スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

最近買っものと軽く近況報告(マムシ)

今年に入って買った道具です。
同業者、しかも磁器を扱っている人でないと面白くないかもしれないが、なんとか面白くしようと書いてみるので、お付き合いを。。。

まず、染め付けにつかう面相筆をあれこれ10本近く10000円ほど買った。
IMG_3894.jpg

いろいろ試してたどり着いたのが、上野の日本画材料老舗喜屋の「毛書」という丈の長い穂の白タヌキ面相。白いタヌキでなくクビのところの白い毛だそうで、弾力があるとのこと。
千数百円だから、面相とすると最高級の値段であるが、これは製品の出来上がり、能率に関係するし、呉須の性質について考え詰める契機になるので、無駄な出費では無いと思いたい。


まず、毛がイタチより太いためだと有る関西の筆やさんに電話で教わったのだが、絵の具がすっと下りる。
水分を瞬時に吸う焼き物の素焼き素地では、水分がある程度ジャンジャン下りてこない細い毛の筆だとと筆先が乾いて線がかけなくなる。
それで、沢山絵の具を含ませると今度はボタッとイキナリおりて、そこだけ極端に濃く発色してしまう。
特に、コバルト以外の不純物(陶石、鉄、マンガンなど)が多く含まれている唐ゴスと呼ばれる昔風の呉須がやっかいである。

また、どういう訳か、太さに対して丈が短いズングリした穂の面相筆は、先を尖らして細い線を描いていると、調子よく絵の具が下りても、ドンドン色が薄くなるのであるが、この細身の面相筆はかなり後まで濃さが持続して実によい。



次ぎに業務用掃除機
IMG_3891.jpgwidth="338" height="450" />

小生の制作上の悪癖に「修正」と言うのがある。
植物の定番的なカップ・ソーサーや湯呑みなどは、さすがにほとんど修正しないでおえるが、怪奇だったり、大作だったりとどちらかと言うより売ることより自分のために制作するようなものは、とにかく、描いているんだか消してるんだかよく分からないくらい延々修正を繰り返さないと、何か納得できる作品にならないのである。
これは、19の時美大に入り本気で彫刻にとり組み始めたときから一貫して変わらない。
染め付けでは、多分こんな事をやる人はほとんどいないと思うのだが、表面を彫刻刀で削ったり、布や紙、ウール状のヤスリなどを濡らさないでこすったりするのだが、超微細に擂った呉須と素焼きのホコリが凄い。

すぐに目詰まりしないよう少し高価な厚いフィルターのゴミパック(東芝純正)を買って家庭用掃除機で吸いながらやるのだが、掃除機を叩くと排気口からホコリの煙が出るのだから、多分非常に細かいホコリは素通りである。
そこで微粉塵用の集塵機を物色していたのだが、高くて躊躇していたのだが、春になって花粉が出てくると、折しも盛んにやっていた修正のホコリとの相乗効果で非常に花粉症が重くなったので思い切って買った。約10万。

アスベスト除去に使えるもので、1ミクロン以上は全て取り、フィルターの目詰まりを空気を逆流させてとる機構を持っている。目詰まりするとカナカナという和えかな音か出て、逆噴射を要求される。
排気はほんとに良い匂いと言うぐらいの爽やかな風が出てくる。
目詰まりを防ぐためだろう、フィルターが巨大でゴミタンクを占拠しており、見かけよりかなり少ししかゴミを貯められないのが欠点と言えば欠点だが、蔵王産業の絶対にフィルターの目詰まりはさせないゾという設計者の情熱みたいなものに感心しててこれにしてしまった。

自分は小学校の成績表の「整理整頓」という項でよくabcのcをとっていたもので相当仕事場が汚れていても平気だし、磁器と言うことで、かなりきれいにしなくてはいけないときもあるにはあるが、防塵マスクをして掃き掃除と拭き掃除をこまめにやればいいことだ。
それに、もう少し安くあがるマキタ製(粉塵用は工具連結用で、ホースを太いのに換えないと掃除機には使えないようだが)でもスイデン製(手動でフィルターのつまりを落とす)の選択もあったのだから、これは多分に贅沢で道具道楽だ。
でも、買って何だか非常に嬉しかった。
なかなか、かっこいいでしょう!?

次ぎにダイヤモンドのヤスリ。
IMG_3889.jpg

磁器の土をロクロで引き上げたあと、生乾き~完全乾燥後、逆さにしてロクロに据えて高台を削り出すのだがその時の道具をカンナという。IMG_3825.jpg
が、これが恐ろしく硬いタンガロイ硬という超硬合金の刃であり、それを研ぐために買ったヤスリがこれ、xebec(ジーベック)・ダイヤ400番である。
ダイヤモンド粒を焼き込んだアルミナである。本来はどうも工業用の金型などのし上げに使うらしい。
万力に刃物を固定して水研ぎする。
厚さ1ミリ幅4ミリ長さ10センチで約4000円。
一年は研がずに切れる超硬カンナの新品が千数百円だから3本買えるのだが、研げないのがどうにも悔しくて、かなり迷ったがつい買ってしまった。
これは無駄な気もするが、微妙に刃先の形を変えたいときにも役立つし、いろいろ失敗して仕事に対する理解が深まるので、不可欠とは言えないが、役立つ出費であったと思う。
包丁の研ぎなどにも役立つだろう。
耐久性も相当ありそうである。

最初、刃物にはちょっと覚えのある自分であるから、電気鉋の刃(ハイス)と同じようなものだろうと甘く見てGCのグラインダーでガーッと削ったものの、セラミックの中砥石では2時間もこすってもダメなときは全く刃が付かない。電着のダイヤヤスリは落ちるのであるが、すぐにダイヤが無くなって切れなくなってしまう。
しかしこのジーベックは、400番とは言え感覚的にはちょうどセラミックの仕上げ砥に鉄の刃物を当てたときのぐらいの感じでしか研削できない感じだが、真っ黒なとぎ汁が出て、GCのキズぐらいは10分もこすれば落ちて良い刃が付く。
セラミックの角砥石では、ツルツル滑る感じだったのだが、これでは鉄を砥石でこするような良い感覚でタンガロイ刃に当たる。

いつもにもまして、長々と書いてしまった。
本当は、筆を買うときに、有る製造元に電話したのだが、「黒タヌキは白タヌキに較べて硬くて毛が折れやすいと聞いたんですけれど大丈夫ですか」と聞いたら、とたんに機嫌が物凄く悪くなったこと、タンガロイの刃物を研いでくれるところがないか、いろいろの中小企業に問い合わせてみたのだが、何処もやはり機械にはかからないので×という答えであったが、例外なく職人さんが丁寧に知っていることを教えてくれた事なども書きたかったのだがあまりに長くなるのでやめておいた。

話はそれますが、週一日ほどの副職(教職や会社)はとうにクビになって、地元の美術家組合もやめたし、ここのところは店頭にたつこともない。
ジャンジャン売れれば別ですが、籠もって仕事ばかりしていると仕事がさぞはかどるかと思いきや、どうも鬱気味になってかえって能率が落ちるンですね。そうなると余計な買い物もしてしまう。
先日、短大時代の教え子のお姉さん二人(保育士)と、高校の同級生3人が陶芸を習いに来たのですが、直後は非常に疲れたものの、疲れが引くといつもより元気な自分にびっくり。
その後、破産した鬱気味の同級生と二人で呑んでも、元気になってビックリ。
やはりゲージツカといえど、あまり人に会わないと参ってくるということを今更ながらに発見した。
特に、陶芸の時に高校同級生の女子(やはりおばさんの歳です)と初対面の娘盛りの教え子が24年の年の差を超えて仲良く話しているのはなかなかほのぼの嬉しいものがあった。
そんなこともあって、先日、娘の小学校のPTAの郊外部長というのについなってしまいまして、本日は「マムシに注意の」子供向け看板を作っています。
スポンサーサイト
テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  Trackback:0 comment:12 

マムシ注意

先の記事の最後に、人恋しくなってPTAの校外指導部長になって「マムシ注意」の看板を作成中のことを書いた。

これがそれ。
一応専門家であるから考えすぎて、部員のかわゆいママ達に受けようと思って妙なところに力が入ってか、せこくまとまってしまって非常に悔しいが、既に4日にわたって計半日ぐらいはかかっているのでもう諦めた。
壊れたときに再生産しやすいようにシンプルかつインパクトとユーモアのあるものを狙ったのだが。。。。
下の子が「子供は笑うと思うよ!」と慰めてくれた。

マムシ看板


マムシの目撃情報があり、学区に計12本の立て札が立てられているが、一本欠損がありそれを小生が作ったわけである。

しかし、この看板がマムシのでそうなところであるから、夏はかなり湿気もあって草が茂るから見えなくなる。
ところがどういう訳か校外指導部の点検(担当の看板を振り分けて、部員各自が行う)は例年冬らしい。

それで、6月にでもやろうと言う意見があり、部長以上の集まる幹事会で軽く提案したところ「その頃は、マムシが雨で出やすいから、危険だから止めた方が良い、だから冬に定着した、やるなら自己責任で」ということ。、
マムシが危ないから、看板を作ったのに、マムシが危ないから見えなくてもやむを得ないというなんだか落語のネタみたいなはなしだ。

部員の中にはやっぱり、親の危険を案ずるより子供のためにちゃんと草刈りした方が良いというまっとうな意見もあるから、ここは男アツシ部長、
「よーし、オレが責任持つから、草刈りだ!マムシはそんなにこわくない!
自分が子供のころは、平気で田んぼの近くの林ややぶのなかで転げ回って一日中あそんでいたが誰も咬まれなかった。
それに、行っていた美大・下宿は通称マムシ谷と言うぐらいマムシの多いところで、入学時のガイダンスでマムシのホルマリン漬けを見せて注意を促すと謂うぐらいの所であったが、建学14年で誰も咬まれておらず、付近の住民も私の知っている範囲では咬まれたという話は聞かなかったぞ。」
と行こうかとも思ったのだが、考えているうちにもし部員が咬まれたらどうしようと言う気持がもたげてきて、やっぱり、6月の草刈り等は慎重に、無理はしないようにと言う、煮え切らない判断にしておいた。

ためしに、、市役所に電話したところ、環境対策課では特に情報を持っていないと言うことで被害の報告もなく市役所のHPでもスズメバチについての記事はあるが、マムシについてはない。
保健所では一応、ネットで調べたと断ってマムシへの対応マニュアルを口頭で教えてくれたが、これまたノンビリしたもので「蜂に刺されたと同じくらいと考えてください」とまで言っていた。

もしかすると、わが学区は目撃情報に加えて看板があることで恐怖が増幅してしまっている気がする。


まむし

これは数年前の役員が作った看板。。子供を威嚇しない心遣いをしたのだろう良い看板だ。
いわば、地域のささやかでほのぼのした文化財だ。
だからあって良いと思う。

しかし、親があまりに神経質になって、子供が野山で全く遊べなくなるのは問題(今日の新聞に外で友達と遊んだ子供ほど高学歴、高収入になると言う記事があったがそれは、人一倍外で遊んだ自分に照らし合わせると?であるが)と思う。
過剰に恐怖にとらわれないよう、かつ部員が危険にならないように、正しい知識普及のために保健所の話を中心にネットで拾った知識を加味したマムシ対応マニュアルを制作してみた。
それとマムシの写真。

マムシについて

全国で年間3000人ほどかまれ、死亡は5~10人前後(~0.33%)
・ちなみにスズメバチは30人くらい死亡のようだ。

予防

・厚手の靴・服、手袋などを装着。

・足下1メートル以内を視野を確保する。(飛びかかる距離は30cm程度)

処置

・かまれた箇所より数センチ上を血流を留めない程度に縛る(作業時にヒモを用意しておく)
* 口で吸い出すのは×(口にキズがあるとかまれたと一緒になる)

・安静にする(毒の回りを防ぐため)
・救急車を呼ぶ(後に重症化する場合があるので医師の判断は必須)
・以前マムシにかまれたことがあれば医師に必ず伝える

特徴

・ 大きくても60cmほど
・ 太い
・ 目の後に黒い太い線
・ 丸い大きな斑点左右に一列ずつ


まむし


やっぱり恐いか



テーマ : PTA
ジャンル : 学校・教育

Tag:つれづれに  Trackback:0 comment:8 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。