スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

小文間小学校旧校舎保存について中間報告です。

平成27年春に閉校となった小文間小学校の跡地の再利用については取手市役所政策推進課が福山コンサルタントに依頼したごく大まかな案を2018/2/18「旧小文間小学校跡地の利活用に関する地域懇談会」で地元住民に公開した。

AB2案があったが
A案では体育館と体育館前の小さな鉄筋コンクリートの2階建校舎は残し他は全部壊す。
B案ではA案同様に体育館と体育館前の小さな鉄筋コンクリートの2階建校舎は残し、加えて長倉康彦氏設計S39年竣工の鉄筋平屋の旧校舎も残す
というもの。


しかし、2/18の懇談会では政策推進部長は旧校舎の耐震工事に平米あたり25万、1000平米で2億5000万という数字を出してきて事実上市としては取り壊すA案が本音のようであった。以上当ブログのこちら参照>>>

長年、旧校舎の美しさ建物としての面白さに魅了されてきた自分とするとできるならば保存して活用したいという希望があり、政策振興課にメールを出し質問して見た。また、3/27に政策推進部長の呼びかけで「旧小文間小学校跡地の利活用に関するアーティスト懇談会」という市内のアーティスト10人ほどTAPに依頼して選定し意見を聞くという懇談会もありその席でも旧校舎についていくつかのやりとりがあった。
以下、その両者について簡単にまとめて見たい。

1、市hp政策振興課メールホームから旧校舎のIS値0、22という耐震強度診断の時期と発注先を尋ねて見た。
答え(3/5政策振興課木野本氏よりのメール)
以下引用
「旧小文間小学校跡地の耐震診断は平成17年度に実施しており、水戸市にある(株)羽石英夫建築設計事務所に委託しております。」


*スズキの感想
診断から平成27年(2015)の閉校まで10年間児童は自由にでいりし、学童保育にも使っていた。
震災後も美術室、音楽室、図書室、保健室、理科室として使用していたのに、今になって急に耐震の費用を理由に取り壊しを主張するのはどうも腑に落ちなかった。この件に関しては3/27アーティスト懇談会の際も言って見たが明白な答えはなかった。
また、アーティスト懇談会の際には事前に旧校舎内部の見学を申し入れて見たが耐震強度を理由に教育委員会から許可が出ないということであった。
震災後余震が続く中、毎日子供が出入りしていた校舎に30分間以内入れないのは矛盾ではないかと突っ込んで見たが効果はなかった。

ちなみに、上記(株)羽石英夫建築設計事務所は調べたところ取手市では
取手市立戸頭(とがしら)中学校校舎大規模改造・武道場非構造部材耐震補強工事実施設計業務委託(平成29年、13,500,000円)
中学校空調設備設置工事実施設計業務委託(4,450,000円 平成27年)
などの落札があった。(取手市hp)

2、市hp政策振興課メールホームから旧校舎耐震工事の総工費2億5000万(平米あたり25万)の根拠を尋ねて見た。
答え(同じ3/5政策振興課木野本氏よりのメール)
以下引用
 「改修費用の試算については、コンサルタントが行ったものであり、基本的には1㎡あたりの単価を試算し、これに旧校舎の床面積をかけて算出しています。

 旧校舎については、特徴的な外観に価値があるとの観点から、筋交いが入ってしまう通常の耐震補強工事ではなく、外観上の特徴を損なわないような特殊な耐震補強工事を行うことを想定したため、費用が通常の工事の場合に比して高くなると考えております。

 また、旧校舎を、例えば住民の皆さんが交流可能な用途の建物として使用可能な状態にするためには、用途変更が必要となり、建築基準法や消防法に定められている基準を充足する必要が生じてきます。そのため、建物として使える状態にするためには、耐震補強工事に加えて、防火対策や内装改修、防水改修、設備改修などの工事に要する費用も必要になります。』

3、上記2について友人の建築家の助言を参考に検討しさらに政策振興課へメールして見た。3/15
以下スズキのメールから引用

「ネットで校舎の耐震化について調べたところ、見付かった範囲では単純な耐震では63581円/平米(柏市光ヶ丘中)
が最高額、改修をつけたもので(京都東山高校)の93000円/平米でした。
また、廃校後用途変更した例ではの351785円/平米(港区みなとNPOハウス)を除き知り得た他の7例は20万/平米以下でした。


1、お示しの25万/平米は文化財指定並みの完璧な保存の耐震なのではないでしょうか。
例えばブレースでも入れ方次第では良い味になることも考えられます。小文間小旧校舎のようにオリジナルに作品としての力があれば多少乱暴な補修でも価値を失うことは少ないと思います。
次善の耐震化は考えられないでしょうか。

2、ご返答にあった用途変更の費用も例えば貸しオフィス並みの設備を考えての費用ではないでしょうか。
用途変更の規制緩和はどんどん進んでいると聞きます。ほとんど改修なしの転用例もネット上に散見しました。もう少し安くあげる工夫ができると想像します。その方向での可能性を探っていただきたく存じますが、いかがでしょうか。

3、国費の補助金も多数あると聞きます。利用はできないでしょうか。
 
*結果

なかなか回答のメールが来ないので催促したところ
「先般、頂いた小文間小跡地の旧校舎の解体費用の単価に関するご質問についてですが、現在、コンサルタントと内容を検討しているところであり、来週27日のアーティスト懇談会の際には、何らかの回答をさせて頂きたいと考えておりますので、もう少しお時間を頂きたいと思います。」(木野本氏よりの3/23メールから引用)
の返答があった。

しかし、
・3/27旧小文間小学校跡地の利活用に関するアーティスト懇談会」においても明確な返答はほぼなかった。
同席した福山コンサルタントの社員も「特徴的な外観」を残すために「筋交いが入ってしまう通常の耐震補強工事ではなく、外観上の特徴を損なわないような特殊な耐震補強工事を行うことを想定」するとこの値段になると繰り返すのみでAll or nothingではない次善の策の提示はなかった。
・前例がない、平屋でis値0.22はかなり低いと言わなければならない。というのだけ少し耳新しい回答であった。

なお同席したアーティストからは旧校舎は残すべきという発言が多くあった。
1つだけ、「多くの費用をかけて旧校舎を残すより、耐震費用のかからない2階建新校舎を美術教育の施設にし講師代などのソフトや設備にかけるべき」という意見もあった。

もちろん小学校跡地の再利用にはいろんな意見があり、旧校舎をどうするかの問題はごく一部である。
当然いろんな議論がかわされている。
それらについては又の機会に書ければと思う。
私個人としては小文間にある大規模な縄文時代の遺跡=中妻貝塚の出土品の常設ギャラリーがあるといいなあと漠然と考えている。

以下参考にしたサイト
以下校舎の耐震化
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/020300/p011758_d/fil/0601_5.pdf
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyosei/syuppan/081028/001.pdf
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyosei/syuppan/081028/002.pdf
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyosei/syuppan/081028/003.pdf

以下廃校用途変更
http://www.cit.nihon-u.ac.jp/kouendata/No.37/4_kenchiku/4-081.pdf#search=%27廃校+小学校+転用+費用%27
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kaigi/meeting/2013/wg3/chiiki/141029/item2-3.pdf
http://tmu-arch.sakura.ne.jp/pdf/34_gakko_j/34_gakko_j_pd/34_gakko_j_Chapter5.pdf

以下小文間小学校旧校舎写真集(スズキ編集)
http://ginyoo.web.fc2.com/art/xiao_wen_jian_xiao_xue_xiao_jiu_xiao_she.html

以下小文間小学校の沿革(スズキ編集)
http://ginyoo.web.fc2.com/art/xiao_wen_jian_xiao_xue_xiao140nianno_li_shi.html

スポンサーサイト

Tag:地域、取手、小文間  comment:0 

樋田毅著 記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実

樋田毅著 記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実 岩波書店

1987年の朝日新聞阪神支局襲撃事件について丹念に取材した本。著者はもと朝日新聞記者。
未解決で時効となった事件であり結論のない本なのだが、取材対象の右翼、韓国発祥の某新興宗教の面々が生き生きと描かれており、飽きさせない。
筆者の思い入れ深い朝日新聞へ批判も、事件当時に朝日新聞と批判合戦中だった前述の教団の新聞と朝日新聞の上層部が「談合」とも取れる秘密の会食を行ったことを書くなどなかなかのもの。
ずいぶん早い時期から翼賛的になってきた戦前、戦中の情けない様に関してはある大物右翼の言葉が強烈な皮肉となっていて面白い。
曰く、
「私は朝日新聞を信頼しているのですよ。戦前、平時は左翼を装っていたが、いざ国家の危急時には本来の姿を取り戻して愛国派の新聞になってくれた。今は平和の時代。仮の姿なんだから、好きにやっていただいて構いませんよ」

DSC_3143.jpg


Tag:読書(ノンフィクション)  comment:0 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。