吉田裕著『アジア・太平洋戦争ーシリーズ日本近現史6」(岩波新書)と9月20日の展覧会まわりと私の展示会予定

asia.jpg

吉田裕著の第2次世界大戦についての歴史書『アジア・太平洋戦争ーシリーズ日本近現史6」(岩波新書)を読んだ。
いくつかその頃についての歴史書は読んだが、ちょっと前のことなのにこれほど書く人によって違うのは不思議。
この本は、去年読んだ五百旗頭真(復興構想会議議長・防衛大学長)の『日本の近代 6 戦争・占領・講和――1941-1955』と違い、当時の軍首脳、政府首脳、天皇にまるで容赦ない。
五百旗頭さんの本では、たしか、有能で厳密な実務家のイメージであった東条英機は、この本では人目を気にする軽薄なパホーマンス男のニュアンス。
五百旗頭さんは、大物一人一人の人となりを寄り添うように研究するが、その人のその時の状況が分かり、例えば、優れていたのにこういう愚行をしてしまったという感じの描き方であるところの悲劇的な物語になる。
その物語は非常に面白くくリアリティーもあるが、愚行の結果の無辜の人々の生々しい悲惨さはやはり背景に退く。
しかし、この本は数字で死傷者の数、産業の衰退、物資の不足などを述べる事が多いのが特徴。
分かりやすい一例を挙げると、推計の一例と断ってあったが、日本は軍属、民間人合わせて310万人の死亡に対して、日本の他のアジア諸国では計1900万人の死者というのは自分には初めてで衝撃であった。
無差別爆撃、原爆などアメリカも物凄く酷かったとは思うし、とんでもない悲惨な境遇に日本国民は置かれたのは事実だが、日本もやはりとんでもなく酷いことをしてしまった、とこの本を読むと改めて思う。
アジアの植民地からの開放に軍国日本は役だったとは言えないと、繰り返し説かれている。
まあ、自分程度の知識と頭では、何が正しいと言う確信など持ち得ず、その時読んでいる本の見方に影響されるばかりなのであるが。






全然関係無いのですが、9/20は、素焼きの窯が冷やし(100度以下に冷やしてから出さないと割れると言われている)で一寸時間が空いたので、友人の展覧会巡。

まず、取手駅近くのギャラリーきらりで松田朝旭先生の大規模な個展。
ここ15年ほどのデッサン、油彩の大作を多数展示。
089matsuda95.jpg
先生は、二科会の会員だが、70才を超えて、ここ3年のカンボジアのバイヨン寺院を扱った作品は特に感心した。
この作品は、表面的には、所謂油絵らしい粗いタッチの作品だが、構図やタッチのことがまるで気にならず、ここに仏塔があるみたいな不思議な絵であった。
毎日毎日、野外に出て写生を欠かさないという先生の膨大な量のスケッチブックも展示されていた。自分も、よく行く場所や、10年も前の風景だと今は無い建物が描かれていたりして取手在住の者にはまた格別の楽しみだった。



いくつか友人の展覧会をみて(残念なことに新制作展はこの日に限って休みだったが、)締めの東京国立博物館へ。
一応人並みに平安初期の密教彫刻がアイドルの自分は「空海と密教美術展」をみたかったのだが、混雑で10分待ちと滅多にない下痢に見舞われて直ぐに断念。平常展示へ。
如意輪観音で有名な観心寺の聖観音立像はよかった。
syoukannonn.jpg
一寸感じが違うが多分これ。
遣唐使が終わる頃からしばらく平安初期の彫刻は、急に縄文土器みたいに装飾過剰になったり、プロポーションが極端だったり、破天荒な事も多いが、大体面白い。個人的には、さかのぼって奈良時代と下って定朝様が支配的なる時期は安定しすぎて退屈なものも結構あると思っている。
奥行きある何とも言えない、写実と違うリアリティー。

「空海と密教美術展」の流れで割と人がいた本館の常設で発見したのがこれ。
東博はしょっちゅう行くが初見。

IMG_0382.jpg
IMG_0383.jpg
銅人形と呼ばれ、17世紀江戸時代の日本で医学の学習用に作られたらしい。
体表の、穴は、中国医学の鍼灸ツボらしい。
彫刻として大傑作とは言えないかもしれないが、江戸時代の普通の菩薩や如来の伝統的なものより遙かに生き生きしていると思う。
実は、これを見て、思い出した彫刻がある。
他でもない、父鈴木実の弟子の安藤亮君の作品だ。凄いでしょう?というか、安藤君の作品が自分の中で息づいているからこの銅人形をオッと思ったという面がある。
古典を生かすのは現代作家のがんばりだというようなことを、安岡章太郎が言っていた覚えがあるのだが、うなずける。
IMG_0644_1.jpg
安藤君の作品集はこちら>>>


こんなのもあった。これも同じように江戸時代の医学用のもので、内臓まで作られているらしい。重要文化財。詳しくはこちら>>>
IMG_0385.jpg
自分もかつて解剖図みたいな彫刻を作っていた。僭越ながら上げさせて頂きます。
月を視る男
scan20040608_102944.jpg
彫刻画家鈴木厚の世界>>>


最後に、平成館地下で見た縄文土器の傑作。
言わずとしれた、自分の焼き物の師匠です。
あきる野市出土なのだが、大学卒業してすぐに、書道塾だった家を借りてアトリエにしていたところの直ぐ近くで出土。秋川が流れていて、こじんまりしているが、気持ちの良い田園地帯で懐かしく感慨もひとしおであった。
IMG_0392_20110922082406.jpg

関係ないことつがりで、、今秋の展覧会の予定。
詳細はおってご連絡します。

鈴木厚個展
omonma tent(取手市)
電話0297-63-3533
10/7金~10/30日(金、土、日のみ開廊)
以前に作った彫刻,絵画,陶磁器の代表作と新作陶磁器です。地元取手では初個展!

まちなか展覧会てづくり市
10/22(土)10:00~16:00
宝町会館(常総市水海道駅通り商店街)

鈴木厚作陶展(仮題)
11/9~11/27多分火曜やすみ
金沢美術ギャラリー曜耀(笠間市)
電話0296-71-7566
こちらの個展は新作、代表作の陶磁器。陶芸家として初個展!

自分の焼き物のhpはこちら。>>>

おまけ。
現在♪、過去♪、みら~い♪









スポンサーサイト
テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:つれづれに  comment:8 

この秋の展示会予定

この秋の鈴木厚の展示会のご案内です。
予定は、ホームページ「銀窯ー鈴木厚公式ホームページ」の方にもアップしてございます。以後、ブックマークの上、ご参照頂ければ幸いに存じます。>>>>

鈴木厚個展=よく分からない世界のなんと自由で美しい事よ=
oGallery&Cafe OMONMA TENT  
アクセス等はこちら 


茨城県取手市小文間4154-4
電話0297-63-3533
10/7金~10/30日(金、土、日のみ開廊)
11時~18時
以前に作った彫刻,絵画,陶磁器の代表作と新作陶磁器です。地元取手では初個展!

スキャン
スキャン 1

まちなか展覧会てづくり市
10/22(土)10:00~16:00
宝町会館(常総市水海道駅通り商店街)
詳細はのちほど。

鈴木厚作陶展(仮題)
11/19~11/27火曜やすみ
金沢美術ギャラリー曜耀(笠間市、県立陶芸美術館ちかく)
電話0296-71-7566
こちらの個展は新作、代表作の陶磁器。陶芸家として初個展!
詳細は後ほど。

彫刻家がつくった道具展

2011年12月17日
平八ギャラリー    ギャラリーのHP>>>>
世田谷区上馬4-29-5
出品者
青野正
浅井健作
岩野亮介
鈴木厚
田島享央己
テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:展覧会・展示会情報  comment:4 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる