田んぼ

IMG_5313.jpg

このところ毎日夕方、娘を連れてすぐ近くの広大な田んぼに散歩にいっている。
田植えも終わり、髭みたいにまだ短い稲が一面ビッチリ生えているのは多少気色悪いが、風の感じ、遠くに見える鉄塔のしたの家々、田んぼの縁の林、夕日が田の水面に映る感じなど、どこか、わかる、わかる、というような、安心感というのか、納得できる感じというのか、かなり幸せな気分である。
水田にこんな事を感じるというのは年取った証拠?まさか、死期が迫っているからじゃないだろうな。(笑)
娘達は、車で遠くに行きたいようでブーブー文句を言うが頑として田んぼにしか連れて行かない銀です。

遠くに見える鉄塔群ですが、子供の頃鉄塔のあいだに怪獣というか首長竜の首がにょっきり見えている夢を繰り返しみたことを思い出します。
IMG_5269.jpg


関連記事
スポンサーサイト

Tag:つれづれに  Trackback:0 comment:6 

Comment

江戸川台のきょん URL|のうぎょうとようぎょうは一字違いだね!
#pYnNxVVQ Edit  2008.05.21 Wed05:13
うちの回りにも、田んぼは一杯あるよ。
田植えは5月の連休頃と思っていたら、中には早くも3月中に済ませる農家もあって、訳を聞くと、それだけ早く収穫できれば、
価値のある「新米」として早く売れるから、とのこと。

 但し、まだ寒いので、温度が低すぎると生育が悪くなる、というリスクもあるらしい。

 私自身は農業はやったことはないが、化学者として、「水田用除草剤の開発」という仕事には、携わったことがあるので、
試験ほ場(田んぼを波板で1メートル四方位に小さく区切ってその中に違う薬剤を散布して試験する)には、ゴム長を履いて、入ったことはある。

 あと、試験中にイネミズゾウムシという、害虫が大発生してしまい、殺虫剤を使うと、試験している除草剤の副作用(薬害)が
評価できなくなるという理由で、総出で人手で虫をつぶしてまわった事もあった。

 そして、いかに農薬が作物の増収に貢献しているか、すなわち地球の食糧問題を改善したか、水田なら、腰をかがめて、
長く、暑くて辛い草取りからお百姓さんを解放したか、減少一途の就農人口で生産を可能ならしめたか、、これらはいずれも
農薬を開発する側の論理かもしれないが、使命に燃えて、農薬の研究をしていたのである。

 今や医薬品と同様、農薬も合併・連合が進み、一介の石油会社が新しい農薬を開発することは体力的に無理となって、
その領域からは撤退したが、次の使命に向けて日々精進を続けております。
銀 URL|きょん様 
#F.S2sd/w Edit  2008.05.21 Wed08:31
>そして、いかに農薬が作物の増収に貢献しているか、すなわち地球の食糧問題を改善したか、水田なら、腰をかがめて、
長く、暑くて辛い草取りからお百姓さんを解放したか、減少一途の就農人口で生産を可能ならしめたか、、

そうだね、農薬=悪玉みたいな雰囲気が特にテレビを見ているとあるが、プラス面もキッチリ評価しなくてはいけないよね。
まず、人間が飢えて死ぬか生きるかの問題の解決が一番先だ。まず、食糧の確保だ。
その上で、雰囲気の問題でなくて、現実的に環境問題を考える。
でも、そんな頭の良いやつ世の中にいるのかな~

同じようにかどうかは分からないが、蹴ロクロの方が電動ロクロより、ガス窯より登り窯が正しいという雰囲気もイヤだ。
楽するところは楽しないと高度な仕事は出来ません。

人を雇える身分でなくてもゲージツが出来るというのは、現代日本社会の科学やら流通やらよく分からないけどそういう物のおかげというか、そういう物に銀は寄生して暮らしているのです。ハイ。

大体、田んぼで、だらしなくおセンチな感慨に耽けっていられるというは、農薬のおかげで田んぼにほとんど人が働いていらっしゃらないからなんだよね。(笑)


プカプカ URL|
#- 2008.05.21 Wed22:05
今日 わたし運転で友人達と出かけたんだけど・・・・
高速おりたあたりが・・・田んぼいっぱいでーーー
それが、、、田んぼと思うまで何十秒かの間・・・こわかった、、、

水害と思ってしまったんだ!
坂道降りて行く両側が、、、ぜんぶ田んぼで・・・太陽が反射して・・・
あたり一面が 水害にでもあったように見えたんだよねー

水が入った田んぼって・・・いろんなもの写しているよね~
銀 URL|プカプカ様
#F.S2sd/w Edit  2008.05.22 Thu09:51
プカプカ様
>水が入った田んぼって・・・いろんなもの写しているよね~

ホントですね。

>水害と思ってしまったんだ!

大昔、氾濫したデルタ地帯で稲を育てたりしてたのかなー?
そんな記憶が遺伝子に組み込まれているのかもしれないなどと思いました。

水の入った田んぼっていろんなエモーションをかき立てる物ですね。
きっと、普段考えているより深い関係を大昔より我々は田んぼと持って来たのでしょうね。

ひがし URL|
#- 2008.06.07 Sat23:58
私ごとですが、きれいだなー、、。
と、思ったことは、田んぼと鳥越のお祭りしかないのでした。
すげー、、。と、かっこいいー、はあるのですが、きれい。はない。
田んぼはやっぱきれいですよ、こう、うすーく水がはられて、空がうつったりするともう、、。

人工への憧憬なんでしょか?
銀 URL|ひがし様
#F.S2sd/w Edit  2008.06.08 Sun00:28
田んぼはキレイです。
秋は色が、ビンセント、バン、ゴッホだよ。
なんか、どうもこのあたりの集落や家の様子、ぽっこり浮かんだ、祠の森をみていると、田んぼを海に見立てたくなります。
近くの丘には貝塚があって、縄文海進の時代は遠浅の海だったようです。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる