾いている!

ラフマニノフが自作の協奏曲を演奏している音源を見つけました。

youtubeにもあったのですが、あまりに音質が悪いので、自分でアップしました。
2番の1楽章のみですが、こちらでどうぞ。
(ということでしたが、いろいろ失敗したので、やっぱりこちらでどうぞ)

http://public-domain-archive.com/classic/download.php?album_no=156

ピアニストとしてのラフマニノフを尊敬していたミケランジェリは、4番の協奏曲のみを録音している理由として、”2,3番はラフマニノフ自身の素晴らしい録音が残っているが、4番のみはどういう訳かそれほどでもないので、自分が録音する意味もあるかと思って。。。”というような意味の発言があったようです。

自分にも、繊細で深々とした内容ある音楽のように聞こえます。

この音源は、録音後50年が過ぎ、著作権が切れた物がダウンロード出来るサイトから頂戴しました。
われわれ、オヤジクラシックファンが10代の頃に名盤とされていた音源がたくさんあります。
例えば、カザルスのバッハ、ベートーヴェン、ドボルザークの協奏曲、ジョージセルとカザトシュのモーツァルトの協奏曲、オイゲンヨッフムのブラームス、クララハスキルのスカルラッティ、バックハウスのモノラルの方のベートーヴェンなど。

http://public-domain-archive.com/classic/



関連記事
スポンサーサイト
テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

Tag:音楽  Trackback:0 comment:12 

Comment

カデンツァ URL|
#- 2008.06.16 Mon10:46
ラフマニノフの音源、ありがとうございます。
ミケランジェリの発言については、ユリイカの5月号ラフマニノフ特集で吉田秀和さんが書かれていらっしゃいました。
私もCD持ってますが、ラフマニノフの自演録音を聴くと、なぜこの音楽が生まれてきたのか、よく分かるような気がします。
これほど、このように、弾ける人だったから生まれてきた音楽だったのだということが。

そんな神様の演奏を聴くと、ふがいない自分が弾いてみる意味などないような気もして、沈んでしまうのですが、それでも弾いてみたくなる音楽の力ってすごいと思います。
体験してわかる意味も、少しはあると思うので。
銀 URL|カデンツァ様
#F.S2sd/w Edit  2008.06.16 Mon12:32
カデンツァ様
お忙しい中、無責任な記事にコメントありがとうございます。

ラフマニノフ、音楽に鈍くて一番よく分かるのが歌謡曲という自分ですが、この演奏はどういう訳か感動してしまいました。もうちょっと、昔風の演奏なのかと想像していたのですが、なんか軽薄な自分にも伝わる物を感じてしまいました。

>そんな神様の演奏を聴くと、ふがいない自分が弾いてみる意味などないような気もして、沈んでしまうのですが、それでも弾いてみたくなる音楽の力ってすごいと思います。

本当に同感です。
美術の場合、特に中国がそうなのですが、土のなから凄いのが出てきたりします。
マスメディアと交通が発達して、過去の素晴らしい人類の作品が身近に触れられる世の中で、本当に自分などやる意味はないとつくづく思います。
ホントに自分で造ることによって、過去や、今の時代、友達の作品などのよさが、苦しいほど痛切に分かるようになります。
となると、自分で作るということは、人にはあまり見えないところで何か祈りのように人類の素晴らしさに花を手向けるみたいな作業なのかもしれません。
でも、それはそれで世の中にあって良いことだと思いたいです。

謙虚にいろいろのことを感じられ音楽に取り組んおられるカデンツァさんの演奏はきっと、聴く人を引きつける何かを持っていると思います。
かげながら応援させていただいています。
ちゅう URL
#- 2008.06.16 Mon19:32
PDMいいですね。利用させていただきます。

元窯 URL|
#- 2008.06.16 Mon20:10
ラフマニノフ私も好きです、ラフマニノフが大好きと言うと少し恥ずかしくなります、顔に似合わないと思うからです。

あの甘ったるい感じがいいですねーーーーv-367

著作権が切れた物がダウンロード出来るサイト  知りませんでした、ありがとさんです。
カザルスのバッハは図書館で借りてヘビーに聴いているところです。
カザルスはドスがきいていてスゲーーーーーですね
銀 URL|風邪ひきました
#F.S2sd/w Edit  2008.06.16 Mon21:08
例によって、風邪ひいて、8度も出てしまいました。
皆さんコメントありがとうございます。
また後ほど。。。。。
カデンツァ URL|
#- 2008.06.17 Tue13:00
>自分で作るということは、人にはあまり見えないところで何か祈りのように人類の素晴らしさに花を手向けるみたいな作業なのかもしれません。
でも、それはそれで世の中にあって良いことだと思いたいです。

とてもすてきな言葉ですね。全く同感です。
自分のしている何かが一人にでも伝わって、共感していただけるようなことでもあれば、涙が出るほどうれしいです。

>かげながら応援させていただいています。

 お気持ち、心からありがたく思います。あつしさんの作品も、いつか生を見てみたいなあと常日頃思っています。
 根つめてお仕事されてしまったのでしょうか。どうぞお大事にしてください。

銀 URL|ちゅう様
#- 2008.06.18 Wed13:54
webマスターのちゅうさんに教えることがあったなんて。。。
嬉しいっす。v-238
銀 URL|元窯師匠
#F.S2sd/w Edit  2008.06.18 Wed14:03
ラフマニノフは、師匠のハンサムなお顔に合ってますよ~v-119
特に2番の協奏曲は分かりやすくて良いですよね。

カザルスのバッハは、いろんなのを聴いてもやっぱり感動しちゃうんですよね。
どこかで読んだのですが、あの音程の悪いところも、わざとやっているんだとか。。
クラシック聴いている感じではないですよね。

ところで、咳も鼻もでなくて、のどが猛烈に腫れる風邪が流行っているのでお気をつけ下さい。


銀 URL|カデンツァ様
#F.S2sd/w Edit  2008.06.18 Wed14:19
コメントありがとうございます。
やっと、熱が下がり、かける状態になりました。

ホントに、表現活動を続けるのは大変ですが、お互い頑張りましょう。
私は、長いことをやっているのに、人に自分の気持ちを伝えることが苦手というか、アンマリ考えていないという感じでした。当然理解者は少ないです。才能がイマイチということかもしれません。
それでも、なぜか造ることに夢中になっている自分をみて、苦し紛れに、これはコミュニーケーションの手段というよりお祈りというか、お坊さんの朝夕の勤行に近いのかな等と考えてしまったりします。
でも、少しずつでも、見ている人に共感していただけるように努力しようと思っています。
今後ともよろしくお願いします。
発表の機会にはお知らせをお願いします。
ハンサム元窯 URL|
#- 2008.06.18 Wed17:19
カザルスはまるでフラメンコに聞こえます。
何かもっと表現したい大切な物があって音程とかは超越した境地かな?
たとえは悪いかも知れんけど ブルースのアール キングとか

v-269
銀 URL|ハンサム、シュタルケル、元窯師匠
#F.S2sd/w Edit  2008.06.18 Wed21:18
カザルスがフラメンコというのは分かる気がします。
どこか、大衆文化と境を接している感じ。。
大きい人なのでしょうね。リアルな人というべきでしょうか。
(ご本人は、ジャズにバッハをアレンジしたりすることには不快感を表していたようですが。)
私は、個人的には、強い太陽光の中にある、古ぼけた教会が目に浮かんでしまうのです。

関係ない気もしますが、ここのところ、jordi savallというスペインの古楽の人のをyoutubeしているのですが、随分と通俗味のある物もあって面白いです。

アールキングというのは、バラカンさんお奨めの、有名な物凄くチューニングの狂ったバラードの名演のある人でしたよね?
今日youtubeしてみて、プロフェッサーロングヘアーさんたちニューオリンズスタイルのかっこいいR&Bを堪能いたしました。ありがとうございます。


それにしても、夏風邪やばいです。
今日は、長女を医者に連れて行きました。
ハンサム元窯 URL|
#- 2008.06.18 Wed21:34
三味線のjazzとかrockが大嫌いなのでカザルスに同感しました。

とにかく水たくさん飲みなさい

根拠は無いですが



comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる