「長谷川毅著 =暗闘=スターリン、トルーマンと日本降伏」とfacebookとtwitterとブログ

3ヶ月ほど前、高島屋展示会の前、もちろん震災前に書いたのすが、どうってことない読書感想文なのになぜか、まずいこと言っているような気がしてアップをためらっていました。売り上げに響くような気がして。
元々臆病な上に、久しぶりの展示会前と言うこともあって、神経過敏だったですね。
しかし、震災後、ツイッターやfacebookでみんなドンドンいろんな事いうようになって、どうやらブログ炎上という言葉も死語になりつつあって気楽になったのでアップします。
なんと、臆病でせこい私ですが、そうなんだから仕方がない(笑)
まあ、あんまり遠慮して何も言えなくなるのはダメですが、日本とロシアの戦死者に対しては、やはり慎みは持ちたいです。



以下、1月29日記
何回も推敲して一生懸命書いたもので。

長谷川毅著
「暗闘ースターリン、トルーマンと日本降伏」
>>>アマゾン
を読み終わった。
以前ブログで感想を書いた東郷和彦氏の「歴史と外交」のなかで、推薦されていたので読んだ。
この本は吉野作造賞、司馬遼太郎賞、英語版では、Robert Ferrell Award (the Society for Historians of American Foreisn Relations) と言うのを受賞している。
このくそ忙しいときによく読んだなと思ったのだが、あまりに登場人物が多い複雑な内容で、間を開けると投げ出しそうなので、休憩のたびに読んでいたら、4週間で読み終わった。まあ、教養主義がまだ自分の中に生きているのだ。

もう本当に忙しくなって来てて、丁寧に感想を書いている暇はなくなってしまったので要点のみ。
以下、図書館に返してしまったし、そもそも、読解力、歴史の理解力の問題で以下事実関係に間違いがあるかもしれないことをお断りしておきます。

日本のポツダム宣言受諾については、原爆投下より、ソ連の参戦の方が大きな力となったということが、日、米、ソの史料を丁寧に分析して描かれていて、予備知識のない自分はなるほどと思ってしまったのであるるが、ネットを見ると、批判もあるようであった。

自分が個人的に感心したのは、クリール(千島)諸島をソ連が占領するところ。
実は、クリールでのソ連の軍事行動は、満ソ国境の作戦に比べて、実に杜撰に計画されていて、日本軍よりもソ連軍の戦死者の方が多かったと言う。
確か1800人と1000人ぐらいだったと思う。
初期には奇襲なのに、誰かが勝手に砲撃して日本軍の猛反撃を食らってしまったり、積み荷が重すぎて、上陸艇が水深が2メートルもあるところまでしか近づけず、無線機器が水没して20個もあったうち一つしか使えなくなったり、
9月2日の降伏文書調印後の歯舞占拠では、アメリカの出方を見ながら司令部の指示があるまで待機の命令だったのに、連絡がうまくいかず、現場が勝手に占領してしまったりする。
もし最後まで戦えば、そう簡単には占領されなかっただろうということだ。
実を言うと、このあたりを読んだ時生まれて初めてくらいに、この問題について、悔しさを感じた。惜しいことをしたと。。ちょうど、サッカーの、ドーハの悲劇の時のような気持ち。。。
権謀渦巻く、ヤルタ密約等の帰結として生まれた北方領土問題は、ナショナリズムとも結びついて我々一般人が気軽に話題にも出来ない重っ苦しい話題だが、現場はドタバタであった。。
ソ連軍のずぼらがアメリカの黙認(ヤルタで約束してしまったから仕方ねーなという感じ)と日本軍の大本営の指令に律儀に服して整然と投降するまじめさに助けられて運良く占領してしまうこのクリール占領の章は、生き生きと描かれていて、正直面白かった。
この章は、この入り組んだ書物に一種のカタルシスをもたらしている気さえした。
北方領土については、内容はほとんど忘れてしまったが、歴史的に見て我が国固有の領土であると説明されていた。
スターリンも返還ではなく占拠であることを理解していて用心しいしいの作戦ではあったようだ。

日、米、ソの代表的為政者ついては概ね、事実のみをあまり論評なく描かれていて、読み進めるうちに、例えばスターリンの小心なんだか大胆なんだかよく分からない怪物的な性格、トルーマンの癇癪持ちみたいに、自然とその人の癖みたいのがよく分かってくるという感じだったが、
ポツダム宣言受諾間近に、戦争継続派の出すメッセージがアメリカに伝わらないようにとっさの機転を利かせる、日本の無名の事務方、新聞記者などが、ほんの片隅に記述されており、美しく印象に残っている。


以上1月29日記

スポンサーサイト
テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

Tag:読書(文学)  Trackback:0 comment:2 

チャリティー展示会のお知らせです。こんな私も出ています。

DSC_0762.jpg

HEART ART MART
この古い造り酒屋の二階の画廊で東日本大震災支援チャリティー展示会です。
売り上げは全額赤十字を通じて被災地へ寄付いたします。

2011年5月3日(火)~5月29日(日)月曜休廊
午前9時00分~午後5時00分
会場:田中酒造店2階やねうら画廊
302-0004
茨城県取手市取手2-13-35
電話:0297-72-0011

参加作家は
浅野純人 傍島賢 島田忠幸 森岡慎也 鈴木厚など
芸大を出てそのまま取手に居着いちゃったり、地元に元からいる作家ら20人弱です。

22日日曜2時には妻の鈴木祐子 店頭にてフルートコンサートも予定されています。
>>>>>>>

田中酒造のHPはこちら>>>>
奈良漬け旨い!

DSC_0751_20110503190950.jpg
ゼロ研の傍島君の作品が手前に見える。うーん半日で一つ売れとった。ジェラス。


DSC_0757.jpg
真ん中の抽象彫刻は島田さんともう一人の方の作品それぞれ。


DSC_0750b.jpg

見飽きるほど見た小生の作品。左の小さい縦長ミニビアカップ兼酒盃は四八〇〇円で目玉。
他は定価です。すんません、ものすごく時間がかるし、九段でも展示会やっているもので。
右端の湯呑みがひまわりとガクアジサイ2本ずつの柄で六三〇〇円一日3つしか染付出来ないフルバージョンです。売り切れ。フリーカップを出してあります。


DSC_0758.jpg
下にも陶芸作品が。
こいつ安くて手が込んでいてつかみもバッチリ。こりゃあなどれんな。


ひとつ、この機会に取手にやってきてドーンとアートを買い込んでみませんか
寄付は出来るし、アートは手に入るし、アーティストは花を持たしてもらって喜ぶしし、一石三鳥ではありませんか

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  Trackback:0 comment:2 

展示会「=寛ぎお茶時間=暮らしのうつわ花田」本日7日で終了いたします。

本日7日で展示会「=寛ぎお茶時間=暮らしのうつわ花田」が終了いたします。
私の作品を買ってくださったお客さま、まことにありがとうございました。

今回の新作角皿。額はあるお客様の御自作。
R0012761w-1.jpg
R0012762w.jpg

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:展覧会・展示会情報  Trackback:0 comment:6 

近況報告、中学校、原発、家内のチャリティーコンサートその他。

1,まず、長女が中学に入学しました。
6年の三学期始めにインフルエンザに掛かって以来、風邪気味でほとんど学校に行けず、ついに春休みには溶連菌感染症が嵩じて、入院してしまい、中学の入学式も病院から車いすという悲惨さでした。
私が付き添いした晩の明け方、その晩、大量の鼻血を出していたのですが、私を起こして、「パパ、鼻から虹が出ている。埃って虹になるんだ?」と熱にうなされて言うのを聞いたときは、心底心配になりました。
が、入学してみると、早速吹奏楽部に入り元気に行っています。
かなり、スパルタで、顧問の女性先生に罵詈雑言を浴びせられていると言うことで、帰りも連日7時近く、おさらいもしなくてはいけないのですが、それでも楽しそうでやめる気はさらさらないようです。
勉強する時間ないし、私も家内も、そう言う、うるさいの大嫌いですから「軍隊かよ。やめたら。」と口に出かけるのですが、酷い目に遭うのも経験の気もして今は様子を見ています。


2,ご案内のように展示会は2本、かなりヘビーなのが続きました。皆さんのご協力もあって、自分にしては良い成績だったのですが、非常に疲れて、鬱気味です。
いつもながら、店頭に出すと、自信がないために自意識過剰になっていることもあって、自分の作品が他の陶芸家に比べて、くそ真面目というか、屈折していると言いますか、思い詰めてると言いますか、偏屈と言といいますか、非常に会場映えするとはとても言い難い作品で、食器でこんな事していいのかよという内容に見えて自分でもゲンナリする。
しかし、まあ、いろいろ反省すすべき点は勿論あるでしょうし、自分が考えているほど変でもないのかもしれませんが、やはり、みんなが好きなようなのは、上手で素直な陶芸家が山ほどいて安価でやっているので、無理してやっても多分損するだけだろうとは思っています。
少ないけれど、やっぱり確実にいる自分と合う感性の方とより多く出会うことを目指して、今のやり口(あまり他にやる人がいない)をガンガン続けた方が多分マシでしょう。
やり直しも多いし、時間は膨大にかかって大変ですが、作者が面白く仕事してないと、お客さんに結構ばれちゃうものです。
しかし、使い勝手は考えた方がよいです。

3,原発については、詳しくはないですが、いろいろ人並みに考えます。
私も原発は無くなっては欲しいです。
しかし、もう少し、マスコミは設計者側の言い分も批判的な文脈でなくニュートラルに紹介しても良いかなと思ったりします。
その方が、実のある議論になるのではないだろうか。
実は、以前、原子炉設計のOBという人に彫刻を教えていたことがあります。
ものすごく変な人でしたがどういう訳か馬があって(いろいろな美術教室を遍歴していましたが、彼のお土産風に土俗的な作風を嫌がらなかった講師は私だけだったらしい)仲良しでした。
あるとき、チェルノブイリから数年だったのですが、「この頃は、安全、安全で面白い仕事が少なくなってしまった」とこぼしていました。今思えば大顰蹙ですが、その時は、「技術者ならそう思うんだろうな」とそれほど違和感はありませんでした。
そのころ、原発に対して自分がどういう意見だったか忘れてしまいましたが、多分一応反対ではあったとは思います。
そんなこんなで、もしご存命だったら、ゆっくり酒を飲みながらでも、ちょっと見解を聞いてみたい気がします。
が、どうやら、近所にはもう住んでいないようです。

4,震災については、自分も一つとチャリティー展示会に参加していますが、今のところさっぱり。
皆さんよろしくおねがいします。
22日2時から展示会会場で田中酒造で家内と蓮沼万里さんが二人でミニコンサートをやります。入場無料。>>>>>
それと別に一つだけ、陶器市の仲間のいる浪江に少し寄付しました。

5、仕事は青磁の大作を作っています。本当は今頃開催中の予定の笠間での個展が震災のあおりで11月に流れました。
それで、秋に個展が2本になりました。

DSC_0750_20110513092758.jpg
成形を終えた小壺四点。これが、釉薬を書けて還元焼成すると青くなります。楢灰とワラ灰と長石の釉です。
粘土を轆轤に掛けて生乾きの状態で、模様を彫り込んだりするので、倒れると壊れます。
背の高いのは余震で倒れそうなので結構気を遣います。

6,睡眠時無呼吸症候群は、簡易検査というのを受けてみたのですが、一晩に80回も一〇秒以上息が止まるらしい(しかも、最長は140秒も止まっている!)ですが、血中酸素は安定しており、精密検査は必要ないと言うことで、無罪放免になりました。そんなに息止まっても人間大丈夫だとは驚いたものです。


(すんません、2の部分、5月23日に加筆いたしました。太字部分。内容はほとんど同じですが、どうも自意識過剰を自覚していない感じが嫌だったもので。。)





テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Tag:つれづれに  Trackback:1 comment:18 

業務連絡です。

ミッケンどのご連絡ください。先日はありがとう。

Tag:つれづれに  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる