彫刻家が陶磁器を作ると言うこと

長い間、彫刻家、画家として頑張ってきました。30年近くです。
なぜ、器を作るようになったのかといいますと、はっきり自分でわかるわけではありません。
長く勤めた短大に15KWほどの電気窯があり、保育士の養成課程に陶芸を入れるため、陶芸教室に通って自分で器を作ったらとっても楽しかったことが、直接のきっかけではあります。保育士志望の娘さん達はとっても可愛くて彼女たちのためにはかなりの無理を無理と思いませんでした。
また、彫刻が、作るのに時間がかかるので単価がどうしても高くなりほとんど売れない世の中になったこともあります。
自分は、ある高名な木彫家の一人息子ですが、幼い頃から巨匠のもとで見てきた美術をやり続けるのみの生活に父の非業の死をきっかけに耐えられなくなったと言うこともあります。
絵や彫刻に関しては、最高の作品のなんたるかをやはり普通の彫刻家よりは知っているようであり(自分が優秀であるという事ではありません。知っていると言うこととそういう作品を作れると言うことははっきりと違うことであることは痛いほどわかっています)、それは作るうえで実に楽しくないことです。
とりあえず今は、彫刻家として、画家として考えたことをほとんどすべて、器に表現できること、それを数千円で売ってしまうことが、なかなか新鮮で今は喜んでいます。彫刻や絵は、良くも悪くも大がかりで高価で、世の中に仰ぎ見られる存在であること(敬遠される?)が多いのが辛くよっぽど注意しないと鼻持ちならなくなります。心血を注いだ作品を安く人手に渡してしまうことに、一抹の寂しさがないこともないですが、清々しいです。
また、陶磁器についてほとんど何も知らなかったもので、色々な人に質問し、意見を聞きそのたびに自分がこころをうごかすためでしょう、彫刻だけを作り続けていた時代より遙かに色々な方と深いお付き合いが出来るようになりました。彫刻についてはあるいは、傲慢で世間知らずであったと言うことかもしれませんが、人にきく必要を始めた頃からほとんど感じませんでした。おまけに屈折してストレートとは言えない作品を作っていましたから非常に孤立した存在でした。
よく分からない世界のなんと自由で美しいことよ。
彫刻家としてのHPは
彫刻家画家鈴木厚の世界
自刻像、木、1983年
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる