FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

色絵鉢「安倍ブッ殺ス」

10/23記
自公絶対安定多数ですか。
憲法とか人権とか、九条とかで国を保つという考え方がオヤジ臭くて保守的に見えるんですかね。
ところで、インスタで自作の色絵鉢「安倍ブッ殺す」を選挙前日にアップして #安倍晋三 #shinzoabe のタグつけたのですが、ちょっと心配だった嫌なコメントも来ず埋もれました。そもそも #安倍晋三 はインスタばえしないからか6000件ぐらいでマイナータグです。
なぜか、鳩山太郎候補(鳩山邦夫息子、東京2区、希望、落選)のイイネが来ました。多少嬉しかった僕はミーハーです。ハイ。

色絵鉢「安倍ブッ殺ス」2016年 磁器 上絵付け 鈴木厚作
DSC_2349.jpg

instaguram #安倍晋三 鈴木厚のインスタグラムはこちら。>>>>>

安倍ブッ殺す
スポンサーサイト

Tag:陶磁器  comment:0 

所謂リベラルや護憲は今や保守か?

東京新聞2017/10/27朝刊
まとまりすぎていてほんまかいな?と言う気もしたがよく分かる内容。
文中、遠藤晶久・三村憲弘・山崎新「世論調査にみる世代間断絶」(中央公論一〇月号)への言及で「注目すべきは,一八歳から二十九歳の「保守」認識である。彼ら/彼女らは自民党を「保守」とは見なしておらず、むしろ共産党を「保守」的な政党と見なしているというのだ」とあるが自分もそんな気がしていた。
我々、所謂リベラルや護憲は革新であるとなんとなく思っていたが、実は今や良くも悪くも「保守的」であることをもう少し自覚した方がいいのかなと思う。
IMG_4089.jpg

Tag:つれづれに  comment:0 

断捨離のおまけ 過去からのエアメール


ここのところ、陶芸教室をはじめようかと仕事場の大掃除をしているのだが、高校大学時代のガールフレンドからのエアメールの葉書が出て来た。
フィレンツェからだが、インスブルックからの夜行でユーレイルパスというのが効を奏して、各国のバックパッカーが二等にすし詰めなのを尻目に一等の個室を独り占め、鞄を放り出してひっくり返って車窓の山脈と夜空を眺めながら一寝入り。
と、起きてみたらカメラと電卓をとられていたと言う話しが書かれているのだが、ユーモアがあって実に面白い。かなりの美少女だったけどこんなに頭の良い人だったとは!
そのエピソードは全く覚えていなかったのだが、葉書の最後に書かれていた「フィレンツェで岡忠に会っちゃった」というのだけ克明に覚えていた。
岡忠というのは高校時代は理系だった彼女がお気に入りだった美大の若い化学の講師。つまり、ヨーロッパでの逢瀬を想像して激しく嫉妬したわけ。
帰って来た彼女にネチネチ訊ねると,偶然カップルで来た岡忠にあっただけと言うことで納得したのだが、
折角くれた葉書の主旨の面白いエピソードに全く注目せず、焼き餅だけ焼く男ってダメだよね〜
40年近くも経ってため息をついた初老のマイナーアーティストでした。チャンチャン♪

DSC_2611.jpg

Tag:つれづれに  comment:0 

青白磁の素焼き生地

青白磁の素焼き生地2点です。
多くの陶芸家は粘土の状態で彫りますが、私は一度火を掛けて素焼きの状態で削ります。
試行錯誤に時間がかかり、生だと持つ手で彫ったところが摩滅するのと、元木彫家なので刃物を頻繁に研ぐのが苦痛でないからです。
天草陶石は砥石にもなる石ですが、それをついて微粉にしたものを水で練って粘土にします。
ですから、素焼きしても激しく刃物を減らします。
これから、微量の鉄分の入ったピンク色をしている青白磁釉釉を掛けて1280℃ほどの還元焼成(不完全燃焼気味で焼く)と淡青色の青磁になります。鉄分が青く発色します。

青白磁の碗 素焼き生地 見込み
DSC_2683.jpg

青白磁湯吞
DSC_2647.jpg

Tag:陶磁器  comment:0 

青白の素焼き生地2

青白磁の素焼き素地です。どちらも、ちょっときつい作業でしたが,削りすぎて薄くなり過ぎる前に何とかまとめました。
彫刻や絵画だと人目気にせず生々しい個人的真実を求める態度はある程度評価されて、滅多に売れないにしろある程度高いお金を取れますし、大切にされますが、器ではそんなもの必要ないとされることが多く、安くしか売れないのでたくさん作らなければ,展示会出来ないし、なんの意味も認められず廃棄されることも多いから,何も残らないでしょう。そんなこんなで,画家彫刻家時代より遥かに素早く結論を出せるようになりました。同程度の内容になっているのも多いのよ♪
以下2枚 青白磁酒盃 素焼き生地
DSC_2600.jpg
DSC_2597.jpg

以下2枚 青白磁碗 素焼き生地
DSC_2699.jpg
DSC_2695.jpg

青白磁の出来上がり例 青白磁茶碗 多分2011年頃
DSC_3025.jpg

Tag:陶磁器  comment:0 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。