「人知れずがんばる作家たち」

7~8年前に自分の敬愛する作家たちを集めて作った
「人知れずがんばる作家たち」
の写真が、アップルさんのご都合により一部写真が見られなくなっていたのですが、新しくIwebで作り直しました。

とともに、明日また、取手市内の高校で「百万回生きたねこ」を蓮沼万理さん家内と3人というか、以前私が作った木彫大作「まき子ちゃんの像」(まき子ちゃんの曲も万里さんが作曲してくれました)もステージにあげて公演をするのですが、今日は我が家で練習があってとても仕事をする気になれないので、合間にホームも引っ越してしまいました。やってみたら案外すぐにできてしまいました。
それにしても、本番前日の気分、嫌ですね~

新しいアドレスはこちら>>>>>http://www.ginyou.net/mumei/home.html

ブックマークとリンクの更新よろしくお願いします。
多少写真を加えたページもありますが、略歴等文章は5年前と同じですので、もし、訂正ご希望の方はご遠慮なくご連絡ください。


ところで、このサイト「人知れずがんばる作家たち」の一番上にのせた向山武志さんが個展中です。


ガレリア・グラフィカ(中央区銀座6-13-4、銀座S2ビル1階、03-5550-1335)は12月6日から12月11日まで1階「ビズ(biz)」

会場のガレリア・グラフィカのhpはこちら

また、
スガノサカエさんも展覧会中です
「スガノサカエの図画展」
2010年11月20日(土)~2011年1月10日(月・祝)
開館時間:9時~17時(最終入館は16時30分まで)
毎週月曜日および12月28日(火)~1月1日(土)は休館、1月3日(月)は臨時開館
会場:十和田市現代美術館 企画展示室・十和田市中心商店街
観覧料:一般300円(常設展示は別途)/20名以上の団体200円 *高校生以下は無料

詳しくはこちら
エヘヘ、先見の明でしょ。


丸山敏郎先生も大規模な個展間近です。

「丸山敏郎全作品展「70歳の夢」

12月17日(金)~19日(日)午前10時~午後6時

柏アミュゼ (柏そごうから徒歩5分)

写真・油絵・陶芸など
丸山先生のhpはこちら

東葛出身の方は是非!

全然関係ないのですが、昨日小学校でマラソン大会があって、PTA役員は、黄緑のはっぴを着て警備および誘導にいきました。
わが子二人は、それぞれ高学年女子、低学年女子の部で銅メダル。
一学年10数名しかいませんが。。
DSC_0734.jpg
DSC_0735.jpg
もう数年で解体の運命にあるきれいな平屋鉄筋の校舎は昭和37年に建ち、やはり建築家(まだ判明していないんですが、かなり著名な人らしい)が設計とのこと。
広い校庭にほんの一握りの全校生徒。
スポンサーサイト
テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:美術・彫刻・絵画  Trackback:0 comment:10 

濱田雅三さんの遺作展

去年59歳の若さで突然亡くなった濱田雅三さんの遺作展に行ってきた。
取手在住で取手美術作家展という地元作家のグループ展でご一緒し、一時期はかなり親しくしていただいた。
未亡人は声楽家であり、家内も共演させて頂いている。
濱田さんの画業を代表するジャンルである近年のモザイクは何度も拝見したが、今回は初めて、お若い頃のフレスコ画をまとめて拝見してなかなか感じるものがあった。

一見、我々世代の美大生の油彩でよく見た感じなのだが、今回見て、なんだか、自分の美大生時代がまざまざとよみがえってくるような感じがして、ちょっとグッと来るものがあった。
自分が住んでいた多摩地区にたくさんあった、夕方になるとコウモリが群舞する木造やモルタルのアパートの壁の古ぼけた感じや古い家の臭いが。。。
うー、なんなんだ、この気持ちは!
このさし迫り方はよく知っている!
若くして亡くなったよく知っている方の遺作という思いが切なくさせている面もあるだろうが、わたし的には、オールオーバーな抽象表現主義的な構図ではない、どこか顔や生き物を思わせる数点は、傑作と思った。
この手の絵にありがちな濁った暗さとはギリギリのところで一線を画す、ある種のさわやかさ抜けの良さみたいな感じは、フレスコ画の古雅な肌触りと色使いに負うところもあるとは思うが、それと不可分なのだが、やはり、その油絵よりややこしい作業の中で掴まれたのであろう形の作り方がやはり生きていて魅力的だからだと思うのだ。

壁画の魅力に捉えられた男
濱田雅三展
2010年12月4日(土)~18日(土)
日・水・祝 休廊

ギャラリー「華」にて

併設の日本家屋にも展示
11:30am-6:30pm 最終日~17:00 
tel fax 03-3442-4584
106-0047 東京都港区南麻布5-1-5
日比谷線銀座方面からは後方に乗車
広尾駅 3番出口を出て西外苑通りを右へ 西麻布方面 徒歩5分
信号二つ目緑地に大きな木が目印
会場のギャラリー華のHPはこちら



以下作品です。
濱田雅三さんの略歴は下の方にございます。

DSC_0756.jpg
分かる!


スキャン
DSC_0751.jpg
素晴らしい。
140cm×203cm


DSC_0754.jpg

DSC_0758.jpg


DSC_0757.jpg


濱田雅三
1950年 茨城県取手市生まれ
1976年 東京芸大美術学部油画科卒業(大橋賞受賞)
1976年 東京芸大大学院修了
1978~81年 東京芸大壁画研究室助手
1985年 造形壁画21設立
2009年 女子美短期大学 モザイク集中講義講師 死去 享年59歳

主な展覧会
1977年 個展(みやま画廊)
1977~1980 㐂展(望月画廊、椿近代画廊)
1985年 個展(ギャラリーK) セントラル85(セントラル美術館)
1987年 セントラル87(セントラル美術館)
1994年 国際モザイク展(鎌倉芸術館)
1996年 国際モザイク展(エジプト)
1997年 モザイク会議第一回モザイク展(東京芸術劇場展示ギャラリー)
1998年 国際モザイク展(イタリア・ラベンナ) 岡山野外展
1999年 モザイク展(三鷹市市民ギャラリー)
2003年 フレスコ作家展(鈴木画廊)
2006年 くとうてん(みゆき画廊)
我孫子国際野外美術展
2007年~取手美術作家展(取手アートギャラリーきらり)
2008年 国民文化祭茨城(東京芸大取手校展示館)

主な壁画
・浅草公会堂(モザイク画寄贈) ・目黒美術館 ・横須賀市立図書館 ・鳥屋中学校ロビー ・雫石公民館ロビー ・板橋区立スポーツセンター ・茨城県立竜ヶ崎一高 白幡会館(大理石モザイク寄贈) ・長後高校体育館 ・代々木野外音楽堂 ・中野島老人ホームホール ・調布福祉センター ・富士重工研修センター ・私立つきみ野中学校 ・ふるさとフラワーパーク ・東陽町中央コミュニティーセンター ・新上武大橋 ・取手市西谷津斎場 ・大宮中学校 ・府中第四小学校 ・新座福祉の里 ・みどり養護学校 ・県立小川高校 ・港南日野施設 ・杉戸福祉施設外壁 ・取手市永山公民館(2007年) ・吹上駅広場(2009年)

略歴は、展覧会カタログを抜粋転載させて頂きました。
テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:展覧会・展示会情報  Trackback:0 comment:7 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる