歩会彫刻展

風が凄くて、昨日から始めた窯たきを中断しました。(夜は、火を落として朝再開したので、徹夜はしていません)
それで、書く暇ができました。
展覧会は22日からだが、素焼きのまま出さざるを得ないです。
瀬戸の磁器素地を無釉で焼き締めるつもりなので、そんなには変わらないでしょう。
明日も予報によれば強風だそうで、夜、風がやんで徹夜でがんばれば何とかなるかもしれません。

展覧会の予告です。

歩会彫刻展
4月22日(火)~5月6日(火)休館日4月28日(月曜日
開館時間9時~16時30分です。最終日も同時刻
千葉県立美術館http://www.chiba-muse.or.jp/ART/

銀は30日当番で一日中おります。
最終日6日午後もおりますが、途中、2時間程中座する時間がございます。

歩会は、千葉県在住中心の彫刻家の古くからあるグループでやや地味ですが、マジメな作家ばかりです。
常設の美術館コレクションも、有名作はあまりありませんが、浅井忠、バルビゾン派等充実しています。


小生は、旧作の木彫『新しい仏像」と新作の陶彫「アダム」「イブ」の3点を出品します。
今回の作品のうち2点は性器がむき出しですが、この程度ならば小品ですし問題ないかと思います。
ただ、思うのは、何か世の中が神経質になって来ていてちょっと下品な物はたとえ芸術の分野であっても非常な嫌悪を受けるようになってきたのではないかということです。
でも、ものつくりとしては、自分の作品の内容が大したことがないから受け入れられないのだとも思ってしまいますから、あんまり声高には言う気にはなれない。
そもそも、下品であることは目的ではないし、美術が解放区でなくなってしまってきていることは我々今日の美術家の課題でもあるだろうし、頑張れば面白い展開の元にもなり得ると思う。それに、解放区で仕事をすると言うことは、実はそれほど面白いことではない。
しかし、一つだけ、言っておきたいのは、ゴッホやゴーギャンの印象派やピカソ達20c初頭の前衛作家達が命をかけて作り出した、どんなに下品に見えても、自分たちの生活感情や宗教と離れた物でも良い物はよいと認める考え方、見方は、人類の知恵とも言える本当に大切なものですから、絶対に守らなくていけないと言うことです。
そのためには、新しい本質的な良い作品を作り、不断に美術の領域を広げる努力をし続けなくてはいけない。
(性表現の自由は広がっているようにも見えますが、全体的に見ればかえって狭まってきている感じがするという話でした。それにしても、まともに論じるとどう書いてもなんか違うなという感じになりますな。)


以下写真です。

イブ(写真は粘土の状態ですが、出品時は焼成してあります)
イブ


新しい仏像
新しい仏像


今回、以前にこのブログで泣き言を書いた大きいero彫刻(男女がことを致しているところ)は、どうもまだ情報量が足りなく、扇情的な部分プラスアルファの大切な物にやや自信が持てないので出品を見合わせました。
後に、大きな台座にいろいろとオブジェを付けたものを制作してその上にのせて出品しようかと考えています。

ちょっと関係ない気もしますが、娘が最近、矯正歯科にかよい出しました。(どうすんのよ!そんなお金!偉くなるしかないな。ううううー)
世の中神経質になってきているという話のついでですが、一昔前なら「八重歯がカワイイ」ですんだのが、今や「ドラキュラみたい」になって、コンプレックスの原因になってしまいました。
同じようにセクハラも。。。
こんなに、言ってはいけないことが増えては、男が女に好意を伝えづらくなって、少子化がますます進むのではないか。
仲の良い女性のお尻を挨拶代わりにサワサワするのはさすがにやめて久しいですが、幼稚園の送迎であう、カワイイ先生とヤンママに「今日は一段とおきれいですな」と言うのだけは絶対にやめないぞ。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:展覧会・展示会情報  Trackback:0 comment:2 

Comment

元窯豚足工房主人 URL|
#- 2008.04.23 Wed11:26
友人の女性イラストレーターが大笑いしてました、この木彫の方は 生理的にダメダと言ってたよ。

色々見せたら 春美の青春 最高だ と私と同じことを言ったので嬉しくなってしまいました。

以上
銀 URL|元窯豚足工房主人様
#- 2008.04.24 Thu10:27
あはは、焼き締めたらば随分小さくなって、貧相になってしまいました。

春美ちゃんの境地にはいけなかったかな~

昨日は、胃カメラ呑んでがおってました。

十二指腸に小さなポリープがあって大丈夫みたいですけど、一応培養して検査するみたいです。

皇太子と同じ症状で、一万人に一人の高貴な症例です。(笑)

多分美人のイラストレーターさんによろしくお伝え下さい。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる