スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

雨宮昭二著「占領と改革」(岩波新書シリーズ日本近現代氏7 2008年初版)

senryoutokaikaku.jpg


雨宮昭二という人の「占領と改革」(岩波新書シリーズ近現代史7)2008年初版発行
と言うのを読んだ。
正直びっくり。
漠然とアメリカにもたらされたと思い込んでいた戦後民主主義社会というのが、実は、敗戦があれば、アメリカの占領政策なしでも実現した可能性があったというのだ。
例えば、平等(=平準化)は目的は戦争だが総動員体制のなかで実現し、プロレタリアートが生まれ、なんと戦犯岸信介が戦時中、今でもアメリカで実現出来ない、国民皆保険を作ったという。ほんまかいな。
その体制は、東条英機内閣で頂点であったが、このまま敗戦したら、ほんとに共産化する可能性があって、それを恐れた持てるものの権益を守らんとする自由主義派が打ち破って戦争終了の路が開けたという。
東条内閣当時の官僚は戦後社会党に入ったり、農地改革に腕をふるったり、実際の考え方に社会民主主義的な面があったと。
我々が思い込まされていたように決してアメリカさんの理想主義が実現した日本などというものでなく、意識的無意識的に日本人にそう思わせたことだという。
日本の占領統治は、その後、アメリカが世界各国に介入する時の独善的な振る舞いを正当化する格好の雛形になった。
憲法も政府の憲法問題調査委員会が準備したものは保守的でダメだったからGHQが拒否したと言われているが、今、見てみるとそうでもなく、立憲君主国とするとかなり進んだものだったらしい。また、民間にも優れた案があったと。


歴史や政治については、当然、限られた本やメディアからしか知識を得られない自分だが、 たしかに、 アメリカさんの独善と、放任資本主義、拝金主義、格差社会の弊害は確かにここのところ目にあまる感じはある。
それを、打ち破るヒントとして、協同主義と著者は呼ぶらしいのだが、戦後しばらくの間(講和条約の吉田茂の時代と違ってニューディーラー達の意向が反映されていたらしい)各地に存在した地域コミュニティーや組合などの、自発的な民主主義のようなものを上げている。協同主義というのが、どうも具体的にどうなんだかいまいちよく分からなかったのだが、芦田均の評価が高く、社会民主主義的もののようだ。他の本ではネットの可能性にも触れていた。
しかし、文学や音楽、美術、あの戦後アメリカ伝来の文化はチャラいかもしれないがやっぱり豊かだったと思う。なくなったら寂しい。
我々が生きてきた日本の空気感はやはりかなりの部分そこに由来していると言わねばなるまい。
そこが、アメリカの凄みなんだと思う。
そこまで、研究して貰えると我々軟派も心底納得できるんだが、誰にも無理な気がする。

ジョン・ダワーの「敗北を抱きしめて」と正反対(とばかりは思えなかったのだが)の立場と著者自ら強調するこの本を合わせて読まれたし。
なお、小生は2回続けて読みましたが、理解力、知識の不足に複雑な時代のことで、上の要約は間違っている可能性は大ですので悪しからず。
スポンサーサイト
テーマ : 今日の一冊
ジャンル : 本・雑誌

Tag:読書(文学)  comment:4 

鈴木祐子ソロリサイタルのご案内

家内の演奏会のご案内です。
フルート一本の完全ソロリサイタルです。

Yuko Suzuki Flute Solo Recital
2011年12月17日土曜日
会場:OMONMA TENT
住所:茨城県取手市小文間4154-4
14時開場 14時30分開演
チケット2000円(軽食、ドリンク付き)

曲目
カール・フィリップ・エマニュエル・バッハ作曲 無伴奏フルートソナタイ短調
福島和夫作曲 冥
などです。

事前お申し込みは
お電話0297-63-3533(金、土、日のみ11時~18時)
メール:trap-office@hotmail.co.jp
ギャラリーでの演奏です。20席ほどですので、お早めにご予約を!

アクセス等はOMONMA TENTホームページまで>>>>
最近の鈴木祐子の演奏風景です。


yukoomonmatenttirasi.jpg

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:鈴木祐子  comment:0 

田中酒造陶器市、来てね。

田中酒造陶器市に参加します。


いつもどおりの力作に加えて、

年に一度の年末大売り出し。早い者勝ちの特価品、ワケあり品もご用意



2011年12月11日(日) 11:00~16:00 入場無料
会場 田中酒造店
茨城県取手市取手2-13-35(取手駅徒歩5分)>>>
tel:0297-72-0011
雨天決行・荒天中止
image4.jpg



雰囲気ある老舗造り酒屋が、会場。

お餅つき・鏡割り・絞りたて新酒試飲・酒かすつかみどり
酒蔵見学・酒蔵ライトアップ・わたあめなどと合わせてお楽しみ下さい。

小文間朝市さん(お野菜・お惣菜)
弥生軒さん(から揚げ・もつ煮)
取手そば愛好会(手打ちそばの実演販売)
フィオーレさん(仕込み水のコーヒー)などの出店があります。

以前にお知らせしたとおり、店舗二階「やねうら画廊」では
陶器市の参加作家様方による作品展を
12月1日~30日まで開催中。



20111118132623eea.jpg

20111118132622a2f.jpg

DSC_0762.jpg

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:展覧会・展示会情報  comment:0 

掻落のこりと11日は田中酒造陶器市

11月の掻落新作の残りです。
明日の田中酒造陶器市にほとんど持って行きます。
60点ほど持って行くのでちょっとした個展並みです。お近くの方は是非どうぞ。

DSC_1187.jpg
DSC_1243.jpg
DSC_1237.jpg
DSC_1224.jpg
DSC_1213.jpg
DSC_1210.jpg
DSC_1195.jpg
DSC_1197.jpg
DSC_1204.jpg
DSC_1205.jpg
DSC_1210.jpg

DSC_1207.jpg
テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  comment:0 

陶芸家の彫刻=佐藤りぢゅうさんの作品=

昨日12月11日の田中酒造陶器市は売り上げ的にはかなり辛いところであったが、良い出会いがあった。
出店の佐藤りぢゅうさんという陶芸家。
彼は、フェイスブックをつうじて「元彫刻家の焼き物屋」であるところの私に興味を持ってくれていてらしく、小品を二つ買ってくれたのだが、スマホの画像で壺の大作を見せて貰うと、私の「愛の壺」を大まかに作ったみたいで、おっ、同志!という感じ。
しかし、家に帰って画像を検索するとびっくり。
「陶芸家の彫刻」で心底たまげたのはこれが始めて。かなりジェラシー。



最近は情報も昔に比べて格段に手に入りやすいし、道具や材料もネットでかなりのところまで探せる。
私もネットを通じて先輩陶芸家にどれほど教えて頂いたか。
だから、やろうと思えばたやすく他のジャンルに出て行ける。
自分の慣れ親しんだ世界を捨てて、未知の分野に進む時の覚醒は何物にも代え難い。

なお、陶器市に並んだ彼の器は、蓋もの2点の模様のイボイボの他は、ほぼ完璧にこの気配を出さない安くて手の込んだプロの仕事であった。

これに懲りずに今度は立体も持ってまた取手にいらしてください。

2200.jpg
2199.jpg
2202.jpg
2206.jpg
2223.jpg
374047_124685157641625_100003004247246_131746_402374872_n.jpg
378814_124685380974936_100003004247246_131747_2052742476_n.jpg


ギャラリー悠日(ゆうじつ)さんの画像を頂戴致しました。>>>>
テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  comment:2 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。