大沼デパート出品作

展覧会のお知らせです。

12月11日(水)〜17日(火)
大沼山形本店7階ギャラリー(会場直通023−641−0018)
午前10時〜午後7時(最終日は午後4時閉場)
毎日画廊におります。

以下出品作の一部です。お問い合わせは大沼本店ギャラリーにお電話くださいませ。

DSC_5456.jpg
DSC_5452.jpg
DSC_5025.jpg
DSC_4984.jpg
DSC_4975.jpg
DSC_5508.jpg
DSC_5479.jpg
DSC_5476.jpg
DSC_5471.jpg
DSC_5463.jpg
DSC_5564.jpg
DSC_5552.jpg
DSC_5541.jpg
DSC_5540.jpg
DSC_5527.jpg
DSC_5590.jpg
スポンサーサイト
テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:展覧会・展示会情報  comment:0 

山形の個展の思い出

笑う紋様 鈴木厚陶磁器展(大沼山形本店)終了しました。
お買い上げ、ご来場の皆様誠にありがとうございました。

会場入り口です。
DSC_5619_20131220213413f9e.jpg

入り口からはいったところです。
DSC_5620.jpg


会場奥からです。会場が広いので、私の大作も多数展示できて、本人は嬉しかったです。
DSC_5621_201312202134169be.jpg

お花もいくつか頂戴しました。
DSC_5637_20131220213622d67.jpg



今回は個展直前の窯で随分以前の作品をもう一度焼き直しました。
これは、表面に掻落で引っ掻いて絵を描いたバリがでていて痛いという指摘が師匠からあって、ミニグラインダーでトゲを削り落として再焼成したのですが、格段に色が、深くなってよかったです。
DSC_5642.jpg


何故か今回は彫刻、焼き物界で言うところの細工物がいつもはほとんどダメなのに4つもでました。
DSC_5618.jpg

宿は会場すぐ近くのウィークリーマンション、4畳半くらいあって、ベッドはでかいし、洗濯機、炊飯器、台所、鍋釜食器、風呂もついていて快適でした。山形の納豆のパックは長方形で、関東のもの1.5倍くらい量がありました。昼も社員食堂で食事後部屋で休みました。
DSC_5617.jpg


ウィークリーマンション5階の部屋の窓から。初日から雪、土日はどか雪、でも来てくださる方は、雪が降ろうが槍が降ろうが来てくださいます。
DSC_5623.jpg

会場で久しぶりにまとまった読書が出来ました。イスラムについての本を2冊読んだのですが、イスラムは一元論ということで聖俗の境界を建てない、俗=生活も聖なるものとなるよう律すると言うようなことが書いてありました。
私の世界は聖なるものとは思いませんが、一般的には、絵や彫刻、画廊など、生活とは別次元とされているところで表現されることの多いであろう内容を、日常生活に使える雑器の紋様に盛ろうとしているところは、イスラムの一元論に共通するところがあるのかな、等と思いました。
DSC_5651.jpg

会期終了後、同じ山形の高畠町の父の実家に寄ったのですが、山形からの新幹線の窓から。
DSC_5645.jpg



テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  comment:0 

yさんのこと

彫刻家や大工などもそうだと思うが、刃物を遣う仕事では30過ぎると大体みんな大きな怪我をしなくなる。刃物が体内に侵入するイヤな感じ、原木で指を潰す感じなど、大体の痛い目にあって、こうすると危ないというのが身体に染みつく。平たく言えば用心深くなる。
四〇すぎまで一生やると思い込んで木彫家だったじぶんとすると、例えば、近所の枝払いで、油がまるで入ってなくてキツキツのチェーンのチェーンソーを周りを見ずに振り回すような作業の怖さを知らない人とは、あんまり一緒に重作業はしたくないなーという感じになる。
だが、ドンドン茂ってくる、住宅地周りの雑木が日光を遮り、落ち葉で酷い目にあわないようにするには、役所や地主だけを頼ってもらちがあかないから、命知らずの爺ちゃんが、フラフラしながらも、ハシゴで高いところに上がって、そんなチェーンソーで枝払いをしてもらうのが実にありがたい。
昨日も、ひょんな事から、枝払いの作業を半日一緒にしたのだが、私はあんまり英雄的なことは出来ずに、地面に落ちた枝を小さく切ったり、地味に働いたのだが、大枝に食らいつくyさんを見あげて事故後の福島原発で志願したご老体作業員のことを思い出したりした。
ちょっと前なら、素人はこれだから困るみたいな事を思ったに違いないが、自分もあと10年もしたら命知らずご老体にならなくちゃいけないなと思った。
自治会役員のyさん、もう70だけどボランティア的な活動でしょっちゅう日本中を駆け回って今日は被災地らしい。ハンサムで親切だだし若いお姉ちゃんにもモテモテ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Tag:つれづれに  comment:0 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる