全会一致

全会一致というのには、なんだか違和感あるなあ。
同胞が無残に殺される生々しさと、事態の深刻さに言葉を失ってしまっている人は僕を含めて多いだろう。
人の死を政治的な発言の道具にするのは不謹慎で慎みたいし、多分それ自体は良いことだろうけど、あまり慎んでいると、慎みなくものが言える人の言いなりになりそうでもある。
間違うだろうし、不安だし、不謹慎にもなるかもしれないけれど、自由にものを言う習慣は無理にでも維持しなくてはいけないと思う。
といっても、何言って良いんだか分からないのだが。。。
スポンサーサイト

Tag:つれづれに  comment:0 

デール・マハリッジ 『日本兵を殺した父」ピューリッツァー賞作家が見た沖縄戦と兵士達

Bringing Muligan Home=The Other Side of the Good War
Dale Maharidge
藤井留美訳

図書館で借りて読んだ。
作者の父親は、沖縄戦に海兵隊員として参加して、過酷な戦場での経験と爆風の脳しんとうの後遺症で、戦後、心に疵を残し、暴力衝動を抱いたまま子育てをした。鉄工の熟練工だった。
そんな父親の死後、著名なジャーナリストである著者は父の戦友を取材する。また、沖縄を訪れ、当時戦場にいた日本人、父親の遺品の中にあったパスポートの日本人の息子などを取材する。
年老いた元海兵隊員達への取材は周到で、読みごたえあり、『1940年代の日米の戦いは、帝国がもうひとつの帝国を攻撃した図式に過ぎない」と断言する作者の視点は公平だった。
アメリカ軍も積極的に捕虜をとって人道的に扱かったとは言い難く、必ずしも戦陣訓の「、生きて虜囚の辱めを受けず」等、日本側の軍事教育で投降できず日本側の戦死者が多かったとは言えないようだった。
捕まえた日本兵、民間人を殺したり、強姦などもあったという。ただ、そういった行為は軍法会議にはかけられるようで、容疑者は自らの足を撃って、戦場を離れたりもした。老いた元海兵隊員達の語る戦場の惨状と狂気の描写は迫真であった。
また、大体において、それ程成功したとは言えない彼らの戦後の生活の様子もリアルで、実は非常にうら寂しくもあるアメリカの雰囲気がよく分かった。
また、戦略上、マッカーサーが効率的に、補給路をたったり手薄なところを叩いたりと犠牲者を少なくすることを目論んだのに対して、ニミッツは昔風に、正面から殴り合う決戦主義だったらしく、ニミッツの考え方で動いた沖縄戦では、大変な犠牲者が出る事になったと言う作者の分析も初耳で興味深かった。
本書の主要部分である、父親の戦友だった海兵隊員達への取材の部分は最高だったのだが、
、作者自身の育った家庭を語る場面では、精神分析的に父親の戦後の荒れた状態を戦争体験に結びつけているが、分からないでもないが、本当のリアリティーには欠ける気がした。類推は出来るが、親といえど他人の心はあくまで不可思議であることが前提だろう。
最後の沖縄の人々への取材では、「日本兵の方がアメリカ兵より酷かった」等、アメリカ人の作者に好意的だ。
その辺りの交流は美しく描かれているが、異国の人が遠くからわざわざ来れば、相手の感情を害することは言わないだろうなあ、という感じもするし、沖縄人の戦後日本へ不信感、言語や文化の壁もあって、そう単純な話しではないだろう。
作者の視点は一貫して、シリアスで善意に満ちているが、取材する気持ちとすると、こんな凄い話し聞けちゃったという、戦後に育った多くの人が見ることのない悪魔の住む深淵を覗けたとい言う喜びもあったに違いない。
それ自体は悪いことでは全く無いのだが、まとまった書物とすると、自分の知りたがりと突撃精神を嗤うユーモアのようなものも欲しい。

追記
日本軍は強いと言うのを、この本読んで実感して、正直ちょっと嬉しかったのを、書き忘れた。
元海兵隊員達も心底恐れていたみたい。
国力がもう少ししっかりしたらどうなったかと思う。ソ連が入ってきた北方領土での最後の戦いでも、ソ連側の戦死者の方が多かったようだし。
こういう気持ちが戦時では盛り上がってくるのだろう。

Tag:読書(文学)  comment:0 

小文間小学校旧校舎

どうやら取り壊しになりそうな、旧校舎の写真集です。
美しいレトロモダンな建物です。
耐震問題だと言う噂ですが、そうだとすると、現在も、図書室、音楽室、学童保育で使っている、現在の子どもたちの危険はどうなるんだろう。

写真はこちらでご覧下さいませ>>>>

竣工:1964年3月25日
設計:長倉康彦
施工:戸田建設株式会社
総工事費:2642万円(坪65000円)


参考文献
「小文間小学校120年のあゆみ」小文間小学校創立120周年記念事業実行委員会編著
「開かれた学校=そのシステムと建物の変革=」長倉康彦著(NHKブックス)

IMG_0809_20150211002647b78.jpg


追記
この校舎にしろ、明治の木造校舎を壊して建てたわけだから、こわされても仕方が無いともいえる。
しかし、この建物は、意匠が生き生きした、シンプルで親しみやすい、作品として優れた建築だと思うのだ。
是非、保存したい。
耐震の問題という噂をよく耳にするが、現在も、音楽室、学童保育、図書室等は使われている。
現在の在校生の安全は、顧みないと言うことになる。そうだとすれば、矛盾していると思う

Tag:つれづれに  comment:2 

美術についてこの頃考えたこと

美術において、どんな宗教、主義、人種、性格の人が制作しても「良いものは良い「」と言うことを世界の多くの人々が当然のように分かるようになったのは、多分、日本の浮世絵に影響を受けた印象派以後だ。モネ、ゴッホ、ピカソ、ミロ、シャガールだののビッグネームが連なる西欧近代美術の完成期の時代だ。

一万年前であろうが、ヨーロッパであろうがアフリカであろうが、全ての造形物をすべて同じような気持ちで美術として楽しめるようになった。作られたときは、狩りの成功を祈るものであったり、キリストさまのありがたみを伝えるものであったとしてもだ。。
それまでは、いつの世にもいる少数の物好きは別として、もっとも良心的な宣教師でも、アメリカの先住民の彫刻を破壊したりしていた。
作品が、どんな宗教、人種、性格を背景にもっていても「良いものは良い」という考え方があれば過去から大切にされてきた偶像が破壊されたりすることは格段に減るし、変わった人が作った変わった作品を変わった人が愛でると言う行為も、非常には非難されたり逮捕されたりすることは滅多にないから新しい感覚の美術も生まれやすい。
とはいうものの、やっぱり、21世紀の今になっても、性格の悪い人が作った偏執狂的美術は一般受けはせず人気とはならないし、タリバンがバーミアンの石仏を爆破したりする。
その理由に関しては、いくつか思い当たる。
まず、どうも、こういう考え方、近代ヨーロッパで大系化される背景には、植民地主義の結果アジア、アフリカなどの当時のヨーロッパ人が自分たちとは全然別の感覚の美術に触れる機会(破壊しながら)が増えたことがある。
そういう意味で、ヨーロッパの印象派以後の近代美術の考え方を帝国主義的と捉える考え方がある。ある意味ヨーロッパ近代の痛いところをついている。
随分前だが、朝鮮総連所属の在日朝鮮人画家との酒席でピカソら20世紀初頭の前衛運動を帝国主義的と評するのを聞いて驚いたが、差別と抑圧を身近に感じてきたマルクス主義者にもそういう西欧近代美術に対する違和感があるのかもしれない。
西欧近代の前提にある非ヨーロッパに対する搾取を意識しているわけだ。
タリバンにも異教の偶像を嫌うこととともに偶像を宗教から独立した美術として捉える近代西欧の思想の方を嫌う面もあるのかもしれない。。
もう一つ、やっぱり、その国や民族が昔から受け継いで出来た感覚(実際には先祖伝来のものとは限らず、為政者や大金持ちに恣意的に作られた感覚や一過性の流行だったりもするだが)は、やはり、美術の良し悪しを判断する基準にかなりの影響を与える。
日本なら例えば侘びサビで、ヨーロッパのバロックの脂っこい官能性には顔を背けたくなるとか。ルーベンスの脂肪でっぷりのお腹やお尻はやっぱり人気無い。

日本においても脂っこくて、偏執狂的な装飾過剰は縄文時代、平安初期、東照宮などの江戸時代などにもあったが、現代でそう言うものを作ると、下品とされることが多い。
そんな感じで、西欧近代が言うところの「良いもの「」よりも、属する社会、民族、国家で一般的によしとされるものの安心感に価値をおくことはどこでもなくならないだろう。
全く体質の違う美術の中に、自分の心や自分たちの文化の要素と通じる要素を見つけて楽しむのにはやはり、かなりの修行と気合い又は反骨精神を必要とするのだ。
この西欧近代の美術が示す『良いもの」の概念は宗教や主義、美人とか可愛いとかの時代や地域で変わる基準を頼りにしないから普遍性は格段に高い反面、抽象的なもので、そもそも感覚的には非常に分かりづらい面がある。
そして、その民族や時代に常識とされる文化と全く違うものを、平気で楽しむ個人が多いというのは、国家主義者には邪魔なようで、全体主義的国家の政府が弾圧を西欧的近代美術に加えたのは20世紀以降の歴史にたびたびある。

だから、権力や大多数に流されないという本来の近代美術あり方というのは立憲主義とか徹底した個人主義とかに重なるところがあるのだ。

そんなこんなで、曲がりなりにも焼き物の専門教育を受けたことのない自分が日本的な侘びサビとはまったく縁もゆかりもない屈折した内容の器を作っていられるのも、近代ヨーロッパ由来の美術の考え方が有ったことが大きいから、やっぱり好きな考え方なのである。安倍首相がいろんな事言ったとしてもだ。
なんだか、何言いたいんだか分からなくなっちゃったけど、終わり。

Tag:美術・彫刻・絵画  comment:0 

自民党政府

自民党政府が、やろうと思うことは、止められないんだな。
少し躊躇しても様子を見て必ず実現する。
憲法も変えるし、戦争もするぞ。

Tag:つれづれに  comment:4 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる