ろくでなし子さんの作品は多分猥褻ではない。

多分、僕の方が多少エロい。
実物からスキャンした合成樹脂の局部など、なんだか分からない前衛彫刻のようなものだろう。彩色したって野菜の模型と大して変わるものか。


DSC_1872.jpg
鈴木厚作 イブ 磁器
スポンサーサイト
...more

Tag:陶磁器  comment:0 

豊下楢彦著 集団的自衛権とは何か

narahiko.jpg


2007年出版で、第一次安倍内閣の頃の本です。
大変内容の濃い複雑なことを分かりやすく解説した本でした。
以下、記憶に残っているところを自分なりに要約しましたが、書いてみると所々曖昧。間違っていたらご指摘下さい。

冒頭に、「自らの敵がだれなのか、誰に対して自分は戦ってよいのかについて、もしも他者の指示をうけるというのであれば、それはもはや、政治的に自由な国民ではなくて、他の政治体制に編入され従属させられているのである」というカール、シュミットという人の言葉が引用されている。
言うまでもなく、戦後、日本は概ね米国の敵とするところを自らの敵と目してきた。残念なことに周辺アジア諸国とは信頼関係が築けず、アメリカを頼ることによってしか、安全保障がえられなかったのである。

その米国は自らの都合により”敵”を頻繁に替え、日本はハシゴを外される形になってうろたえる。
例えば、ニクソンショックと呼ばれる電撃的な訪中宣言であり、日本の頭越しにされる米朝会談などである。
また、米国は敵の敵は味方という安易な理屈で新たな敵を期せずして作り出してきた。アフガンへのソ連侵攻のおりに、パキスタンにイスラム急進派を集めて、軍事的支援を行い、アルカイダを結果的に育てたり、イラン憎しからイラクを支援してサダム・フセインを巨大化させてしまったのである。
また、国内のユダヤ人財界人に遠慮してイスラエルの核武装を黙認して、NPT(核拡散防止条約)の説得力を自ら弱めている。

日本は、米国の目で世界を見ることから離れて、北東アジアの国々と連帯して非核地帯を築くなどして、日本独自の立場から平和への発言をすべきである。
安倍首相が当時主張したように改憲して史上最強の軍備を誇る米国の要求に応えて集団的自衛権を我が国で認めても、自らの目で世界を見ることが出来ないのなら、米国との対等性などえられないのである。
結果的に、安部の言う自主憲法は米国に押しつけられたものになるのはないか。
岸内閣(吉田内閣だったかもしれません。すみません、忘れました。)の頃はそれでも、日本に基地があると言うことの重要性をてこに、米国の軍備増強の要求にたいして、かなりの粘り腰があったが、最近は言いなりである。


また、核兵器、細菌兵器などが、国家の管理を離れて、テロリストの手に渡る危険性なども分かりやすく記述されていた。

その他、非常に多くの示唆に富む内容があった。

その中で、ユダヤ人迫害に手を染めなかった日本は負い目が無いのだから、イスラエルにもの申せるはずだというような記述がありました。

これは私の意見ですが、2014年7月現在、イスラエルのガザへの攻撃が激化する最近ですから、日本政府は是非積極的にイスラエルやハマスにもの申して欲しい。
米国と組むこが前提の集団的自衛権を認める解釈改憲や、武器輸出3原則の緩和で発言力を自ら低めることになるのだったらば,慚愧の至りで、その面からもやめるべきです。

Tag:読書(文学)  comment:0 

文藝春秋

文藝春秋の8月号、図書館で読み始めたら夢中になった。
立場は反対なのだが、読んだところは圧倒的に面白いし、分かりやすかった。


目次をAmazonからコピペすると、

◎裏切りの中華文明研究
中国はなぜ平気で嘘をつくのか
特別寄稿 中西輝政

習近平 見えてきた独裁者の正体
――富坂聰連続対談
外交/内政/軍事/経済

緊急座談会
20XX年、米中もし激突すれば
榊原英資/春名幹男/麻生幾

●アフガン戦争 後方支援で苦心した元海将の直言 香田洋二(元自衛艦隊司令官)

●この人の月間日記

中田英寿「W杯観戦記
ブラジルで痛感したニッポンの限界」

歴史的発見を独占公開
●川端康成「投函されなかった恋文」
「伊豆の踊子」の原点の女性がいた

●グーグル、アマゾンに孫、三木谷は勝てるのか 川端寛

◎大型企画
「死と看取り」の常識を疑え
山崎正和/篠田節子
老いたら子どもと「縁切り宣言」を
「認知症高齢者」11人の手記を公開する
高橋幸男 医師

「噛みトレ」で寝たきりはなくせる 油井香代子

「若年性アルツハイマー病」になった50代元看護師の告白 藤田和子/聞き手・奥野修司

●現地ルポ

松山英樹 メジャーに勝つ力が自分にはある 柳川悠二

●「芙蓉の人」富士山より大きな夫婦愛 藤原正彦/松下奈緒

●名人復位独占インタビュー 若い世代に勝ち続ける思考法 羽生善治/聞き手・後藤正治

●息子・辰徳に狂気の体罰 原貢 78年の壮絶ケン

カ人生 松下茂典

◎NHK「花子とアン」白蓮事件 幻の告白手記が甦る

私と妻、白蓮のこと すべてお話しします
大正を震撼させた「道ならぬ恋」の全顛末
───宮崎龍介

独占インタビュー 私なら重い恋愛はゴメンです(笑) 吉高由里子
 
目次は以上。

巻頭の,立花隆、吉村萬壱、塩野七生らの小エッセイはみな秀逸。
その他、前半のいくつかをよんだ。

・「中国はなぜ平気で嘘をつくのか 」
特別寄稿 中西輝政
はなるほどね〜とはおもったのだが、なんかだか品が悪い感じがした。日本人は輸入された中華文明の粋を通して中国を判断していているが、実際の中国は違うんだというような事が書いてありましたが、筆者は漢文や中国美術を本気で見たことあるのかな?と漠然と思った。。。。

・「アフガン戦争 後方支援で苦心した元海将の直言 香田洋二(元自衛艦隊司令官) 」
自衛隊は憲法を守って行動することをたたき込まれている(迷ったら一歩引く、そして東京に問い合わせ)、また、海自はアメリカに次いで世界で2番の実力があるというような記述はよしとして、、、
国会で現場を知らない政治家達が具体的な事例を想定して論争するのは、机上の空論であり、原則が決まったら、現場に任せて欲しい、手足を過剰に縛らないで欲しい、みたいなところは、言いたいことは自分にもわかったけど、やっぱり疑問符。
文民統制なのだから、不測の事態が起こりうることを含めて徹底的に話し合うのが基本でないだろうか。


・「川端康成『投函されなかった恋文』『伊豆の踊子 』の原点の女性がいた 」
は凄かった。
川端には20代初めに、伊豆の踊子等のモデルとされる10代の恋人がいたが、結婚直前に理由を告げられずに絶縁された。
長いこと、伏せられていたらしいのだが、実は身を寄せていた岐阜の寺坊さんにに犯されたという。なんだか、日本の深い部分の暗さをのぞき見たようでゾクッときた。


Tag:読書(文学)  comment:0 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる