スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

東郷和彦著「歴史と外交 靖国・アジア・東京裁判」

「歴史と外交 靖国・アジア・東京裁判」東郷和彦著(2008年12月発行) >>
と言うのを読んだ。
東郷さんは北方領土の専門家で「対ロシア政策をめぐる混乱の責任」(まえがきより)により失脚した元外交官であり最近は密約問題についてのニュース番組に出演しているのを見た。
鈴木宗男議員と近い関係であったようだ。>ウィキ

が、この本は主にアジアと日本の関係についての諸問題を扱っている。
不慣れな分野の複雑な内容を短くまとめる自信は全くないのであるが、敢えて書くと、靖国神社、慰安婦問題、朝鮮半島と台湾への植民地支配のこと、広島長崎原爆投下、東京裁判などについて、一方的に日本の過去を否定的にとらえることなく、相手国の状態、国際情勢などをしっかりと現実的に見つつも、プライドと思いやりを持って言うべき事はねばり強く発言していこうと言うような意見だったと思う。
それが、国際社会で国を維持していくのに必須であるところの日本という国に対する尊敬を獲る道だと。
考え方の基本は至極まっとうなものなのだろうと思ったが、朝鮮半島での日本の振る舞いを「やり過ぎ」と程度を表す語句で評したり、憲法を改正する事への当然のような肯定など、1959年生まれ、朝日新聞を取る家で成長、結局ノンポリだったとは思うが割合左翼的な雰囲気なかで若い時代を送った自分とすると、ちょっと呑み込みづらいところもいくつかあった。
正直、理屈ではなくて反射的に不安になってしまうのである。。


しかしながらこの本は、確信を持って氏の意見を書いていると言うより、外務省退官後、世界各地の大学で教鞭を執る中での見聞、自分の発言に対するアメリカ人、韓国人、中国人などの思わぬリアクションの描写、それによって動揺したりいろいろ考える著者の姿が主でそれが面白いのである。
折しも、政府要人の不用意な言動に端を発して日本の歴史認識が諸外国の批判にさらされていた時期でのことが多い。

そしてなにより、この本は、著者の一族である東郷家の歴史が、日本近代史をめぐる話題の合間のほんの少しの記述でくっきりと読者の心にくっきりと浮かび上がるのが魅力だと思った。
東郷家は実は鹿児島県日置郡東市来町美山の薩摩焼の窯元で、豊臣秀吉の朝鮮出兵の折拉致された朝鮮人陶工の末裔で明治維新まで朴姓だったらしい。
明治維新の時に東郷姓となった。(ネットでの情報によれば陶工たちの住む笛代川地区は幕末まで朝鮮語を話していたという。>ウィキ
その話の直後に出てくる、伊藤博文を暗殺した韓国人安重根へのある種のシンパシーは複雑に捩れた影を持つように見えて実に味わい深く感動的である。
東郷和彦の祖父、茂徳は東京に出て外交官となるが、開戦時、終戦時に外相であり、東京裁判でA級戦犯となり獄死した。父文彦も駐米大使となる有能な外交官であった。
そして最終章にて、東京裁判時に祖父茂徳の弁護をつとめたアメリカ人弁護士ベン、ブルース、ブレークニー氏の茂徳が有罪ならば広島の原爆投下も殺人罪となる可能性にまで言及する本気の弁護とその後も続いたブレークニー家との親交の思い出でが出てくる。
幼い日の和彦が戦後まもなくのもののない時代に、ブレークニー家に行って食するチョコレートサンデーの懐かしく美しい思い出は、その話を織り込んだスピーチをした東京裁判についてのセミナー(2007,サンタバーバラ)の場面と共に語られ、この本での東郷家の歴史は結ばれるのである。

さて、この本は小説ばかり乱読してほとんど政治に関する本を読んでこなかった自分にも分かりやすく、また優れた小説と同じような面白さを感じさせてくれたのだが、ひとつ強く感じたのが、その面白さとなぜか同居する文章のドッシリしない敢えて言うとペカペカ安普請の軽い感じだった。センテンス一つ一つが、国の運命を左右する立場にいた人のイメージからすると意外なほど軽い手触りなのである。
全体とすれば、決して軽薄な内容を書いているわけではなく、いくつかの場面では感動的でさえあるのにである。

格式張らずにカジュアルに書こうとはしているだろうし、性格的にややおっちょこちょいで軽いのかなとも思わせるところもあるにはあると思ったのだが、要するに、文章に少しも粘りつくような官能的な感じがないせいだと思う。
東郷氏のように,決して偏執的にならないあくまで現実的な目配りに富んだ明晰で行動的な頭脳から出た文章というのは案外こういうものなのかもしれないと思った。
(唐突で、あんまりよく分からない例えだが、小生はカラヤン初期50年代の録音を思い出した。>音源
あるいは、職業柄、言葉の持つ言霊的なモヤモヤとしたものを意識的に排除するような言葉遣いになってくるということもあるのだろうか。
しかし、同じく宗男議員にからんで外務省を辞めた佐藤優の「国家の罠」というのも面白く読んだが、こっちは文章に強い推進力と匂うような色彩感、ずっしりとした充実感があった。。。。、


ものつくりの端くれとして、国民として、この本を読んで、その文章のあり方にも非常に興味深いものを感じたわけである。
自分にしては珍しく2回も続けて読んでしまった。。。






(6/3アップ、6/4加筆)
スポンサーサイト
テーマ : 読書メモ
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:読書(文学)  Trackback:0 comment:6 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。