スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

蔭山正人さん、田島亨央己さん

皆さん、お久しぶりです。
しばらくぶりだと妙に緊張しますな。
本日は、先日参加した某彫刻展に参加して知り合った面白い作家を紹介します。

まず蔭山正人さん
蔭山正人

他の作品はHPでご覧になれます。http://www.aurora.dti.ne.jp/~mamirin/index.html/
この暗さがたまらないです。
或いは、一般受けしづらいかもしれませんが、こういう暗さは多分日本人にとって本当は人ごとじゃないと思います。
哀しいほどリアルである。
みんな、分かっておくれよ。と、言いたい。
個人的には、、全体的な完成図からではなく、細かい細部からヌメヌメと発想が展開しているような所に勝手に親近感を覚えました。
ほのかに、狂気が香るのです。


愛想のいい方で、盛んに新米の私にワタクシに話しかけてくださり、ちと太めのチャーミングなお姿から自分より年少かと思っていたのですが、HPをみて、先輩と気づきました。
新具象彫刻展という、かの船越桂さん、三木俊治先生、自分が敬愛してやまない、麻生マユさん、湯田さん、島根紹さんが参加していて、解散してしまった伝説のグループ展に参加しておられた硬派の優れた彫刻家であります。

もう一人、田島亨央己(たかおき)さん

彼の作品は彼の素晴らしいHPで是非ご覧下さい。
http://www.sidoro-modoro.shop-site.jp/index.html

彼はまだ若い30代の木彫家です。
一昨年、同じ歩会で作品を初めて見たとき、己を巳と、亨を亮と読み違えて(老眼は惨めだ)、リョウミさんという女性かと思って、若い女性の彫刻家に「あなたの作品?」と話しかけたのを覚えています。
実は、その間違いには理由があって、小生は若い25~6歳ぐらいまでの女性作家(特に、なぜか美人の女性作家がそうであることが多い)には超能力があると常々思っているのですが、田島さんの作品には、それを思わせる飛び抜けてにおうようなイメージの濃さがありました。
普通の木で出来ているのですが、なにか違う物に見える。
旨く言えないのですが、熱帯の何かで、チビ黒サンボみたいな絵本て、でっかい果物で、、、
30代後半の男に、この表現が出来ると言うことは内側に相当深い欠落を持ったアブナイやつなのか、自分をぎゅーぎゅー締め上げていろいろ考えている人なのか、、、、、
不思議な人です。

彼は、表面的には音楽好きの(ギターがかなり旨いらしい)ハンサムな好青年で、自分と同じ芸術家の家系らしいです。
4代も彫刻家が続いたと言うことですが、その4代が全員経済的にも破綻せず、楽しげにバランスのとれた作家生活を送ったのではないかと想像しますが、素晴らしいことです。
私の所は、2代で終わりだな。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:美術・彫刻・絵画  Trackback:0 comment:2 

Comment

たじまたかおき URL|
#- 2008.05.14 Wed23:35
どうも、隠れ鈴木厚ファンの田島です。初めてコメントしてみました。
先日はお疲れさまでした。
ちょっとのぞいて見て私の事が書いてあったので、びっくりしました。相変わらずの美文で批評されているので、とても面白く楽しく嬉しく拝見しました。

…で、読みにくいんですよ。名前。 享央己(たかおき)です。 …で、 アブナくはないでよ。(笑)
銀 URL|失礼しました。
#F.S2sd/w Edit  2008.05.15 Thu00:17
よっ!紅顔のアブナイ少年!(笑)
アブナイというのは、断然、褒め言葉なので勘弁してください。
たじまさんは、良い人間なのはよくわかってますよ~(笑)
自分も、恥ずかしいくらいお人好しみたいです。

これからも、これに懲りずによろしくお願い申し上げます。

お名前の方、間違えて失礼しました。
早速、訂正しました。

銀拝
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。