スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

まき子ちゃんの像

まきこちゃんの像 チーク材、寄せ木 高さ1.95m 1998年 鈴木厚作 Makiko-chan 1995 h1.95m wood Atsushi Suzuki 
母が死に長女が生まれる頃、柏の旭町常磐線と東武野田線に囲まれた飛び地の借家の台所で制作。大きな原木は入らないから合板工場で買ってきた端材で入れて中で寄せ木して造り、家から出すときは3分割式で出した。
ちょうど原因不明の肝機能障害(母の死のショック?呑みすぎ?)に罹り、やたら重く感じたがほぼで来た頃ついに入院、退院後ちょいと足を短くして完成した。

DSC_2754 (1)
DSC_2752.jpg
DSC_2756 (1)
DSC_2739 (1)


DSC_2742 (1)
DSC_2757.jpg

今回仕事場を断捨離して広くしたので撮影できました。
スポンサーサイト

Tag:美術・彫刻・絵画  comment:0 

好酸球性副鼻腔炎の手術入院

先週の金曜日12月15日に好酸球性副鼻腔炎の手術入院を退院しました。
11泊でしたが退院時は結構疲れがでて今でも入院の筋力の衰えもあってまだ本調子ではないですが,徐々に嗅覚も復活して手術前は口呼吸になり食事も息苦しかったのが最近は鼻呼吸に戻って快適です。
ご心配頂いた皆さまありがとうございました。
左右の2回に分けて、鼻腔、副鼻腔いっぱいのポリープ(鼻茸)を切除、鼻中隔湾曲を真っ直ぐにし、左右それぞれ10室以上あるらしい副鼻腔の仕切りとって入り口を大きくして一室にする(単洞化)するという内視鏡手術でした。。
全身麻酔が体に合わず,術後激しい頭痛と吐き気(血をどうしても呑んでしまうので誰でも少しはあるようですが)に襲われ閉口したもの、手術(左右3時間弱ずつほど)そのものは直後の鼻抉れたなと言う痛みも痛み止めの点滴で瞬時に軽快し楽でした。
なお好酸球性副鼻腔炎は再発は覚悟した方が良いようですが,次はポリープ切除だけで済み指定難病に指定されますので国費で入院手術が出来るようです。


25394897_1485775784809676_1224086767753619425_o.jpg

病室は5階で窓から筑波山がクッキリ。
左には写真には写っていないが浅間山と思われる雪山が。


25351925_1485775781476343_3777247062252391784_o.jpg

2回目の手術二晩後病室にて。
執刀の美人女医先生と胸板厚くて広い茨城のカワイ子ちゃん看護士たちに嫌われないように髭は剃ってるよん。
でも、鼻に血が付いている。

Tag:つれづれに  comment:0 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。